創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんこんにちは、お久しぶりです。
最近は定時で仕事を上がれることがあるので、夕飯を作れるぐらいの余裕ができました。
日々楽しく頑張っております。皆さんはお元気でしょうか・・・?
さて、今日は私にとっての宗教とは、という内容でお話しします。

とある学会員さんから、とても共感できるコメントを頂きました。
非公開ですので内容を詳しくお話しすることはできませんが、
一部紹介したいと思います。

その方は、活動を続ける理由をこんな風に表現していました。

「亡くなった方のご供養と、功徳に対する感謝の気持ち」

日本人の多くは例え無宗教であっても、墓前に立てば手を合わせ、祈ります。
私は霊魂や生まれ変わりなど死後の世界を信じていませんし、墓前に立ってもそこに大切な人が眠っているとは思いません。

では、なぜ私は祈るのか?
私が手を合わせて祈る理由は、亡くなった方を忘れず、想い続けるために行う自分への戒めの意味があります。
自分がお世話になった人、尊敬してた人、愛していた人、人それぞれ想いがあり、
自分を支えてくれた大切な人を生涯忘れないようにするため、祈ります。
この学会員の方も、常に亡くなった方への感謝の気持ちを持ち、敬意を払い活動しているのだと思います。

そして、この信心の中で「功徳」と呼ばれるものに出会い、実感していった。
この学会員さんは、しつこい布教活動をしていません。
それは、今の学会の体制に何らかの疑問があるからだと思います。

信仰に励み、功徳を感じ、それによって自分の生活にやりがいが出てくる、これはとても良いことだと思います。
何を功徳と感じるかは主観的な問題ですし、その人なりの感じ方を大切にすべきだと思います。
大切なのは、宗教とは他人に迷惑をかけてまですることなのか?ということ。
しつこい新聞啓蒙・折伏・選挙活動など、人にとよっては不快に感じることを、
ちゃんと「迷惑をかけてしまっている」と認識でき、防止できるかどうかが、大切なことだと思います。

私は人生において宗教に重きを置いていないですが、これから何かの信仰をするかもしれない。
創価学会の信仰をまたするかもしれないし、しないかもしれない。

それは誰にも分からないし、誰かに強要されるべきものでもありません。

自分で考え、自分の生き方を摸索していく。
宗教をその中で必要と思えば、いつでもできる。

私がこのようなブログを作り様々な方とお話しているのは、
自分の生き方そのものを振り返ることにも繋がります。
そして、これっておかしいよね?と思うことが、果たして皆も感じているのだろうか・・・
もしかしたら私だけではないのか・・・という不安も解消してくれました。
ここへ来てコメントしてくださる人も、同じような体験をしている人が多いことに、
驚きと、そして安心感があるのではないでしょうか。

それに、「こんなブログにきて、悩んでいることを吐き出しても何もならない、もっと組織にぶつけないと駄目だ」
と主張する学会員さんがとても多い。しかしその言葉は、私にはとても他人事のように聞こえる。
イジメられている人に向かって、「イジメられる側にも責任がある」と言っているように私には聞こえます。
悩んでいる人はギリギリまで追い詰められ、まさに今崖っぷちに立たされているということを知ってほしい。
なぜこの場で発言するのかを、真剣に考えてほしい。

宗教の問題はとどまる事無く、増え続けているように感じます。
まだまだ色々な問題が出てくるかと思いますが、前向きに、そして真剣に、これからも考えていきたいですね。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

男子部さんへ

とかなんとか言って、男子部は名まえを変えて再登場するに一票。
もうすぐ解散総選挙ですね。与党転落確定の公明は新しいパートナー探すの大変ですね。

創価瓦解さん

お久しぶりです(^_^)お元気でしたでしょうか?
何だか私は学会員さんに凄い酷い反逆者扱いされていますね。
そう言われるのはしょうがないんですが、あまり良い気持ちはしないものですね。


アクアさん

こんにちは(^_^)
なんだか一男子部さんは私のブログが許せないみたいですね。
タイトルを変えてとか言っていますが・・・
私からはよほどのことが無い限り一男子部さんにはコメントしないつもりです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一男子部さんがなんでそんなに熱くなってるのか、

まったく理解できません。

放っておけばいいじゃないですか。

創価学会にも問題があるんです。一男子部さんの行動にも。

一男子部さんんがここに登場することで、

ますます創価学会のイメージダウンです。

創価学会への理解を得たいのでもあれば、

もっと温厚な学会員になることですね。

でも、もう登場されないんですよね。

キヨさんにも約束守ってと言われているんですから、守ってください。

創価学会の人間は、約束を守れないと言われないようにね。

批判する人なんて、どこにでもいるんですから、それを片っ端から潰せるのですか?

キヨさんに対する個人攻撃もやめてください。

創価なんとかさん。

みっともないのも認めますが、僕たち学会員からするとこのブログのタイトルは迷惑なんですよ。

管理人さん。どうしても「創価学会」を入れたいのなら「創価学会反逆者(或いは退転者)の私」にして下さい。その方がアンチの人達もわかりやすいでしょ?

もはや"学会員のフリ"をして、学会や池田先生の指導とはかけ離れた内容を記事にしているから、学会と池田先生と僕たち純粋な同志に対してこの上なく失礼なんです。
それに中途半端じゃないですか。御自分でも気持ち悪くないですか?誰が見ても、学会と縁を切りたがってないのは管理人さんの方ですよ。

どうしてもこのブログを続けるなら早いうちにタイトル変えちゃって下さい。


指摘と提案でした。
しつこくて失礼しました。「いい加減」な奴でごめんなさいね。
このブログの筋が通ってないので、つい・・・。僕も筋を通さないとですね。思い切って提案できたので、僕の登場は今後一切ありません。
ご安心を。

おしまいじゃないんだ

お久しぶりです。

一男子部さんのコメント自体は類型化した活動家の典型的な発言で、特段で珍しいものではなく、活動家学会員仲間以外には通用しないものです。

一男子部さんにひとつ指摘しておきます。
「これが最後」といったことを何回も書き、レスがつくと平然と登場する・・・こういうことを繰り返せば、その人が学会員であるかないかにかかわらず「この人はいい加減な人だ」と思われるだけです。

「最後です」「さようなら」と書いたらレスがつかないなんてことはない・・・そんな想像力もないのか、わかっていても「後から書いたほうが勝ち」ではないのに、我慢できずに出てきてしまうんだろうなあ。
そういうことを繰り返せば「自己管理のできない人だ」と思われるだけだ。
みっともないし信用もされません・・・活動家学会仲間にだけ通用すればいいのなら、ここに登場するのは場違い・筋違いです。

一度これまでに何度「最後」「さようなら」と書いたか調べたらどうだろうか。

相変わらずですね。

ここに来る管理人さんの仲間の人達は、ぎりぎりの状態で悩んでいるからここに来てわざわざ学会批判・学会の誹謗中傷を書き込むのですか???
解決する気がない人達が集まって悪口を書き合って、何になりますか?


管理人さんは、学会じゃなくてもどんな事でも結局悩んでばかりの人生になるのではと思います。

例え環境が変わっても逃げてばかりでは、同じ悩みが形を変えて出てきますから。わかりやすく言うと、管理人さんが仮に脱会しても悩みは何も解決されないと思います。いやむしろますます苦しくなるでしょうけど。


僕がどのように書いたところで響かないと思いますが、これだけは書かせて下さい。
管理人さんは「学会にいじめられた人」などではなく、学会に牙をむいた反逆者でありまた退転者なのです。日顕とほぼ同じです。「学会をいじめている人」です。
このようにブログを使って、ご自分の物差しだけで学会批判と池田先生の誹謗中傷を繰り返している訳ですから。
幾つか読みましたが記事の多くは、あなたのただの我見と好き嫌いの内容で、あなたの価値観だけで構成されたものじゃないですか。純粋な活動家の組織批判の足元にもおよばないですね。

どこまで学会と池田先生を誹謗すれば気が済むのですか?あまりにも酷すぎますよ!
あなたが卑怯なのは、学会にいじめられたフリをして、弱い立場を装って、平気で我見とデマを書き流しているところです。
管理人さんのこの謗法の大罪による罰の現証は必ず厳然と現れるでしょう。取り返しのつかないところまで来ています。
僕は以前から何度も指摘してきました。

罰論については僕自身勉強不足ですが、罰は、あなたにとって重要な局面になった時などにいよいよ現証として現れると思います。
このブログの謗法の罪による罰は、あなたの身も心も食い潰してしまうと思います。(ちなみに罰は当たるのではなく、自分の中から出てきます。)


とにかく僕としては、このようなブログを作って学会批判・池田先生への誹謗中傷を不特定多数の人に流布するのはいいかげんにやめて頂きたいですね。特に「創価学会の私」とタイトルにするのはやめてほしいです。あなたはもう純粋な心の学会員ではないじゃないですか。
日顕一派のブログやHPにでも行って、思う存分悪口を書けばいいじゃないですか?
「悩んでいる」という言葉を使ってご自分を正当化するのはやめて下さい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/96-1178156a

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。