創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日は感情にまかせ記事を書いてしまい申し訳有りませんでした・・・
消してしまおうかな・・・と思ったのですがこの気持ちを忘れないよう残しておきたいと思います。

タイトルにもある通り、今回は今後のコメント管理についてお話ししたいと思います。

私が毎日ブログをチェックできなく、下劣なサイト広告などで溢れかえっている時も多々有り、
皆様へは『このサイト全然管理できてないじゃん!?』と思わせてしまうこともあったかと思います。
幾人かのご親切な方に、コメント承認制にした方がよいとアドバイスをもらいました。
コメントしてくださった方々、どうもありがとうございます。

しかし、承認制いしたくない!という、このブログを作った時からの強い思いが私にはあります。

私が創価学会問題で悩んでいたころ・・・
このブログのような、自分は創価学会。相手は無宗教、という
ブログをを見つける事が私にはできませんでした。
創価学会というしがらみに解き放された今、当時の心境を振り返ると、

自分の意見を周りに知ってもらいたい
そして同じ境遇の人と情報交換したい

ということでした。
私がここをオープンにしている理由は、
様々な意見を見てもらい、様々な人が世の中には存在することを知ってもらいたいのです。
決して一方通行の考え方のみではなく、柔軟に意見を取り入れてもらいたい。

なので、現段階ではコメント承認制はとりません。

真剣に学会で悩み、ここで打ち明けてくれる方々。
そのような方達に、バリ学会員さんがガーっと反論する、
そして口論が始まってしまうこともありましたよね。
あまりにも酷い内容(誹謗中傷など)は削除・コメント禁止にしましたが、
『バリ活さんの言っている事は悩んでいる人に悪影響を与える』と
皆さんに切り捨ててほしくないのです。
だって、私達は創価学会の問題を真剣に話し合って、こんなにも前に進もうとしている。
大切な人が学会員で悩んでいる、どうしたらいいのか、苦しんでいる人に
真剣にアドバイスして下さる方がこのブログにはたくさんいるではないですか。
自分の時間を割いて、たくさんコメントしてくれた方がいっぱいいます。
なんだか、とても感動します。

だから、何でもコメントしてほしいいんです。
でもちゃんとマナーは守ってね!←ここ超大切


これからも、このブログ共々よろしくお願いします。

久しぶりに、泣きました。

声を出して、泣きました。

宗教というものが、人をこんなにも苦しめるものなんて、私は痛い程わかっていたはずなのに。

なんで悲しくなるのでしょうか、

こんなにも悲しくて、キーボードを打つ手が震えてます。

私だけじゃない、相手だって同じくらい苦しいはず。

お互いを大切な存在だと生まれた時から知っているのに、

なぜこんなに悲しくなるのでしょうか。

私を思って言ってくれているのは、痛い程わかる。

わかるから、あなたが電話越しに私に必死に話している姿が、

私の心には深く突き刺さる。

認め合えばそれでいいと思う、理解し合わなくたって、

相手を思いやって生きていければ、私はそれで幸せだと思う。

家族なんだから、幸せになってほしいなんて思うのは当たり前で、

そんなこと、私もわかってるよ。

あなたが私を愛してくれているのは、私は知っているから・・・

でも、あなたの一言一言が、私を悲しくさせ、

私自身も同様、きっとあなたを悲しませている。

なぜか、なぜか、なぜか、

私はだんだんとあなたを理解できなくなってきている・・・

そんなこといやなのに、あなたが好きなのに、あなたに幸せになってほしいのに、

私はそれだけを願っているのに、

あなたはこれ以上なにを望むの・・・?

そんな言葉聞きたいんじゃない、元気でやってる?って、

明るい声で話したいだけなのに、それももうできないのかな?

これが、運命ってやつなのかな。

創価学会の母じゃなく、私だけのお母さんになってよ。
皆さんこんにちは!
なんだか天気が悪くて、涼しいのはいいのですが外に出れなくて
家でぼーっとしている次第です。
二ヶ月ぶりの更新ですね、皆さんお元気ですか?

彼も今日は仕事でいないので、家で一人・・・なんだか久しぶりの一人です。

さて先日、原丈人という人物がテレビで特集されていたのですが、
皆さんはご存知でしょうか?私は初めて知りました。
知らない方はこちらを読んでみて下さい。(糸井重里との対談です)

原丈人さん・・・カッコイイんですよ。
(顔もカッコイイのですが・・・ゴニョゴニョ)
なんていうか、姿勢がとっても。

「日本なしでは、地球は困ると世界各国から思われなければならない。」

こんなこと、普通本気で思わないじゃないですか。
話している姿も、希望に満ちあふれていて・・・
こんな人が日本にいるんだと思ったら、自分が日本人で良かったと私は思いました・・・

この対談の中で、原さんが言っていた事。

**************************

まだ目に見えない大きな目標と、
いまの自分ができることとのあいだに、階段を‥‥。
目に見えない階段を、つくってきたんですよ。
だれにだって、1歩めなら、かならず登れる。
で、1歩めを登れたら、
きっと2歩めを踏み出せるでしょう。
だから、やろうと決断したら、
途中でやめたことは、いちどもないんです。
ぜんぶやるんです、かならず。

**************************

創価学会の恋人がいて悩んでいる方々、
最初は本当に小さな目標でいいと思います。
宗教という大きな壁を破ろうとしている今、
全てが未知の世界で相手の世界がまるでわからない・・・
全てのことが大きなの目標なのかもしれない、
でも、それでも乗り越えたいと思う強い想いがあるのならば、
相手の心を動かせないことはないと思います。

何をやっても上手くいかない、わかってくれない、わからない、
そんな風に悩んでいたとしたら、足下の小さな階段を見失っているのかもしれません。
本当に低い階段でも、上へと繋がっている階段。
もしそれを見つけ登る事が出来たら、あなたは決してゼロではなく、プラスになっているのです。

具体的な小さな階段は、人それぞれによって違ってくると思いますが、
彼と私が一歩一歩登ってきた階段は、やはり創価学会の体勢、
政治への貫入、激しい勧誘活動の意味を細かく話し合ってきたことにあったと思います。

創価学会の根底にあるものも、対話の大切さでしたよね。
私達は話し合うという最大にして、最高の武器を持っています。
これさえあれば怖いものなし、という武器です。

ガンジーだったと思いますが、こんな事を言っていました。
「目には目を、では世界は盲目になってしまう」と。

相手を罵倒し、非難し、侮辱するだけでは、
自分の想いなんて何も伝わりません。
汚い言葉を使えば、それだけ自分が汚くなっていきます。

創価学会で悩んでいる方、まず何をしたらいいのかわからない方も多いと思いますが、
まずは創価学会とは何か?を知っていく事が大切だと思います。
学会員さんも、自分の組織は自分が一番知っていると思い込まず、
もっと客観的に創価学会を見てみるのも大切だと思います。
知るということは、自分を成長させる、唯一の方法なのですから・・・

雨が強くなってきましたね。
なんだか色々と考える一日になりそです。


皆さんこんにちは!お元気でしょうか?
私は相変わらず仕事中心の生活を送っております。
仕事では2ヶ月ほど前に大きなアクシデントがあり、かなりドタバタしていましたが、
そのお陰(?)もありやっと基礎的なことができるようになりました。
まだまだ勉強中の身ですが、好きな仕事をすることができてとても幸せです。
(でもストレスが結構溜まってきているので気をつけたいと思います)

最近は私の周りで創価学会の話題がでることはありません。
たまに母親と話すぐらいで、自分の中では過去の話になっています。
創価学会のことをこのブログに書き始めてまだ一年も経っていないのに、
人間の心の変化というものは本当にわからないものです。

彼とは相変わらず一緒に暮らしていて、楽しい毎日を送っております。
最近はちょっと映画にハマっていて、ゴットファーザーを初めて観たのですがいやに長い・・・ 
2が面白いと聞いたはいものの、いきなり2から観ることもなんだと思い1から観る事に。
でも、頭の悪い私は、登場人物が多すぎて1回では完璧に理解しきれませんでした・・・
皆さん映画では何が好きですか?
私はライフ・イズ・ビューティフルとかショーシャンクの空にとか大好きです。

なんだか他愛も無い、面白くない日記みたいな記事になっていますが、
こんな記事をこのブログに書ける日がくるとは思っていませんでした。

のほほんと毎日を過ごしています。

皆さんは、のほほんと生きていますか?



チベット問題について、私が調べた範囲でですが質問形式でまとめて見たいと思います。

Q. 誰が誰に対してデモを起こしているの?
チベット人が中国政府に対してデモをしています。

Q. なんでチベット人がデモを起こしているの?
1950年に、中国政府はチベットに対して『中国人民解放軍』を送り込みました。
そしてチベット全土を武力によって侵略し、これまで120万人以上のチベット人が
厳しい拷問や戦闘にて死亡したと言われています。
翌年には『十七か条の協定』が中国とチベットで結ばれました。
これは、中国政府が、元々チベットは自国を中国の一部としてではなく、
一国家としての国際的地位の確立を主張していたチベットを真っ向から否定し、
「チベットは中国の一部である」という位置づけにしてしまったものです。
(協定の全文はこちら
それに怒ったチベット人は、毎年3月10日に何らかの抗議運動を起こしています。

Q. なぜ3月10日?
1959年3月10日に、チベット人が中国政府に対してラサという最も政治的、文化的中枢都市
で大規模な抗議運動を起こした記念日だからです。

Q. 今回の騒動も3月10日に起こったの?
その通りです。今回の騒動のきっかけは、
僧侶や尼僧を含む10人あまりのチベット族がチベットの旗をふり、
ビラを配りながら抗議活動を行ったところ、武装警察が殴るなど暴力で抗議活動を鎮圧。
聖職者への突然の暴力に、パニック状態になりバルコは一時封鎖された。
またこの日、300人の僧侶が参加してデプン寺からジョカン寺までデモ行進する計画があったが、
市中心10キロの地点で武装警察に鎮圧され50人以上が連行されたと報道されています。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所より転記)

Q. でも今まで毎年デモが起きているなんて知らなかったよ?
チベットの情報は必ず中国を通して報道されますので、
詳しい情報が日本がに伝わらないのは当然かもしれません。
他国の報道機関がチベットに入る事についてもとても規制が強いので、
今までチベット問題を知らなくても不思議ではありません。

Q. なぜ今になってチベット問題は注目を浴びているの?
恐らく、今年開催される北京オリンピックが大きな要因となっていると思います。
全世界が注目するオリンピック、中国が世界に対してオリンピック国にふさわしい
国であるかをアピールできるかどうか。
例えば、現在の中国での環境問題や人権問題において、中国は一大国として胸を張って
世界に主張できるのだろうか、何か問題は無いのだろうか、ということだと思います。
チベット人にとっても、今世界が中国に注目しているとても良い機会ということになります。

Q. ダライ・ラマ14世ってどんな人?
そもそもチベット仏教では、輪廻転生制度があります。
これは、肉体は滅びても魂は不滅で、永遠に継続するという思想です。
ダライ・ラマはチベットの人々を救済する菩薩行を実現する為に、
繰り返し転生していると考えられています。今のダライ・ラマは14代目になります。
そして彼のチベット自由化のための非暴力思想や世界規模の環境問題への取り組みにより、
1989年にノーベル平和賞を受賞しています。
現在も徹底した非暴力を掲げ、チベットの仏教文化、チベット語、
チベット独自のアイデンティティーの保護を主張し続けています。

とりあえず今回はここまで・・・

チベットの尼僧たちは、デモに参加すれば懲役を受け、拷問や厳しい強制労働を
受けることになるのはみんな承知していたとのことでした。
周りの尼層たちが実際に投獄されていく姿を次々と目の当りにしても、
チベットの平和の為にデモに参加する尼層は絶えなかったそうです。

正直、日本人の私には想像もつかないことです。
自分が投獄され、拷問されるかもしれない状況の中で、
自国の自由を叫び、デモに参加するなんて・・・
しかしチベット人にとっては、自国のアイデンティティーを否定され
厳しい生活環境を強いられることは、耐え難い苦痛だと思います。
自分が生まれながら信仰してきたチベット仏教を信じてはいけないと言われ、
違う宗教を強要される、精神的苦痛も想像を絶するものだと思います。

たった50数年前からの出来事です。
ナチスのホロコーストを二度と起こしてはいけない、
世界は確かにそう思っていたはずなのに、今同じような事が起きています。
北京オリンピックをボイコットする著名人も出てきました。
チベットに自由をと叫ぶ人々は確実に増えてきています。

私は、中国人が憎いわけではありません。
日本も中国に対して残虐なことを沢山してきたという歴史があります。
大切なのは、私達がそのような歴史をもう二度と繰り返さない事。
過去を反省し、なぜそのようなことが起きたのかを明確にし、
改善策を見つけ、そしたら何をしていけばよいのかを皆で考える・・・
実際に行動に移すのは難しい事ですが、例え難しい事だとしても、
一人一人が「繰り返してはいけないこと」という認識を持ち続ける事は
とても大切な事であり第一歩だと思います。

私も、一日も早くチベットと中国がお互いに良好な関係を築き上げ、
お互いの文化・宗教・人権を尊重し合う日が来る事を願っています。

皆さんこんにちは!
お花見の季節なので、期間限定でカスタマイズを桜にしてみました。
お花見時期が終ったら以前のに戻そうかなと思っております。

さて、今日は今特に話題となっているチベット問題です。
恥ずかしながらも、私はチベット問題には詳しくなく
ただ今勉強中の身ではありますが、最近少しずつ調べ始め、
自分なりに考えなくてはいけないな、と思うようになりました。
チベット問題??の方は、下のURLを参考に読んでみて下さい。
(恐らく私がダラダラ説明するよりずっとわかりやすいと思います・・・・)
砕けた感じでとても読みやすいです。

         ↓↓↓↓↓

ブーンはチベットについて何も知らないようです(^ω^ )

         ↑↑↑↑↑

正直、初めて知る事ばかりで驚いていました。
以前テレビの特番でチベットについて放送されていたのを思い出しましたが、
しかし、中国との関係などは追求していなかったと思います。

チベット仏教の最高指導者のダライ・ラマについては、
輪廻転生を調べた時に名前が出てきて少し調べました。

個人的な意見ですが、私は輪廻転生というチベット仏教のシステムは
あまり好けません。しかし、否定する気は全くありません。
今問題となっていることは、中国政府が世界へ主張することと、
実際に起きているであろう事が全然違く、噛み合っていないことです。
多くのチベット人が苦しめられ、投獄され、虐殺されている・・・
チベット人が次々に射殺されていく映像も私は見ました。

でも・・・

私も、このブーンのようにデモに参加する度胸もありません。
でも・・・・何もしないのは・・・とても嫌です。

なんとかしなきゃ!
でも私に一体何ができる・・・?

この言葉がぐるぐる頭のなかで回っていました。

自分で調べて、勉強して、一つ一つ知っていくことが大切なんだと、
チベット問題で深く考えさせられています。

情報を知っていることと、知らないことでは、雲泥の差があります。
何を知るかを選んで生きていくのが人生ですが、
今世界で問題になっていることを知るチャンスを、
私たち日本人はたくさん持っていると思います。
(特にこのようなブログに来て下さる人達なら・・・)

まだまだ私は勉強中の身、一緒に考えていけたらいいなと思っています。


皆さんこんばんは!前の更新から結構経ってしまいました。
仕事は順調で、とても恵まれた環境で自分の好きな仕事ができる喜びを毎日実感しています。
やはりまだ不慣れなもので精神的には疲れますが、気持ちの良い疲労感です。
ずっと勉強してきて、自分はこの道に進んでいいのだろうか、将来後悔しないだろうか、
とかなり悩んだ時期もありましたが、今そんなことを心配してもしょうがない!と開き直り
今を一生懸命頑張ればいいじゃないか、と思えるようになりました。

彼とは相変わらずバカをして毎日笑い合って生活しています。
週末になると一緒に飲んでお互いの仕事の愚痴などを言い合ったりして、
幸せで平穏な毎日が続いています。

創価学会については、お互い話す事も無く(話す必要がないので・・・)
話題には全然出てきません^^;
もう普通にお参りもできますし、創価色はほとんど無くなったと思います。
あんなに信仰していた時が嘘のようです・・・

創価学会から離れて、今こうして幸せに生きていられるのを見ると、
「学会から離れたら罰が当たる」なんてちゃんちゃらおかしい、と正直思いました。
何か不幸な事が起きたとしても、それは学会をやめたからではなく、
人生においてごく普通の事=珍しくないことなのでしょう。
ちょっとの不幸でも学会と結びつけて考えビクビクしているのはもったいない気がします。

なんだかまとまりのない記事でしたが、
早く仕事に慣れて一人前になれるよう頑張ります^^
もうすぐお花見の季節(まだちょっと早いか・・・)なので
お花見で予定が埋まっていくのが嬉しいです。
今年も桜の下でいっぱい飲んで笑って満喫したいな、と思っています。
最近寒いので風邪にはお気をつけ下さいね。私は花粉症がちょっと辛いです・・・
それに明日はホワイトデーではないですか。今カレンダー見て気づきました^^;
貪欲に10倍返しを狙って今日にでもチクチク彼を突いていこうと思います。

追伸:
相談メールは全部読んでいるのですが、
なかなかお返事できずにいます、すみません・・・
時間できましたら返信させて頂きますね。
できれば今週末ぐらいにはお返事したいです。

キヨ
皆さんこんにちは!

この度新たな転職先が無事決定しました~(*^_^*)
ずっと希望していた業界であり、第一希望の職種に就くことができました。
昨日は彼との記念日でもあったのですが、内定も頂きダブルでお祝いできました( ^^)Y☆Y(^^ )

今回のお知らせは、転職に伴い、

管理人からのコメント返し・記事更新が遅くなってしまいます。

来週の頭から始業なのですが、私が勤務する部署はかなり忙しく、
ブログを頻繁にチェックすることもできなくなってしまいます。
今まで通りブログは続けますが、その点どうかご理解ください。

メールフォームからの相談も、しばらくお休みしたいと思います。
私と連絡を取りたい場合は、コメント欄に書き込みをしてください。
(コメントは非公開にもできますので)
これからもこのブログ、皆様と一緒に創り上げていく気持ちですので
今後ともご愛好の程よろしくお願い致します。

2008年2月7日  
キヨ

皆さんこんばんは!
やっと少し落ち着いたので、前回の記事のコメントがまだ続いている中ですが、
一週間ぐらい前に書いておいた記事を載せようと思います。
(そんなことしてる暇あったらコメントしろ!!と怒らないで下さいね・・・泣)

先日、ちょっとしんみりしてしまいました。

私も彼も大のゲーム好きなのですが、任天堂Wiiでの新ソフトを買うべくゲーム屋さんへ。
彼にとっては待ちに望んだゲーム。(私はそこまで熱が入っていない)

帰り道、ゲームの話で持ちきりになる。

早くやりたいね~!!
絶対に楽しいよ!!

他のゲームの話も出てきて、さらにテンションは高くなる。

お酒飲みながらやろっか♪
いいねいいね、私エビス!!

笑い合いながら帰り道を二人で歩く。

傍からみればただのゲームで盛り上がっているアホカップルですが、

私はこんなカップルにどれほどなりたかったことか
そして、それを心の底から幸せと思える人間にどれほどなりたかったことか。

先日とある学会員さんにメールで言われました。(『普通の家庭の幸せ』を読んでの感想らしいです)

「それはいつか消えてしまう幸せです。そんなことよりも、生きている喜びを常に感じられる、
 辛い事が起きても力強く前進していけるこの仏法を保つことが大切です。」

そんなこと・・・??

この時実感しました。

私も、バリ活だったら同じ事思っていただろうなあ・・・と。

なんか・・・すごく、物凄く悲しかったです。

別に、学会員さんが私の幸せを「そんなことよりも」と片付けてしまうことが悲しい訳じゃない・・・
幸せの尺度は人それぞれだから。(そりゃ・・・読んだ瞬間、失礼な人だな!と思いましたが)
でも、なんでだろう、凄く、悲しかったんです。

いいじゃないですか、ゲーム買って幸せだって。
家族でご飯を食べる事に幸せを見いだしたっていいじゃないですか。
そんなに難しくない事だとわかって、それだけで私はとても嬉しかった。
そんな幸せが身の回りにあったら、精一杯それを守りたい。
臆病者だって思われてもいい、全然いい、だけど、私はそんな風に思う側の人間にだけはなりたくないです。

人間って、本当に難しいですね。
臆病者で良かったと、心底思う今日この頃です。


よく学会員さんは、アンチと呼ばれている人に向い言います。

「そんなに学会が嫌いなら、自分から関わることを一切やめればいいのに」
(自分から関わること=アンチ系ブログにコメントするなど)

この言葉、すごく無責任だと私思うんです。

私達アンチと分類されている人達は、創価学会という組織によって
迷惑をかけられ、悩み、苦しんでいます。
しつこい新聞啓蒙や選挙活動、折伏、根拠の無い誹謗中傷など、
創価学会が非学会員に迷惑行為を一切しなければ、
また迷惑と思う人が極端に少なければこんなにもアンチは存在しないのです。

まだまだ苦しんでいる人が多く存在し、
私のブログに来て悩みを打ち明けてくれる方もいます。
そのような人達に向けて、「関わるな」というのは

あなた達(学会員)が関わってきているから今問題になっているんだ

ということをしっかりと認識してほしいですね。

(追伸)
しかし、某掲示板のように創価学会に対して極端な誹謗・中傷しているアンチの方達は
私はあまり好けません。(そこまで酷いことをされたのかはわかりませんが・・・)
言葉は、性格を表していると思っているからです。
そして、そのような罵声を多数書き込むことにより、本題からずれてしまい
何を話し合っているのかわからなくなってしまうことが非常に多いです。
(それで皆にとって何も問題ないなら話は別ですが)


こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。