創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チベット問題について、私が調べた範囲でですが質問形式でまとめて見たいと思います。

Q. 誰が誰に対してデモを起こしているの?
チベット人が中国政府に対してデモをしています。

Q. なんでチベット人がデモを起こしているの?
1950年に、中国政府はチベットに対して『中国人民解放軍』を送り込みました。
そしてチベット全土を武力によって侵略し、これまで120万人以上のチベット人が
厳しい拷問や戦闘にて死亡したと言われています。
翌年には『十七か条の協定』が中国とチベットで結ばれました。
これは、中国政府が、元々チベットは自国を中国の一部としてではなく、
一国家としての国際的地位の確立を主張していたチベットを真っ向から否定し、
「チベットは中国の一部である」という位置づけにしてしまったものです。
(協定の全文はこちら
それに怒ったチベット人は、毎年3月10日に何らかの抗議運動を起こしています。

Q. なぜ3月10日?
1959年3月10日に、チベット人が中国政府に対してラサという最も政治的、文化的中枢都市
で大規模な抗議運動を起こした記念日だからです。

Q. 今回の騒動も3月10日に起こったの?
その通りです。今回の騒動のきっかけは、
僧侶や尼僧を含む10人あまりのチベット族がチベットの旗をふり、
ビラを配りながら抗議活動を行ったところ、武装警察が殴るなど暴力で抗議活動を鎮圧。
聖職者への突然の暴力に、パニック状態になりバルコは一時封鎖された。
またこの日、300人の僧侶が参加してデプン寺からジョカン寺までデモ行進する計画があったが、
市中心10キロの地点で武装警察に鎮圧され50人以上が連行されたと報道されています。
ダライ・ラマ法王日本代表部事務所より転記)

Q. でも今まで毎年デモが起きているなんて知らなかったよ?
チベットの情報は必ず中国を通して報道されますので、
詳しい情報が日本がに伝わらないのは当然かもしれません。
他国の報道機関がチベットに入る事についてもとても規制が強いので、
今までチベット問題を知らなくても不思議ではありません。

Q. なぜ今になってチベット問題は注目を浴びているの?
恐らく、今年開催される北京オリンピックが大きな要因となっていると思います。
全世界が注目するオリンピック、中国が世界に対してオリンピック国にふさわしい
国であるかをアピールできるかどうか。
例えば、現在の中国での環境問題や人権問題において、中国は一大国として胸を張って
世界に主張できるのだろうか、何か問題は無いのだろうか、ということだと思います。
チベット人にとっても、今世界が中国に注目しているとても良い機会ということになります。

Q. ダライ・ラマ14世ってどんな人?
そもそもチベット仏教では、輪廻転生制度があります。
これは、肉体は滅びても魂は不滅で、永遠に継続するという思想です。
ダライ・ラマはチベットの人々を救済する菩薩行を実現する為に、
繰り返し転生していると考えられています。今のダライ・ラマは14代目になります。
そして彼のチベット自由化のための非暴力思想や世界規模の環境問題への取り組みにより、
1989年にノーベル平和賞を受賞しています。
現在も徹底した非暴力を掲げ、チベットの仏教文化、チベット語、
チベット独自のアイデンティティーの保護を主張し続けています。

とりあえず今回はここまで・・・

チベットの尼僧たちは、デモに参加すれば懲役を受け、拷問や厳しい強制労働を
受けることになるのはみんな承知していたとのことでした。
周りの尼層たちが実際に投獄されていく姿を次々と目の当りにしても、
チベットの平和の為にデモに参加する尼層は絶えなかったそうです。

正直、日本人の私には想像もつかないことです。
自分が投獄され、拷問されるかもしれない状況の中で、
自国の自由を叫び、デモに参加するなんて・・・
しかしチベット人にとっては、自国のアイデンティティーを否定され
厳しい生活環境を強いられることは、耐え難い苦痛だと思います。
自分が生まれながら信仰してきたチベット仏教を信じてはいけないと言われ、
違う宗教を強要される、精神的苦痛も想像を絶するものだと思います。

たった50数年前からの出来事です。
ナチスのホロコーストを二度と起こしてはいけない、
世界は確かにそう思っていたはずなのに、今同じような事が起きています。
北京オリンピックをボイコットする著名人も出てきました。
チベットに自由をと叫ぶ人々は確実に増えてきています。

私は、中国人が憎いわけではありません。
日本も中国に対して残虐なことを沢山してきたという歴史があります。
大切なのは、私達がそのような歴史をもう二度と繰り返さない事。
過去を反省し、なぜそのようなことが起きたのかを明確にし、
改善策を見つけ、そしたら何をしていけばよいのかを皆で考える・・・
実際に行動に移すのは難しい事ですが、例え難しい事だとしても、
一人一人が「繰り返してはいけないこと」という認識を持ち続ける事は
とても大切な事であり第一歩だと思います。

私も、一日も早くチベットと中国がお互いに良好な関係を築き上げ、
お互いの文化・宗教・人権を尊重し合う日が来る事を願っています。

スポンサーサイト

コメント

エセ平和団体

4月9・10日の聖教新聞の1面トップご覧になられましたか?
胡錦涛と池田大作の2ショット写真を!

胡錦涛はチベットを制圧(中国風にいえば解放)した人物です。
人権を掲げた池田大作は虐殺者と握手したのです。
この写真は創価学会がエセ平和団体の証拠写真です。聖教新聞を読んでいる人は記念にとって置くように。

どもです。
ついでに。こちらもどうぞ

中国人 、フランス国旗にナチスのマークを書いたり焼いたり やりたい放題
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1116216.html#comments
【長野・聖火リレー】 中国大使館が“抗議者を刺すためのペン”と“水をかけるためのペットボトル”持参を要請
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1116276.html#comments

二個目は怪しい部分もありますが、なるほどシナだなと。

聖火リレー見に行く方もいると思うので、一応、目を通してください。

連コメで失礼します。
(;´Д`)
前のコメのホロコーストの部分がどうも気に掛かった。
上手く言えてない。
ナチスは、ユダヤ人を目の敵にしてたが、中国はそうでないと言いたかった。
中国人は別にチベット人を目の敵にしているわけではない。
中国というのは、殺すのも拷問も好きなんだよな。
毛沢東にしても、3000万人からの人間を殺しても「わが国は人口がおおいからこれぐらい何でもない」と言う様なやつでしたし。
共産党にしても、実際に太平洋戦争や日中戦争の時に戦ったのは国民党だったのに、後から奪っていくのは得意技だな。
そもそも、自分以外の命に対する認識が無い。
そういう教育だと思うけどな。
軍の規律にしてもナチス兵と中国兵じゃ比べようも無い。
中国兵の拷問の地獄絵図は・・・。
想像を絶する。
そもそも、尋問の拷問でもなく、殺すための拷問がまだまだあるというのもイライラする。
50年前じゃないんだぞ。(;´Д`)
シナは4000年変わらない。
連中は、台湾でも日本でも同じ事をする。
世界に自分だけしかいないのだから。
まるで創価だよ。

あと、追加で無駄知識。
最近ダライラマさん日本に来てて、記者会見あったんですが、ニュース23では、キャスターがその会見に行って、個別質問までしたんです。
にもかかわらず、ニュースでは、「ダライラマは独立を望んでいない。同調を望んでいる」と、見事に嘘を吐きました。
まさかダライラマさんも質問してきた記者が自分を利用して媚中発言をするとは思わなかったでしょう。
つまりね、ニュースなんてどうしようもないぐらいダメです。
(;´Д`)
とくに、日本の場合は、中国と韓国に媚を売りまくってる局が多いです。新聞もしかり。
創価も中国大好きですから、同じでしょう。
つまり日本国内において、今までもずっと虐殺はあったのに問題にならなかったのは、一重にマスゴミの努力のおかげだったのです。
それが、あの暴動と北京五輪にかこつけて今更報道。
しかも、たっぷり中国に花を持たせての報道です。
さすが日本のマスコミ。

チベットの亡命者を中国兵が追って撃ち殺している映像は随分前からネットで流れてた。
チベットで虐殺があることも、私も、他の人達もみんな知ってた。
これで初めて知った人はびっくりしたかもしれませんが、私たちにしてみれば、明るみに出た。ぐらいの感覚です。
私が周りの人間に、中国はチベット人を虐殺していると言っても、へぇ~程度だったくせに、報道されたらてんやわんや。
もっと自分で考える力を持とうよ。
(;´Д`)

あとね、ホロコーストと同一に見ちゃいかんですよ。
あれとは全く別物です。
ホロコーストの際は、ただ単に殺す、人体実験などに使う、労働力として使う。 などなどですが、今中国がやっているのは、拷問して宗教を捨てさせる。又は、拷問してじわじわ殺す。 楽しみで殺す。 さらに、チベット人を強姦して孕ませて民族を消す。
民族浄化というよりも、玩具にされている感があります。

酷い話になりますが、ナチスのやった人体実験が無ければ現代医療は無かった。 V2ロケットが無ければ、人類はアポロを作れなかった。
二次大戦の後は、ソ連とアメリカがドイツの残された技術、技術者、資料を奪い合いました。

しかし、中国にそんな価値は無いです。
虐殺に意味を見出す事などあってはならぬのですが、中国のやっている事は遊びです。
遊びで人を殺しています。
どれだけ程度の低い人間性ならあそこまでできるか謎ですが。

なんというか、いつも通り散文ですが
(;´Д`)そんな感じで。

ここはポイント。

こんばんは。
瓦解さん。

>池田大作も創価学会も何も発していないから、思考停止したバリ学会員は具体的なことが言えないでいる
(中略)
>自ら「マニュアル・指導がないと答えられません」と言っているのと同じだと気づかないのだろうなあ^^;

 私のブログでは学会員の問題発言がどういう理由や過程で出てくるか?というのが焦点の一つでした。
なるほど、「教えられていない」という点については盲点かも。

今ここで交わされているコメントの内容としては、以下の通り。

「教えられていない」ので誰にでも言える当たり前、一般的、あいまいな事しか言えない。
「教えられていない」のでバックボーンとなる経文、現代の書籍、理由や根拠がない。
「教えられていない」のでいつも受け身で自分以外の外の世界、読書や対話をしない。
「教えられていない」ので一貫性が無く発言が批判の為の批判になっている。批判対象が中国ではなくアンチ創価になっている。

私でも平和が大事。話し合いの継続が大事。そう言う事は何度もブログで書いています。
理由となる経文、現代の書籍は少ないですがブログで書いています。
最後の行は自分に当てはめて、過去どうだったか?これからどうすべきか?というのは
今、パッと文章に出来ませんが、肯定と否定、是と非、両方、あるいは人の中に様々な
「曖昧さ」や「矛盾」を見いだし、お互いに受容する事でしょうか?
当然、的確な指摘や批判はあってもOKだと思います。

>瓦解さんと独り言さん

あちこちで学会員(カルトっぽい人)の言動によく見受けますが、
「質問に一つ一つ答えられない」というのは我々がネットで以前から体験してきた事であり
またいつものパターンか?私はそう思いますね。

あの~~~~~~~・・・・・・・

たまさん

本気で創価学会に民主主義があると信じてるの?

上からの打ち出しに反対はできない!
政党の支持も、呪いの対象も(オカルト宗教ですね)
創価学会員は、人の不幸を祈る宗教って
本当におかしいと思わないの?


創価瓦解さんの「池田大作さんを個人崇拝している
末端信者が学会礼賛&対話云々を言っても、それは
お笑いでしかないですね」に賛成。


熱心な創価学会員ほど対話が出来ない。

過去のコメント欄、一般の人が見ればわかります、
たまさん、創価瓦解さん達の対話スルーばかりです。

金のかかる宗教団体。たまさんガンバ!
宗教に金のかからない人はそれだけで功徳(?)です。

中国に言及できないのは誰だろう

チベット問題における海外メディアへの規制、中国内でのyoutubeなどのネット閲覧規制、そして中国政府の一方的な報道だけを国内で流す・・・中国政府の対応がまともでないことは明らかです。
そして、対話を呼びかけているダライ・ラマに「暴動の扇動者」のレッテルを貼り、一切の対話を拒否しているのが今の中国指導部である。

過去に対話をしたというのなら、池田大作も創価学会も今なぜ何も発しないのか?
事が落ち着いてから「実は〇〇と言ってたんです」などと後出しジャンケンのようなことを言うのなら、誰でもできるのだ。
チベット問題に何も発しない宗教団体、特に仏教の宗教法人は批判されて当然である!

ところで、池田大作も創価学会も何も発していないから、思考停止したバリ学会員は具体的なことが言えないでいる・・・思考停止したバリ学会員は同時中継や聖教新聞などで「学会の公式見解や池田大作の発言というマニュアル・指導」がないうちは、勝手な発言をすると後でマニュアル・指導が出てきて矛盾が生じるといけないので、抽象的なことしか言えないのだ。
だから「対話が必要」とは言っても、中国政府への批判を口にするバリ学会員は少ない・・・自ら「マニュアル・指導がないと答えられません」と言っているのと同じだと気づかないのだろうなあ^^;

・中国は国連の調査団を受け入れ、チベットでの自由な調査をさせるべきである。
・ダライ・ラマは「独立を主張しないで対話を呼びかけている」のだから、中国政府はこの提案に応じるべきである。

中国に真の友人として諫言できるはずの池田大作なら、この程度のことを言えるんぢゃないか?
ガンジーでもキング牧師でも同じような事態を前にしたら、沈黙を良しとはしないであろうと想像する・・・間違った想像ではないだろう、彼らの実績を考えたら。
ところが「自分を称賛する者の前以外には現れない」「自らを『庶民の王様』と言い放つ恥知らず」の池田大作はどうかというと・・・沈黙である!

こういう「大事な時に何も言えない」小心者でロバの耳を持った裸の王様の池田大作を独裁者として個人崇拝する創価学会という社会悪組織の末端妄信活動家がいくら学会礼賛&対話云々を言っても、それはお笑いでしかないですね。
そういう視点で考えると、独り言さんの指摘にまったく同意です。

そして胡錦涛の訪日の件も独り言さんの指摘の通り・・・その時に「対話を」しか言えないんぢゃあ話にならない。
「対話を」なんてのは、問題が発生した時点から世界中で様々な人が言っていることですから。
池田大作が胡錦涛に対してチベット問題でどこまで踏み込んだことを言うのか・・・そしてその内容を隠さずにすぐに明らかにするのか・・・池田大作は政治家ではないのだから、隠さないといけないような内容はないはずだと、予め言っておきます。

まあ、お寒い「仲良しだねえ」「対話だねえ」といったことを言って、翌日の聖教新聞は労働新聞の金正日礼賛とそっくりの池田大作礼賛の言葉が舞うんだろう・・・的中するでしょう・・・誰でも予想できることですがね^^

ダライラマは北京オリンピックの成功を願ってますね。

民主主義国家ではデモをするのも自由です。
しかしそれでは共産政権の中国首脳の心を動かすことは出来ません。
心を通わせた対話が必要です。
我々の師匠は冷戦時代にその対話を実践しました。

本当のチベットの憤りを知りたければ、ネットで検索するだけでなく、実際にチベットの方と対話すべきです。
その上で中国の方とも対話すべきです。
騒ぐのは勝手ですがそれでは何も解決はしませんよ。

>たまさん

おはようございます。

私も、暴力で訴えるのはいけないと思います。
ダライ・ラマ氏も言っていました。
「デモをするのは自由だ、しかし暴力はいけない」と。
暴力で訴えたくなってしまう気持ちもすごくわかりますが、
(現に自分の周りの人が暴行を受けている場面を直視してしまったら)
暴力では何も解決しませんよね。
北京オリンピックを反対するのも自由、デモをするのも自由、
それは何十年とチベットが制圧させてきた、チベットの憤りです。

暴力はいけません

>キヨさん

>あなたは、デモをしているチベットの方や世界各国の方を、
「むやみやたらに騒ぎまくって」という位置づけで片付けてしまうのですか?

ダライラマの忠告に背き、北京オリンピックをネタに騒いでる方々に、対してですけど。

>たまさん

>>むやみやたらに騒ぎまくっても何ら解決はしないですよ。

あなたは、デモをしているチベットの方や世界各国の方を、
「むやみやたらに騒ぎまくって」という位置づけで片付けてしまうのですか?

人権問題の解決には差別は行けませんよ

>お互いの文化・宗教・人権を尊重し合う日が来る事を願っています。

尊重するには対話しかないでしょう。
お互いが深く理解しあえて初めて、それらの特定の問題にはじめて触れられるのです。

むやみやたらに騒ぎまくっても何ら解決はしないですよ。

>たまさん

本日ダライ・ラマ氏が日本で記者会見をするとのことです。
(ちなみに私は体調不良で今日会社を休んでいます。)
15時から中継するらしいですね。(ソースがあいまいで言い切れませんが)

チベット問題に関しては、学会はノータッチですよね。
何ででしょうか・・・中国との仲が悪くなるのを懸念しているのでしょうか。
世界平和を願っているのは、創価学会だけではありません。

あんなに巨大な宗教組織なんですから、
それを利用してチベット問題を取り上げても
いいのではないかと個人的には思います。
罪も無い人々が今投獄され、拷問され、苦しんでいるのですから・・・

世界の平和団体というのも、表面だけなのでしょうか。
正直、不思議に思ってしまいます。

あの~~~~~~~~・・・・

たまさん

一般の人が過去のコメント欄を読めば、
熱心な創価学会員ほど対話ができないとわかるのですが・・・

たまさん自身、創価学会員は対話は出来ませんの
見本だと思うのですが・・。。
今までたまさん宛ての質問スルーばかりですが
これは釣りですか?

理想やおとぎ話、お花畑を信じられるのは内部の会合ではOK、
でも一般世間で実行出来ない事を言っても・・

ネットでチベットを調べたらどうですか
女性に強制堕胎や言葉に出来ない事を中国はやってます。
そして中国人奇跡を起こしてみろと笑いながら人が簡単に殺されてます。

聖教新聞(機関紙)を勧める人は、世間に対して
「私はおバカで恥知らず」と叫んでるですよ。

たまさんは、5月に池田大作さんが胡総書記に
ダライラマさんと対話するように説得すると本気で思っているんですか?

下のコメントは釣りか、たまさんのなりすましだと思うのですが?

一人の人を大切に

>お互いの文化・宗教・人権を尊重し合う日が来る事を願っています。

まさしく創価学会が目指している一対一の対話による世界平和への願いですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/90-e0304c7a

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。