創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと遅くなってしまいましたが、
皆様、明けましておめでとうございます。
無事新年も迎えられ、今年も平穏な一年を過ごしていきたいなと思っております。
昨年はこのブログを立ち上げ、様々な方と知り合うことができ
とても意味深い一年となりました。
皆様もお身体にはお気をつけて、素敵な一年にしましょうね。
これからもご愛好の程、よろしくお願いいたします。

さて、新年らしいテーマでもないのですが、
先日とある某掲示板でこんなやり取りを読みました。
Aさん(学会員)が恋愛関係についての悩みを打ち明け、
どうしたらよいかという相談スレッドでした。
アドバイスした学会員さんたちの回答は、見事に全員、

『祈っていけば必ず道は開けるから大丈夫』

という回答でした。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全然アドバイスになってないじゃん(@_@;)

と思わず突っ込んでしまいましたが、
このやり取りって学会内では普通のことで、
結局具体的な解決策は提示されずに
「活動に励めば」「もっと祈れば」ひどいのは
「新聞啓蒙できれば道が開ける」などという意味不明なことを
持ち出してくる人もいます。

相談者の方はその回答で満足なのでしょうか?
そもそも、他人の恋愛(ましてやネットの世界で)に
アドバイスすること自体難しいですが、
相手の状況も詳しく聞かずに「祈れば解決」なんて・・・
と私は思ってしまいます。
正直、相手の幸せを第一に考えるという学会員の発言とは思えないです。

お正月に実家へ帰ると、仏壇にはこんな紙が。

「どこまでも対話の精神」

どこまでもって・・・本当?


スポンサーサイト

コメント

ミントさん
お返事くれてたんですね。ありがとうございます。

彼のお母さんとの会話、なんだか想像できます。
私の場合は身内が相手なんですが、手の内を知っているにもかかわらずうっかりソウカスイッチを押してしまい、
議論と呼ぶにはあまりにもお粗末な虚しい言葉のループにからめとられたときには「しまったぁ」と思います。
いい会話方法・・・。私も現在模索中です(涙)。

とりあえずの対処として最近私がしているのは、
●日が暮れたらソウカスイッチは押さないよう気をつける。夜はどうしてもお互い情緒的になるし、判断力が鈍くなるし、話がエンドレスになるので。
●選挙のときは「いいですよ!」といい返事をして早々と期日前投票で別のところに入れる。
●誰に対しても顔を会わせたら挨拶「だけは」笑顔でキチンとする。
●新聞や会合のお誘いには「そーゆーの、ダメなんです(したくないです)」
「どうして?」「どうしても!」と笑顔でキッパリ。
ぐらいかなあ。

私もあんまりこういうことはしたくないんですが、私は虚しいドウドウ巡りを避ける護身術だと思っています。

彼のお母さんも、「息子とも私とも学会の話以外では気が合うし、悪いコじゃないみたいだから関係をこじらせてまで入会させることないかな」と思ってくれたらいいですね。

ことばを文字にするっていうのは難しいですね・・・
ごめんなさい以後気をつけます!
謝り合戦はキヨさんの意に反してしまうので切り上げます!サッ=3

>通りがかり三世さん
コメントありがとうございます
やはり多少のマニュアル的なものはあるんですね。

>>それはおいといて、活動を熱心にやればやるほど世間が狭くなるので、次第にその狭い世間でしか通じない言葉が全世界に通じると思い込むようになります。


学会の中でしか通じない理論をぶちまけるのもそういったことなんでしょうね。
「幸せ」の定義のそもそもが違うと感じるのでなかなか会話が難しいと思いました。
彼の母親に折伏されかけた時、色々なブログ等を見て想像していた通りの話や答えが返ってきたのでわーほんとだすごいと思ったのです。
やっぱり全然会話が成り立たなくてびっくりしました。
学会以外の話はすごく気が合うのになー・・・
どうにか諦めてもらわなければ@
いい会話方法あれば伝授してください!><

>無明さん

こんにちは!

>>結構バリ活の義理の兄に「息子失格」という言葉を言われまして、傷ついたものですから

お気持ちお察しします。
その言葉はとても傷つきますよね・・・
私も母に「あんたなんて娘なんかじゃない、昔のキヨ(活動家のキヨ)に戻ってほしい」と
言われた事がありました。その時はもう既に「学会員はこういうことを平気で言える人が多い」
という認識があったのですが、それでも結構こたえました。
ユーさんのような他人の妄信者さんに言われても、不快な思いはしましたが
傷ついたりはしていませんのでご安心ください。
ご心配ありがとうございます(^^)嬉しいです。
下のコメントにも書きましたが、私以外の皆様へのユーさんからのご回答はなさそうです(^_^;)
せっかく質問していただき、何気に私もその回答を知りたかったので残念です・・・

コメントして下さった皆様へ② (管理人:キヨ)

ハヌマーンさんが下記のコメントで説明してくださいましたように、
私の言葉足らずで皆様に混乱を招いてしまったようです。
申し訳ありませんでした。

ハヌマーンさんの
>>キヨさんの
>>「この記事でのユーさんへのコメントは、今回で最後にしますね。」
>>という言葉を私は管理人であるキヨさんが
>>■もう私はこの記事ではユーさんにかまわないことにします
>>という方針の表明とともに
>>■管理人の私がそのような考えなのでみなさんもよろしくお願いしますね
>>というメッセージだと思ったのです。

このコメントからもわかる通り、
もう少し私が詳細に説明すべきでしたね。
これからは皆様にもっとわかりやすいようにコメントをしたいと思います。
そして、細かくコメントしてくださったハヌマーンさんに深く感謝いたします。

>>私のコメントが複数の方々を扇動するかのような流れになってきていて、
>>自分の発言の影響力に、正直驚いております。

このようなジャンルを取り扱っているブログですと、
ちょっとした一言で場の雰囲気がガラっと変わることがあります。
しかし、決して堅苦しい場ではないので気軽にコメントしてくだされば嬉しいです(^^)
皆さんお互い情報交換し合い、私がコメントする前に他の方の相談に
乗ってくださる方もいますし、とても嬉しいですね。

皆さんももうお互い謝りあうのはやめにして、本題に移りましょう(^^)
といっても、ユーさんからの回答が皆様一人一人にないので
続くにも続けない状態ですが・・・(^_^;)

ええっと…

ちょっとコメントの流れを見ていて、
自分の一言がある種の流れを生み出したような気がして気になったので書きこみます。

私の「了解しました」タイトルの書き込みは
他の訪問者に対して「ごめんなさいコメント」を扇動するつもりで書いたわけではありません。
長くなりますが、以下、もう少し詳しく書きます。

キヨさんの
「この記事でのユーさんへのコメントは、今回で最後にしますね。」
という言葉を私は管理人であるキヨさんが
■もう私はこの記事ではユーさんにかまわないことにします
という方針の表明とともに
■管理人の私がそのような考えなのでみなさんもよろしくお願いしますね
というメッセージだと思ったのです。

そこで「あのおぅ…」のコメントを書いたわけですが、その後、キヨさんからきちんと管理人としての考えを教えていただいて

> 皆様がユーさんにコメントすることは禁止には致しません。
> この記事を機に初めてコメントしてくださった方々もいます。
> 妄信者側に疑問がある方、是非聞きたいことがある方、
> (私はもうユーさんへはコメントしませんが)
> 常識の範囲以内でのコメントをして頂ければ幸いです。

こう書いてあったので、
「ああ。キヨさんはそのようにお考えなんだなぁ」
と了解し、そこで
●私は管理人さんの方針をきちんと確認せずに発言したな
という反省と
●その私の書き込みで他に書いていた方々が書き込みにくい状況を作ってしまったかもしれない
と訪問者への謝罪を
書いたわけです。

私の書き方も言葉足らずだったと思いますが、つまり
私が「ごめんなさい」と言葉を向けたのはキヨさんだけではなく、ユーさんへ各々の意見を伝えていた訪問者の方々にも、だったのです。

なので、
無明さん、ミチコさん、もしかすると書き込んではいないけど心の中で思っている他のみなさま。
「コメントしてごめんなさい」と思わないでください。
管理人であるキヨさんは引用部分の通り、
「常識の範囲内であればコメントは構いませんよ」
ってお伝えしているんです。

私のコメントが複数の方々を扇動するかのような流れになってきていて、
自分の発言の影響力に、正直驚いております。

【ああっ~、ああっ~、違うのよぉ~。】
と。
それでクドクドと長く書いているわけですが…どうかしら…できるだけ、伝わるといいなぁ…。

キヨさん、こんばんは。
ご迷惑をかけてしまったようで申し訳ありませんでした。
ただ、少し言い訳になってしまいまうかもしれませんが、僕の話をさせていただくと、実は僕も家族すべてが学会員で、僕だけが今、アンチになってしまったような状況です。
そういう中で以前、結構バリ活の義理の兄に「息子失格」という言葉を言われまして、傷ついたものですから、赤の他人に言われたキヨさんのことが少し心配になってしまって、コメントに反応してしまいました。
「人を傷つけても、自分は幸せ」というのは成り立たないとおもうんですが・・・
すいません、もうやめておきます。
では、これからもぜひ、楽しくブログを続けていってください。
応援してます。

>たまさん

たまさんのコメントは他の方へ悪影響があると判断しましたので
こちらで削除いたしました。ご了承ください。
このブログを読んでくださった上でのコメントとはとても思えないため、
これからも他の方を誘発するような極端なコメントはお控え頂きます様お願い致します。
この忠告を無視し、根拠も無く人を傷つけるよなコメントをした場合、
立ち入り禁止の処置を取る可能性もありますので、
マナーを守った言葉の話し方でコメントをお願い致します。

管理人:キヨ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

「アンタ、まだいたのか!」と言われそうな通りがかり三世です。
ミントさんのコメントの

>こう言われたらああ、とか決まりがあるのでしょうかね?

とくに決まりってホドではないけれど、
「選挙や政治のことを言われたら」
「お金のことを言われたら」
「結婚相手のことを言われたら」などなどの処方箋みたいなのが一とおりありますよね(笑)。
学会員にしろそうでない人にしろ疑問に思う点は一緒なんですが、その処方箋を読んで
「そーか!」と納得した人はその処方箋を判で押したように他人に対して読み上げます。
だからミントさんが書いているように「どこでどの学会員さんのコメント見ても同じようなことを言って」るように見えるのです。
それはおいといて、活動を熱心にやればやるほど世間が狭くなるので、
次第にその狭い世間でしか通じない言葉が全世界に通じると思い込むようになります。学会に限らずところかまわず仕事や趣味上の仲間うちにだけ通じる特殊用語を使う人っていますよね。
で、その特殊用語の製造元が全国同じ規格の○○新聞そのたもろもろ。
地域や年代によって温度差はありますが、
これでだいたい皆おんなじ言葉を使うようになります。
そんな感じなので会話や議論のパターン、思考のパターンも罵倒の仕方も(?)だいたい決まってきます。

かようなコメントがもしこのブログの趣旨に沿っていない場合は迷わず削除なさってくださいね。

>ミチコさん

いえいえ!ハヌマーンさんの上の私のコメントを読んでくださればわかりますが、
ミチコさんの意見もとても大切です。
常識を皆で守り、意識してコメントしていただく分には全然構いませんよ(^^)
またのコメントをお待ちしていますね。

失礼しました!

キヨさん

すいません、私も出すぎたマネをしてしまいました。大変失礼しました。
ハヌマーンさんのおっしゃる通りですね…。こちらはキヨさんのブログです。
様々な意見交換の場ですがキヨさんの立場を尊重しなければならない配慮にかけてました。
今後またコメントするかもしれませんが謙虚な気持ちを心がけます!
ありがとうございました!

>ミントさん

こんにちは(^^)
いえいえ、全然気にしないで下さい!
私が早めに対処していればよかったことですしね(>_<)
それと、ユーさんがご回答されていますね。
私以外の方にコメントのするのはどうかと思っているらしいので、
これからも回答は期待できなさそうです。

キヨさん以外の人にコメントするのはどうかと思いますが、簡潔にコメントさせてもらいます。

お金の事をいろいろと言われてる方がいますが、私は今は月収数百万ありますがここに至るまでには電気・ガスが停められ食べるものも満足にない時期がありました。しかし、その時に学会にお金を強要されたことなど一度もありません。 むしろ陰に陽にたくさんの励ましをみなさんから頂き支えてもらいました。 

生きる意味・価値は私は幸福になる事だと思っています。 もちろん幸福感は人により違うと思いますので、それはそれで構いません。
ただ、人生の不条理をたくさん体験し、見てきた私の結論は、この信心が幸福への最短距離だということです。 そういう経験のある人なら少しは分かってもらえると思います。

お金や時間を何に使うかは個人の自由です。私は今、人のためにも時間やお金を使い、自分の楽しみのために使うお金もあり、いい人達に囲まれて本当に幸せになりました。
池田先生の指導に支えられ、また学会の方の言うとおりに実践してこうなったのです。 
この幸せな人生を誰にも言わずにはいられません。
これを妄信とおっしゃるならそれでも結構です。でも、苦難を乗り越え、幸せをつかんだ事実は誰にも否定はできないと思います。

以上、簡単に書きましただが参考になると思う方はアンチの気持ちを少し横に置いて、考えてみてください。 少々の事があっても毎日が楽しく生きれるようになりますよ♪
 

すみませんでした。
ハヌマーンさんもすみません。
なんだか便乗した感じになってしまいまして@

ところで疑問に思ったのですがユーさんはこのコメント欄でキヨさん以外のご意見にはコメントされていないようですが・・・
なにか仏話(?)というのは1対1でないといけないとか
こう言われたらああ、とか決まりがあるのでしょうかね?
どこでどの学会員さんのコメント見ても同じようなことを言っているので。


あ、彼と友人の結婚式見に行ってきました!
ウェディングドレスとバージンロードにあこがれちゃったみたいです!(苦笑

>ハヌマーンさん

謝るなんてとんでもない!!ミントさんも同様、
皆様のことを心配して書いてくださった気持ちがとても伝わってきました。
そのお気持ち、とてもとても嬉しいです。
言葉が下手なのでなんと表現すべきなのかわからないのですが・・・
でも、このように支えてくださっている方がいるから、
私のブログは成り立っているんだな・・・と深く感じます。

どうかお気になさらずに、私もハヌマーンさんのブログに
お邪魔しますがこれからもよろしくお願いいたします。

了解しました

キヨさん。
管理人としてのキヨさんの方針、了解いたしました。
となると、私のひとつ前の意見は「書く場面でなかったな」と反省。

みなさん。
せっかく意見書いていた他のみなさんにも謝ります。ごめんなさい。

立場や考えが違う人たちの意見交換というのは私自身も学ぶ事が多いです。
今回のやりとりも「ふむふむ」と思うお言葉も多々ありました。
今後も書いたり読んだり私なりの参加方法を考えていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。

ハヌマーン

コメントして下さいました皆様へ (管理人:キヨ)

皆さんこんにちは!
朝起きてブログをチェックしたら多くのコメントが寄せられており、
私自身とても参考になるコメントばかりでありがたく思っています。
私のブログを心配してくださり個別にメールを下さいます方も同様、
とても暖かい皆様に囲まれ幸せだなと実感しております。

ユーさんへの個別のコメントにつきましては、
一番良い方法はユーさん自身が創価学会のブログを立ち上げて
そこで議論するのが良いかと思います。
が、現実ブログを作ってくださいと言えるものでもないので、
皆様がユーさんにコメントすることは禁止には致しません。
この記事を機に初めてコメントしてくださった方々もいます。
妄信者側に疑問がある方、是非聞きたいことがある方、
(私はもうユーさんへはコメントしませんが)
常識の範囲以内でのコメントをして頂ければ幸いです。

しかし、永遠にこのやり取りをしても妄信者とアンチ側が
価値を見出せることは無いと思うのも事実です。
返事が返ってこないこともネットの世界ではごくありふれたことですし、
特に妄信者の方には自分に都合の悪いことは答えない性質が見られます。
突然の話題の方向転換もありますので、
「コメントすることは無意味だ」と思いましたらスルーをお願いいたします。
どちらが常識を守りコメントしているかは、読者の皆様が判断してくださいます。

(生の学会員と話す機会が全く無い方にとっては、
コメント禁止にしブログの安全を保つのみが道ではないと考えています。)

ただし、私側ではこのブログを「管理」していますので、
やむを得ない場合はコメント承認制も考えています。
賛否両論ございますが、まだ発展途上であり私自身も未熟な故、
ご意見ありましたら遠慮せずに是非おっしゃってくださいね。

管理人 キヨ

ハヌマーンさんに同意

こんにちわ。

ハヌマーンさんの言う通り、ちょっと我慢しましょうよー。
ここで爆発したらキヨさんも次に切り替えにくいでしょうし。
ユーさんも言いたいこと言ってますが。
私も書こうかなと思ったけど次の機会に暖めておきます^^
キヨさんご無理なさらないで下さいねー@

あのおぅ…

キヨさんは「これで(ユーさんへの)コメントは最後にします」と言っています。
それは「もうユーさんに構わない」ということだと私は思います。
キヨさんのブログですし、管理人さんの考えを訪問者も尊重して、
そろそろユーさんに向かって各々の意見を書くのはいったんストップしませんか。
ひとまず意見は温めておいて、また機会ができた時に意見すればよいかな、って思うのですが、どうでしょう?

あらまあ。
たびたび拝見してるのですが、コメント数がやけに増えていると思ったら・・・。
どうも、はじめまして。
簡単に自己紹介しますと、三世、役職ナシ、ほぼアンチです。
いまさら同じ土俵で書いて妄信さんをルンルンさせるのはもういいかな、と思います。
今回のやりとりは私から見て下に書いているように映りました。

死ぬまでの暇つぶし(笑)にどうぞ。

*****
キヨさんは庭に花の種をまきました。なんの花が咲くのか知らないのですべてが試行錯誤です。
肥料をやったり、草を刈ったり、水を撒いたり、病気の心配したりしながらせっせと花を咲かせようとしています。
「きれいな花が咲くといいな」とワクワクする日もあれば、
「もしかして花なんか咲かないんじゃないかしら」と不安で夜も眠れない日もあります。

通りかかった人たちは
「大きくなったね。」「天気がよくなってよかったね」「こないだの肥料きいた?」と話しかけています。
キヨさんは「おかげさまで」と笑顔で答えながら花作りに励んでいます。
そして時おり汗をぬぐい、一息いれながら、
「何の花だかわからない花を種から育てるなんて、
 手なぐさみとも暇つぶしともいうけれど、それも一興だわね」と思うのでした。

そこへ、●価社のコンクリート販売員ユーさんがやってきました。
キヨさんの庭に入って無理やりコンクリートを流しこんでいいました。

「庭で花作り?くだらない!!
 コンクリートにすれば雑草だって生えないし、水だって撒かなくていいし、そもそも病気なんかしないんだから!悩みや心配は一発で解決ですよ!!」

ユーさんご満悦です。
通りかかった人たちが見るに見かねて「やめて!!」と声を上げると
ますます上機嫌でコンクリートを流し込みます。
だってユーさんは
「コンクリートのよさは使ってみなきゃわからない。イヤだと言うのはそのよさをみんな知らないからだ」
と思っているからです。

通りかかった人たちは、
一度は●価社製のコンクリートの庭にしたけど自分にはしっくりこなかった人、
コンクリートの庭で育ったけどどうも違うなと思っている人、
かつて友達の家に同じことをして後悔している人、
さまざまな人たちです。
キヨさんは、コンクリートを一枚一枚はがした庭でやっと種を植えた人なのです。
そしてみんな知っています。
●価社製コンクリートの庭はいつしかひび割れ瓦礫の山になってしまうことを。
*****

たしかに本人も途方にくれているような状況でコンクリートの庭にしたら
どうにか「それなりに」なってよかったって人も中にはいると思います。
私は枯山水でも花畑でも芝生でも百歩譲ってコンクリートでも、
住んでいる本人が満足していて隣同士お互いに認め合えればいいと思ってます。

でもイヤだと言ってる他人の家にコンクリートを流し込むような行為ってどうなんでしょう。「●価」社製のコンクリートは他人の家にばら撒かないと業績が上がらない、査定に響くっていう社員教育が社会との軋轢や家庭内の悲劇を生んでるって思うんですけど。

初めてコメント致します。

皆様初めまして
ずっとROMってましたが、
今日のユーさんのコメントを読ませて頂き、
私も言わせて欲しいと強く思い、コメントさせて
頂きます。

ユーさんへ

>「人生なんて所詮死ぬまでの暇つぶし」・・・これを心の余裕と捉えてるの? 
完全なナゲヤリ人生だと思うけど。 

このキヨさんのお友達の名言ですが、第一印象では
確かに投げやりにも見えます。しかしキヨさんは
「要は余裕がある」意味と受け止めていらっしゃいます。
暇つぶし=ナゲヤリではなく、
暇つぶし=心豊かに時間を過ごす、
余裕を持って時間を過ごす、など、私はそう解釈しました。
なんだか寅さんが言いそうなセリフですね!
名言や格言やことわざは言葉の奥に底に隠れた意味が
あったりするので「想像力」が必要だと思います。
そしてあーでもない、こーでもないと考えるのが
人間だと思います。キヨさんは最初この言葉を嫌いだったのに
納得され「要は余裕」と理解されました。
今は気持ちに「余裕」があるからそのように考えられる
のではないのでしょうか。

>間違った心の余裕なんか無くても正しい生命力が
あれば・・

「正しい生命力」とは何でしょうか?
生きてるだけでも素晴らしいのに、
それに正しいとかってあるのでしょうか?

>自分が大変な状況でも献身的な行動もできるし、
何かを生み出す事だってできます。

それはただの自己満足だと思います。
自分が大変なときはまず自分を献身すべきじゃないですか?
それを実践させる学会って
「愛情が足りない」と感じました。

>正しい信仰に裏付けられた強い生命力で個々人の大きな課題を見事に乗り越えられた方達が世界中にたくさんいらっしゃるじゃない。 これだけの実験証明がなされているのに、なぜちゃんと見ようとしないんですか?

それじゃなぜ、アンチが多いのでしょうか?
正しい信仰をされてた方がなぜアンチになるのでしょうか?
魔が入ったとおっしゃるかもしれませんが、
人としての感覚が戻ったと私は思います。
世界中たくさんいる・・とおっしゃいますが、
少なくともフランスではカルトですよね?

>あなたのお母さんことですが、そうやって人のために頑張っている素晴らしい方なのにあなたはどうして誇りに思えないのですか? 娘ならお母さんの荷物を半分背負ってあげるくらいの気持ちが有ってもいんじゃない。 娘として少し冷たいと思うよ。
どこの世界に世のため人のために無償で夜中まで走り回る人がいますか? あなたはそんなことできるの? そんなお母さんを尊敬できないなんて娘失格ですよ。

今回、コメントしようとしたのは、
このお母さんのコメントを読んでからです。
娘失格って・・あまりにも失礼じゃないですか?
夜中まで走り回ってる活動をされるって、、
母親が娘を家に置いて夜中まで活動されるんですよね?
例え他の家族が在宅でも、もし子供さんが小さい場合って
それは母親としてどうなんですか?宗教の為に夜中まで
活動する母親って・・娘がかわいそう過ぎる。
しかも女性に夜中まで活動させる宗教って・・。
自主的に人の為に活動するとしても、それが夜中って
「熱心なのはわかるけど、家族も居るし後は翌日に
回しましょう」って優しい言葉を掛ける方は
居ないのでしょうか。ほとんどの方が夜中まで
活動されてるとは思いませんが、、
ただ私の感想として夜中まで活動する宗教があるんだと
ビックリしたまでです。
お母さんの荷物を半分背負うとかって・・
キヨさんはお母さんに学会の疑問を質問しただけで
「あんた狂ってる」
って言われたんですよ。その発言の根源の荷物は・・
持ちたいって気持ちになるでしょうか。。
母親にそんな風に言われるって大変ショックなことだと
思います。言葉の暴力なのではないでしょうか?

ユーさんが学会の哲学が確固たるものだと実感されてる
というのなら、学会以外の哲学書や自己啓発系の
本を読まれて比べられたらいかがでしょうか?
やっぱり学会がいいと実感するかもしれないし、
学会では得られなかった気づきがあるかもしれない
ですよ。別に罰当りなことではなく、ご自分の勉強に
なるのではないかと思います。

長々となりましたが、
読んで下さりありがとうございます。




キヨさん、はじめまして!
いつも読ませていただいて、陰ながら応援させていただいてます。
楽しめる無理のない範囲でがんばってください。

ユーさんに少し質問させていただきたいので、よろしくお願いします。

ユーさん
はじめまして!
今回あなたのコメントの中に、僕には理解できないところがあったので、出来るだけ具体的に教えていただければうれしいです。

≫生きる意味も価値も否定してる事になるじゃない。

生きる意味って何ですか?生きる価値って何ですか?僕はずっと知りたかったので教えてください。

≫間違った心の余裕

どう間違っているのでしょうか?

≫正しい生命力
それは一体?何なんですか?

≫何かを生み出す

何を生み出すんですか?

≫正しい信仰

世界中でお金に困っている人が無数にいるのに、一個人に何兆円も蓄えさせて、何がどう正しい信仰なのですか?

≫人のために頑張っている素晴らしい方なのに---

人のためになっているとは、相手が言葉に出来ない喜びを感じてくれている場合だと思うんですが、あなたにどうしてそれがわかるんですか?

≫娘として少し冷たいと思うよ。

親子のことに、赤の他人が口出しできないと思うんですけど。どうしてあなたは口出しできるんですか?

≫どこの世界に世のため人のために---

どういう風に世のため人のためになってるんでしょうか?

≫娘失格ですよ。

どうして赤の他人のあたに、そんなことが言いきれるんですか?

以上です。
質問が多くて申し訳ないですが、バカな僕にも理解できるように具体的に答えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

キヨさん、すみません!

笑いが止まらず、ペンをとります。

どこの世界に池田大作さんのために聖教新聞を2部、3部取ったり
読む暇も無いのに書籍を買わされたり

財務で100万出せば功徳がでる、福運が付くと催眠商法でカネを搾り取られ、

選挙では上の指示で東へ西へ近所迷惑、友達を利用する事を考え
夜中まで走り回る人がいますか?

いる! 自分で考たり、客観視できなくなった人達。

あなたはそんなことできるの? 
そんなカネ・カネ・カネとあおる池田大作さんを尊敬でるなんて
信仰者として失格ですよ。

カネを池田さんに出すことが喜びの人か

自分を信じ、七転び八起きで人生を切り開いてく人なのか。

ユーさんが万が一、女性だとしたら、たまにはエステ、海外・国内旅行したり
映画・音楽・スポーツ・資格・貯金にお金を使うのか。

カネを出せば福運がつくという宗教に、お金を使うか。

私は今年の初詣では10円で、真剣に祈りました。

ユーさん、金のかかる宗教はニセモノだよ。

キヨさんごめん、耐えられず釣られてしまいました。

「人生なんて所詮死ぬまでの暇つぶし」・・・これを心の余裕と捉えてるの? 完全なナゲヤリ人生だと思うけど。 自分で考えて一生懸命努力して生きていくって言ってたキヨさんがまさかこんな言葉に反応してしまうなんて残念です。
「暇つぶしの人生」なんかなら煎じ詰めれば生きる意味も価値も否定してる事になるじゃない。 
間違った心の余裕なんか無くても正しい生命力があれば自分が大変な状況でも献身的な行動もできるし、何かを生み出す事だってできます。 それを実践してきたのが学会員です。
正しい信仰に裏付けられた強い生命力で個々人の大きな課題を見事に乗り越えられた方達が世界中にたくさんいらっしゃるじゃない。 これだけの実験証明がなされているのに、なぜちゃんと見ようとしないんですか?

あなたのお母さんことですが、そうやって人のために頑張っている素晴らしい方なのにあなたはどうして誇りに思えないのですか? 娘ならお母さんの荷物を半分背負ってあげるくらいの気持ちが有ってもいんじゃない。 娘として少し冷たいと思うよ。
どこの世界に世のため人のために無償で夜中まで走り回る人がいますか? あなたはそんなことできるの? そんなお母さんを尊敬できないなんて娘失格ですよ。

終結に向けて

缶コーヒーのボウズさんには、言いたいことを代わりに言ってもらった感じで、すっきりしました。
これからもよろしくお願いします。

さて、キヨさんが最後通告をされたので、ユーさんも態度を決めないといけないでしょう。
これまでと同じことを延々と繰り返すことはキヨさんが許すはずありませんので、綺麗な物別れにしてほしいが、それができないのなら、せめて無言で去るようにしてほしいものです。

どうか罵倒や憐憫や自己満足の文言を並べることなく・・・それは学会員であるかどうかには関係のない「常識ある態度」であると思います。

キヨさんが次の記事を書いて、本来の目的に合致したコメントが寄せられることを願ってます・・・といっても「早く次の記事を書いて」という意味ではありません、念のため^^;

>夢遊さん

私の周りでもありました(>_<)
果たしてそれが幸せなのか?とても疑問です。
幸せになるはずの宗教なのに、本末転倒な気がします。
でも深夜まで会合って、結構あるらしいですね・・・

こんにちは

ユーさん
はじめまして
缶コーヒーのボウズと申します。
キヨ様がお書きになられたのですが、私の思ったことを書いておきます。
はじめに言っておきますが、あなたとこの場で議論するつもりはありません。
あくまでキヨ様のブログであることを前提に私の駄文を読んで下さり、ご理解下さるととても助かります。

>キヨさん達はどうしてここに絶対に幸福になれる方法が有るのにそれを避けて通るのか私には不思議に思えてなりません。 どうなるか分からない人生をどうなるか分からない方法で生きていくなんて、あまりにも無謀だと思います。
そのような生き方で、もし、脱出不能のような苦しみに直面した時に本当に納得できるのでしょうか?

→あなたが学会を信じていることはどうでもよいことです。
しかし、私を含め大多数の人が学会とは無縁であるのに、それが絶対であるとどうしていえるのか
通信販売などで扱われている健康食品の注意書きにも「全ての人に当てはまりません」とのニュアンスが書いてあるじゃないですか
どうなるかわからない人生だからこそ精一杯生きているのです。
失敗だって無謀なことだってします。
でも、それが人間だといえるのではないですか?
池田某を仏のように扱い、彼の言うことに絶対服従し、自分を失ってしまった宗教と無謀だけれど自分の意志を持って失敗しながらも生きる。
どちらがよいのでしょうかね?

>誰だって人生を有意義に幸せに送りたいと思って日々頑張ってるんですよ。 こんな事は人間として極々当たり前の事です。 でも、そういう思いとは違う結果になることも多いのが事実です。 ここが重要な分れ目です。 人生なんて所詮こんなもんだと半ば諦めて生きるか、それとももっともっと奥深く人生を見つめていくかの。 確固たる哲学がなければ多くの場合は前者になるんじゃないでしょうか? 特に日本人は念仏的な発想が強いのでその傾向があるように思います。
(略)仏法から見れば所詮私達の知恵なんてしれてます。 そんな物に固執して遠回りするよりかは、素直に信心に励んで人間革命し自他共に幸せになっていけるこの道を歩まれる事を切に願います。
何度も言いますがアンチの方にあなたを幸せにする力はありません。 自分の愚痴のはけ口としてこのようなブログを利用してるだけです。
愚痴はどこまでいっても愚痴の域を出ません。なんの価値も生みません。

→人それぞれじゃないですか?
何が有意義かは人それぞれ。あなたが決めつけることではないはずです。
少なくともあなたのおっしゃっているその独善的な主張こそ何も生み出さないと思いますけれど…
しかし、
人類が築き上げてきた『知恵』を所詮とは…
歴史を否定しているというよりかは自分(学会)たちを否定しているように私は感じましたが…
その仏法だってあなたのいう所詮の『知恵』から生まれたものではないですか

私は今自分の目標に向かって努力しています。
なかなか叶いません。「正直もうどうにでもなれ!!」とも思いますが、
私の夢を実現するには夢とあなたが所詮といった「知識」を深めなければならないのです。
あなたの言っていることは努力している人たちを否定しているように私は感じました。
非常に不愉快になりました。
「夢を叶えるために勉強をする」これが私の明確な哲学です。
人にはそれぞれ哲学があると思います。
学会の哲学がすべてかのような言い方をしている限り、学会がまともな宗教とはいえないと思います。
はっきり言います。
学会仏法などごときに私の努力や知恵を否定してもらわなくて結構
学会の言う仏法やら活動などに時間を使うのならばあなたの言った所詮の『知恵』をつけるために時間を使います。
その方がよほど有効で有意義な時間を過ごしているといえると思います。

キヨ様にはキヨ様の生き方考え方があると思いますが、それをあなた一人が何とかできるというのは思い上がりも甚だしいです。
あなた達は「信教の自由」を錦の御旗にしておりますが、キヨ様がいろいろ判断なされて、学会と距離を置いたことをあれこれ言うのでは「思想・信条の自由」に反しますよ。
あなた方がアンチの人を批判するのと同じことをしているどうして気付かないのですか?
中学生で習う憲法の基礎もご存じないのにどうして学会の掲げる仏法が正しいかのような表現をするのか、もう少しいろいろな知識を見聞されることをおすすめしますよ。同時に人の意見にもっと耳を傾ける努力をしてください。
それがアンチであるとかないとか関係なく
大人のマナーだと思いますが、
公共の福祉に反してまで折伏しても、距離を置いた人を無理矢理に戻そうとする権利は学会にもあなたにもないはずです。
以上
コメントされた皆様はじめまして
缶コーヒーのボウズと申します。
信頼していた友人が創価としり、強大な敵を知るには情報が必要と色々渡り歩いてこちらのブログに辿り着いた次第です。
瓦解様いつもながらズバッと決まったコメントすばらしいです。
是非、参考にさせて下さい
キヨ様今年もよろしくお願いいたします。
こうした独善的なコメントを友人の学会員に読ませてみたいです。
果たしてどんな反応を示すのか…
このようなことを発言しているから、いつまでも学会がまともであるという認識がないとどうして自覚できないのでしょうかね
新年早々ご苦労様でした。また、参戦させて下さい。

>ユーさん

こんにちは。

申し訳ありませんが、
この記事でのユーさんへのコメントは、今回で最後にしますね。
(いつまでも平行線になってしまい、有意義なやり取りが不可能なため)

ちょっと長くなってしまうかもですが、お時間ありましたら読んでください。

「人生なんて所詮死ぬまでの暇つぶし」(私の知人の座右の銘らしいです。)
ユーさんはこのような言葉は嫌いですか?
私は最初とても嫌いでした。私達日本人は「暇」という言葉の概念を
あまり良いものとして捉えていないからです。
(暇=無駄な時間を過ごす、みたいな感じで・・・)
それに「所詮」というフレーズも好めなかったので。。。

要は、心の余裕なんだなと。
私の大好きな漫画に『心に余裕のある生物(人間)、なんと素晴らしい!』
というセリフを言っている寄生体がいるのですが、その通りだなと思うのです。
心に余裕があると色々なことを考えられますからね。
献身的な行動ができたり、時に理屈に合わない行動をする。
身を着飾ったり、趣味を堪能したり、将来役に立ちそうもないことを学校で覚えたり、
宗教や芸術をも生み出してきました。心に余裕が無くては、こんなことできません。
(勘違いされては困るのであえて言いますが、趣味を持っているから心に余裕がある、
なんてことは言っていませんからね。)

私は、人生において余裕を失ってはいけないと思うのです。
私が出会ってきた学会員の方は、いつも余裕がなさそうな、
どこか急いでいるような、いつも神経を研ぎ澄ましているような感じでした。
私の母はいつも祖父母にキツい口調であたり、とても慈悲の心を持っているようには見えません。
役職が高く毎日会合や家庭訪問に奮闘し、体調を崩しても会合へ行こうとする、
心配して少しは休んだほうがいいよ、と声をかけると
「しょうがないでしょ、地区の人が待っているんだから。」と。
「しょうがない」という気持ちで活動をするのでしょうか?

そして、「この哲学でないとだめだ」と選択肢を狭めてしまえばしまうほど、
その人の人生はその哲学に左右され、抜け出せなくなる可能性が出てきます。
選ぶ権利すら無いように、「この信心をしなければ幸福になれない」と繰り返す。

相手の人生観を認めることもできないような人が、
果たして相手の気持ちを一番に考えることができるでしょうか。
相手の意見に耳を傾けられない人が、
自分の意見を聞いてもらえるのでしょうか。
無理に価値観を押し付けることが、どれほど相手の人生に大きな影響を及ぼすか、
あなたはそこまで相手の人生に責任を持つことができるのか、
「私は素晴らしい信仰を持っている、それを教えてあげている」のではなく、
もう少し同じ目線で相手と会話する必要があると思います。
同じ目線というのは、相手の話をよく聞き、理解し、認めることから始まるのではないでしょうか。

以上で、私からユーさんへのコメントを終了します。
コメントありがとうございました。

>ユーさんへ

相手を説得しようとするなら、相手の話をきかなきゃね。折伏でもよく出来る人は聞き上手ですよ。
学会員は原理主義的な精神構造になりやすいんですよ。カルトいわれてしまいます。

会合の時間

学会員同士で結婚して、男性の方が大幹部で、深夜まで会合があったりして、外飛び回っているんだけれど、家では題目あげてるの見たことない。それで嫁さんが愛想尽かして離婚。こんなことがよくありました。僕が学会員だったころは。

おはようございます。

誰だって人生を有意義に幸せに送りたいと思って日々頑張ってるんですよ。 こんな事は人間として極々当たり前の事です。 でも、そういう思いとは違う結果になることも多いのが事実です。 ここが重要な分れ目です。 人生なんて所詮こんなもんだと半ば諦めて生きるか、それとももっともっと奥深く人生を見つめていくかの。 確固たる哲学がなければ多くの場合は前者になるんじゃないでしょうか? 特に日本人は念仏的な発想が強いのでその傾向があるように思います。
キヨさんもいろいろ悩んで自分で考えて生きようとしているのは分かりますが、仏法から見れば所詮私達の知恵なんてしれてます。 そんな物に固執して遠回りするよりかは、素直に信心に励んで人間革命し自他共に幸せになっていけるこの道を歩まれる事を切に願います。

何度も言いますがアンチの方にあなたを幸せにする力はありません。 自分の愚痴のはけ口としてこのようなブログを利用してるだけです。
愚痴はどこまでいっても愚痴の域を出ません。なんの価値も生みません。
若いあなたがその様な生き方をするのはあまりにももったいないと思います。

>ほんとに凡夫さん

こんばんは!

いえいえ、余計な心配だなんて・・・
でも、皆さんが心配してくださる気持ちを
「心配しないで下さい」と私が片付けてしまうのもダメですよね。
以前「このようなコメントに時間を割くのではなく、本題の記事に力をいれて頂きたい」
と読者さんに言われたことがありました。
私の自己満足のために自分のブログをかき乱すのも、
管理人として、そして読者の方のためにも良くないと思っています。
これ以上平行線をたどるようでしたら(たどると思いますが・・・)
コメント禁止にするかはわかりませんが、撤退していただくつもりです。
その分、しっかりお話ができる皆様との時間をもっと持ちたいなと・・・
悩んでいる方がもっとコメントしやすい環境を作るのも大切ですよね。
まだまだ課題は山積みですが、より良いブログにするために精進していきますので、
これからもよろしくお願いいたします。
自分勝手な管理人で申し訳有りません・・・><

>ユーさん

ユーさんは、もう少し言葉の意味をちゃんと汲み取って
私のコメントを読んだ方がよろしいかと。
努力だけで解決するなら不幸になる人なんてほとんどいない?
そんなことは皆知っていることです。

どうやら変に誤解(それとも誤解していないのか・・・)
されているのではないでしょうか。
皆未来なんて予知できませんし、知る事も出来ない。
『どうなるか分からない人生をどうなるか分からない方法で生きていく』
これは、どうなるか分からないから「どうにかなるように」努力していくのです。
(どうなるか分からない、だから人は努力して知識や知恵を身に付けて生きていく)

なんだか言葉がごちゃこちゃして解りにくいですが、
要するに、この先どのようになるのか分からない人生を確実なものとしていくために、
受験して良い大学へ入ったり就職したりして人生を安定させよとしているのです。
これを努力するといいます。
しかしそれを「それじゃ努力する必要もないんじゃない? だって、どうなるか分からないんだもの」
と片付けてしまうのは、あまりにも稚拙です。
もう少しちゃんと私のコメントを読んで下さいね。
(というか、私がここまで細かく説明しないとわからないものですかね・・・)

私の生き方を最低と言うのは結構ですが、
私は自分の人生をこれからも有意義に過ごす為に日々頑張っています。
ユーさんは私に信心が素晴らしいと教えているような気でいらっしゃるかもしれませんが、
私にその言葉は響きませんし価値あるとも思えません。
私には創価学会の信仰は必要なかった、それだけの話です。
ユーさんには必要らしいので、あまり人に嫌われないよう頑張って下さいね。
創価学会特有の、「正しい者は弾圧される」と思っていますと、
相手の気持ちや考え方が全然理解できなくなってしまいますから^^;

そうですか・・

>キヨさん

余計な心配してすみません・・

ただ、ご存じかもしれませんがここのリンク先のブログでも年末に学会員が大暴れした形跡がありましたものでついつい・・
おせっかいをお許しください。


>創価瓦解さん

>お互いにアンチだから、敢えてやりとりするほどの食い違いがなかった

おっしゃるとおりで。
というか僕なんてキヨさんや瓦解さんのような方々のブログやコメントがあったからこそ、MCが解けたようなものですし。。
今回のことも、ちょっと出しゃばっちゃったかなぁと思ってます(汗)

>キヨさんは賢明ですから、ご自身でちゃあんと判断されると思ってますが、気にはなりますね。

ハイ・・相手のスイッチが入らないことを祈ります。

努力すれば大丈夫と思っているのはまだまだ本当の宿命に出会ってないからだと思います。 努力だけで解決するなら不幸になる人なんてほとんどいないと思いますよ。 みんな一生懸命に努力して生きていると思いますよ。
どうなるか分からない方法で生きていくって事を普通と言われてますが、それじゃ努力する必要もないんじゃない? だって、どうなるか分からないんだもの。 
キヨさんの話を聞いているとすごくナゲヤリな感じがするんだけど・・・確信を持てるものはない、それなりに努力はしてみる、でもどうなるか分からない。 なんか彷徨ってるみたいな生き方じゃない?
この考え方を営業マンに当てはめて考えるとよく分かると思いますよ。 お客さんにとって何をどう薦めていいかは分からない、でもそれなりにお客さんの事を考えて薦めてみる、その結果はお客さんにとって良いものになるかは分からない。
こんなスタンスの営業マンて最低だよね。 でも、キヨさんの生きるスタンスてこんな感じだよね。
それってどうなんだろう?

>ユーさん

>>キヨさん達はどうしてここに絶対に幸福になれる方法が有るのに
>>それを避けて通るのか私には不思議に思えてなりません。

ユーさんがどうしてそんなものがあると本気で確信しているのか、
私には不思議に思えてなりません。

>>どうなるか分からない人生をどうなるか分からない方法で生きていくなんて、
>>あまりにも無謀だと思います。
>>そのような生き方で、もし、脱出不能のような苦しみに直面した時に
>>本当に納得できるのでしょうか?

『どうなるか分からない人生をどうなるか分からない方法で生きていく』
これって普通じゃないですか?
どうなるか分からない、だから人は努力して知識や知恵を身に付けて生きていく。
どうなるか分からない「無知な状態」から「生きる知恵を身につけた状態」へ人間は成長できます。
それが普通であり、何も特殊なことではないと思います。

>>私は臆病で弱い人間なんで確実性の高いものを選んでいきたいです。

私も臆病なので、現実的な努力して自分を強くすることしかできません。
努力が自分を一番裏切らないですからね。

>>現実に私が想像もつかない様な不幸から見事に幸福へ転じられた方にもたくさんお会いしました。
>>そのような方こそが私の人生の本当の支えになって下さると確信していますし、
>>事実そうなっています。

そうですか。

>>ここにもアンチの方が来られていますが、その方達はキヨさんが絶対に幸福になれる保証ができるのでしょうか?

私は誰に対しても、絶対に幸福になれると保証などできません。
保証できることが凄いと思います。私はそこまで人の人生に責任持てません。
他の方も同じではないでしょうか?

>>キヨさんが本当に幸福な一生を築いていきたいと真剣に望むなら、
>>その確実な方法はこの信仰以外はありません。 

あの、私は今とても幸せですが、あなたは私の幸せを
「本当の幸せではない」とおっしゃるのでしょうか?
それは、私の人生を知らないあなたが容易く口にして良い言葉ではありません。
信仰を必要としていない人間に向かって、
「この信仰をしなければ幸せになれない」と発言することの行為自体、
常識のある人間がすることとは到底思えません。このブログを読んでいるのなら尚更です。
私が今迄どのような思いで創価学会と向き合ってきたか、わかりますでしょうか?
ユーさんには理解できないようなことなのでしょうか・・・
だとしましたら、もう少し他人の気持ちをわかるようになったほうがいと思います。
創価学会によって苦しめられてきた人がたくさんいることを、自覚して下さい。

>創価瓦解さん

こんにちは!
ユーさんへのコメントありがとうございます。
そうですね、何気に私も楽しんでコメントしているので、
自分が価値を見いだせなくなったらコメントはしないので大丈夫ですよ^^
それにしても、ユーさんのコメントは不特定多数の人が読んでいるということを
意識したコメントではない気がしますね。


>ほんとに凡夫さん

こんにちは!
お褒めに頂き恐縮です><;
いやあ・・・ユーさんを見ていると、年は離れているようですが
なんだか過去の私を見ているようで懐かしい気さえしてきます。
妄信者の時は周りが見えていなかったので、このようなブログを書いていると
いかに自分の価値観が世間離れしていたのかを実感させられますね。
私のブログには「活動家の方でも耳を傾けてくれる人」は
いらっしゃっていないので、いつかそのような方と議論できたらと思うと楽しみです。
瓦解さん宛にも書きましたが、趣味(とはちょっと違うかもですが)の一環として
楽しんでいますので大丈夫ですよ^^心配してくださりとても嬉しいです。


>夢遊さん

恐らく祈る事によって自分に強く暗示をかけ、
願いを叶いやすくするという効果はあると思います。
やる気のバロメーターが違ってくるのかな・・・と思いますが、
私は別に「創価学会」でなくてもいいと思っています。
暗示のかけかたの違いであって、「祈りの叶いやすさの度合い」
には関係が無いのではないかと・・・


>ハヌマーンさん

>>祈るだけでは開かない道もある。
>>祈りが助けになるときもある。

そうですね、その通りだと思います。
なので絶対に祈れば叶う!と言って折伏するのはね・・・・
「叶うまで祈る」のが学会精神だと言っていた方もいましたよ^^;
「祈れば叶う」と「叶うまで祈る」は全然違いますよね。

キヨさんも私も幸福な人生を送りたいと思ってる事に違いはないと思います。 しかし、それに対しての取り組み方は大きく違ってますが。

キヨさん達はどうしてここに絶対に幸福になれる方法が有るのにそれを避けて通るのか私には不思議に思えてなりません。 どうなるか分からない人生をどうなるか分からない方法で生きていくなんて、あまりにも無謀だと思います。
そのような生き方で、もし、脱出不能のような苦しみに直面した時に本当に納得できるのでしょうか?

私は臆病で弱い人間なんで確実性の高いものを選んでいきたいです。 現実に私が想像もつかない様な不幸から見事に幸福へ転じられた方にもたくさんお会いしました。 そのような方こそが私の人生の本当の支えになって下さると確信していますし、事実そうなっています。

ここにもアンチの方が来られていますが、その方達はキヨさんが絶対に幸福になれる保証ができるのでしょうか? 私には結論なき空論を無責任に吐き出しているようにしか思えません。
キヨさんが本当に幸福な一生を築いていきたいと真剣に望むなら、その確実な方法はこの信仰以外はありません。 今は解からなくても必ず解かる時が来ると思います。


>ユーさん

おはようございます。

>>病気を治すためにあえて苦い薬を飲ませたり辛い治療をするのと一緒で、
>>その人を救うために何が必要なのかを理解しないといけません

病気でしたら、医学の知識があれば治せる可能性は高くなります。
適切な治療法・薬があれば、ほとんどの病気は治るでしょう。
しかし、辛い、苦しいという心の負担は、決まった治療法で治せるという
型にはまった方法などあるでしょうか?
『病気を治すためにあえて苦い薬を飲ませたり辛い治療をするのと一緒』
とおっしゃっていますが、一体何がどう同じなのか、私にはわかりません。

『その人を救うため、何が必要かを理解しないといけません』
おっしゃる通りだと思います。
しかし、容易く理解できないから人間は抗っているのではないでしょうか。
ユーさんは相手にとって何が必要なのか、
その仏法を持っていれば理解できるとでも言いたいのですか?
そう思うのは自由ですが、相手の心を理解することがどれほど難しいか、
ユーさんならおわかりですよね?生きていれば何度も経験することです。

「苦しみにぶつかった時に必ず解決する方法」
がこの世に存在するとしたら、それがどれほど危険なことか。
どうしようもない状態があるからこそ、それを実感するからこそ、
人はそれを極力回避しようと頑張るものです。
あなたがその根拠も無い安心感を持つ事が悪い事だとは言いませんが、
私は生きていく上でそのような安心感は必要有りません。

>>相手が嫌がるからすすめないは、結果において無慈悲となってしまいます。 
>>相手の事をどれだけ真剣に思えるかです。

ユーさんはそれ(相手が嫌がってもすすめること)が慈悲の心だとおっしゃいますが、
私は宗教において「相手が嫌がる事はすすめません」。
ようするに、価値観の押しつけになるのですよ。人生哲学の押しつけです。
相手の人生観を尊重しないで、何が慈悲の心なのでしょう。
私には、学会妄信者の勧誘活動は、優しさと迷惑をはき違えているようにしか見えません。

ごく当り前のことですが

ほんとに凡夫さん

こんにちは^^
いろんな所で出会っているのに、一度もやりとりはしていませんでしたね。
お互いにアンチだから、敢えてやりとりするほどの食い違いがなかったからなのかな?
そうそう、表現を褒められるのは嬉しいけれど、同時に赤面してしまいます・・・素人文章修行もどきの最中ですので^^;

>ですから、人によっては・・スルーという手段をとられても別に問題ないのではないでしょうか・・

そうですね、同じことの繰り返しですから。
あくまでも非学会の人(特に学会員と話をしたことがない人など)に対して「ほうら、バリ学会員ってこういうのだよ!」「こういうのは例外ぢゃあないよ!」と知らしめるにはいいけれど、相手をすることで心身に影響が出たり生活に余裕がなくなっては本末転倒なので、それは避けてほしいですね。
キヨさんは賢明ですから、ご自身でちゃあんと判断されると思ってますが、気にはなりますね。


ハヌマーンさん

祈りの効用については、ハヌマーンさんの仰る通りだと思います。
「場合による」ということと「絶対化&一般化」は危険であるということは、創価に限らず言えることだと思います。
そのことに思いを馳せられるかどうかは、想像力・・・ほんの少しの想像力を働かせることだと思います。

必ずとか絶対とか…

「ユーさんが書けば書くほど創価学会の印象が悪くな」っている読み手の一人です。

> 祈っていけば必ず道は開ける
「必ず」って言わなくても、いいんじゃないでしょうか。
祈るだけでは開かない道もある。
祈りが助けになるときもある。
そのように思えばいいのではないかしら。
そう考えちゃうのは私には所属する宗派がないからなのかしらぁ。
そう思えない宗教なら、どんな宗教でもどんな宗派でも私は創価学会と同じ印象を持ちますねぇぃ。

祈りの効用

祈っていけば必ず道は開ける・・・っていうのはある意味本当のことだと思います。科学的な説明ができるわけじゃないんですけど、気というか念というか、そういうエネルギーが発生したり、よい智恵が湧いてくるってことはあるんじゃないかと・・・他の宗派も含め「祈り」についての一般的な話ですけど。

はじめまして

どうも!
はじめまして。
非活一年生の20代です。

いろいろな記事を読ませていただいております。
非常に丁寧な文章で、コメント欄を含めまして共感しております。

大変恐縮ですが、下のやり取りに関してちょっとコメントさせていただきます。

どんな方でも一貫して必ず返答なさるというキヨさんの姿勢には、やはり女性は強いな、という一言に尽きるしだいです。
キヨさんは優しすぎます(感涙)
あ~あ、あなたのような女性が僕の周りにも現れないかな~

ゴホン、しかし、創価の方に限らず、世の中にはどうしても分かり合えない人間がいることも事実かと思います。
今ここであまり真摯にお答えになっても、相手が心を開くことは無いかもしれません。

創価思想でアイデンティティを保っていらっしゃる方々にとっては、こういったブログが数々存在することもまた、身を切られる思いなのではないでしょうか?
そういった方にいくら正論をなげかけても、「創価の正論」が帰ってくるだけな気がします。

率直に申し上げて、僕には建設的な議論をしているというより、やはり「攻防戦」を繰り広げているように映ってしまいます。

たまーに活動家の方でも耳を傾けてくれる人がいらっしゃるようですが、そういった方が現れたらいくらでも議論されたら良いと思います。

ですから、人によっては・・スルーという手段をとられても別に問題ないのではないでしょうか・・

キヨさん自身、創価問題には十分すぎるほどご苦労なさっているはずです。
これ以上こういった方と、まして実生活以外で取り合う必要はないのではないでしょうか?

突然出てきて、えらそうなこと言って、ご気分を害されたら申し訳ありません。

これからもこのブログを陰ながら応援しております。それでは


>創価瓦解さま

はじめまして。
いつもいろいろなところでコメントを拝見させていただいております。

>金太郎飴のように

いや~毎度毎度、感服いたします。
僕もそんな絶妙な言い回しができたらいいな~とつくづく感じるしだいです。

研ぎ澄まされた正論であればあるほど、出てくるのはきれ~な「きんたろさん」のお顔なんでしょうね・・あぁかなし。。

読み手を意識しないとね

ユーさん、典型的な活動家学会員が書く、想像力の欠如したコメントの繰り返しですね^^;
こちらもワンパターンかもしれないが、はっきりと書きます^^

創 価 の 仏 法 が 絶 対 正 し く 人 を 救 う 唯 一 の も の だ と い う コ ン セ ン サ ス な ど 、 一 般 社 会 ( = 非 学 会 社 会 ) に は あ り ま せ ん !

こんな「基本的な社会状況」の認識もできないから、ユーさんのコメントには説得力がないのです。
選民意識にまみれて「学会の教えが唯一絶対正しい」と言い、非学会員に通じる言葉で説明ができないのなら、ガキが喚き散らしているのと同じです。

「 あ な た の た め 」 を 錦 の 御 旗 に 掲 げ れ ば 「 迷 惑だ 」 と 言 っ て い る 人 に 「 創 価 の 価 値 観 と い う 反 吐 の 出 る も の 」 を 押 し つ け て い い と い う も の で な い こ と は 、 社 会 常 識 の あ る 人 に は わ か る は ず で す 。

池田教の奴隷となっているバリ学会員にはそういう常識がないから、金太郎飴のように「学会内でしか通用しない内容を学会内でしか通用しない表現方法で行う」ということを繰り返すばかりです。

い い 加 減 「 ユ ー さ ん が 書 け ば 書 く ほ ど 非 学 会 の 読 み 手 の 学 会 へ の 印 象 が 悪 く な る 」 と い う こ と に 頭 を 働 か せ た ら ど う で す か ? 

非学会員と内部アンチ&非活動学会員に対して説得力がなきゃあ自己満足にすぎないのですから。
聞く耳を持たないかもしれないが、バリ学会員でない読み手がいることを忘れないように!


キヨさん
御苦労さまです^^;
まあ健康や仕事などの優先事項に影響を及ぼさない程度に対応して、飽きてきたら相手しなけりゃいいと思います。
どうせユーさんのコメントに説得力を感じて学会に肯定的興味をもつ非学会の読み手など、いるわきゃあないですから^^

信心の話をして受け入れられなかったら、その人には必要ないんだと単純に思うのは仏法を知らないからです。 病気を治すためにあえて苦い薬を飲ませたり辛い治療をするのと一緒で、その人を救うために何が必要なのかを理解しないといけません。
相手が嫌がるからすすめないは、結果において無慈悲となってしまいます。 相手の事をどれだけ真剣に思えるかです。 
スポーツなどの一流選手でもそうなるまでは何度も何度も指摘され怒られて来たんじゃないでしょうか? 指導する方も真剣、受ける方も真剣であって初めて成就するんだと思います。 人生の幸・不幸に関わる事なら尚更です。
お節介ををやいてくれる親や先輩や友達がいて初めて人間は成長できるんだと思いますよ。 
自分一人で一人前になることなんて不可能ですし、もしそんな事ができると思っている人はきっと浅はかな人だと思います。

>ユーさん

>>あなたが解決方法を分からない様な事でも解決の方途を
>>具体的に示せる人が学会の中にはたくさんいますよ。

学会員でなくても示せる人もたくさんいますよ。
というかこれは人数の問題であって、
「学会員だからたくさん解決方法を持っている」には
ならないと思いますが・・・

>>「わからない」しアドバイスできる人も知らなかったらどうしようもないんじゃない?

それは手の施しようが無い時なのでどうしようもありません。
できないものはできない、自然なことです。
自分ができることをした結果解決できなかった、
何かおかしいでしょうか?

>>苦しんでいる人がいたら私は信心の話をします。 
>>相手が聞き入れるかどうかは次の問題です。

相手が迷惑だとわかっていても信心の話をするのですか?
それは余計なお世話と一般的に言うのですよ。
別に信心の話をするのが悪いとは言っていません。
話して受け入れられなかったら「この人には必要無いんだ」
となぜ思えないのでしょうか?

>>苦しみにぶつかった時に必ず解決する方法を知って生きるのと、
>>そうでないのとは精神的にも現実的にも全然安心感が違うと思いますよ。

私は「必ず」解決する方法など存在しないと思っていますので、
逆に安心できますけどね。

>>そのために若いうちから確固たる哲学を持って生きることが必要なんだと思います。

哲学って、人それぞれだと思います。
この哲学が一番素晴らしい!なんて言えません。
私は大人になっていくにつれて、徐々に自分の信念みたいなものを
築くき上げていけばいいんじゃないかなと思っています。

あなたが解決方法を分からない様な事でも解決の方途を具体的に示せる人が学会の中にはたくさんいますよ。 「わからない」しアドバイスできる人も知らなかったらどうしようもないんじゃない?
苦しんでいる人がいたら私は信心の話をします。 相手が聞き入れるかどうかは次の問題です。何故ならこの信心を信じて行動すれば必ず解決することを知っているからです。
苦しみにぶつかった時に必ず解決する方法を知って生きるのと、そうでないのとは精神的にも現実的にも全然安心感が違うと思いますよ。

心の持ちようで何とかなるうちはまだまだいいんですよ。そうじゃない事が起こってくるのが人生なんです。 そのために若いうちから確固たる哲学を持って生きることが必要なんだと思います。

>ユーさん

>>もし、相手が同情や励ましはもういい。
>>それよりも私の苦しみを根本的にどうにかして欲しいと言われたら、
>>あなたはどう答えるのかな?

私でしたら、その相談内容にもよりますが
自分の体験の中でアドバイスしたり、
同じような体験を持っている人を知っていたらその人から聞いたり、
ネットで情報収集するなりしますね。
それが相談するっていうことだと思いますし。
しかしアドバイスできることばかりではないので、
私の器量範囲外のことだったら正直に「わからない」と言いますよ。
「そのようなケースに直面したことがないからアドバイスしようがない」と。
適当なアドバイスをすることの方が良くないと思いますからね。
ではユーさんならどうするのですか?創価学会を教えてあげるのですか?

>>結果、その苦しみに苛まれている人はいつ終わるともしれない苦しみに
>>耐えるしかない事になりますよ。 励ましてあげたり愚痴を聞いてあげたりしても、
>>それこそ自己満足の域を出ないのではないでしょうか?

苦しんでいる→相談する→アドバイスを受ける、これではだめなのでしょうか?
学会では仏法を教えてあげることが最高の慈悲と教えられていますが、
私はもっと現実的な解決策をお互いに探した方がいいと思っています。
それを放棄されて、「それよりも私の苦しみを根本的にどうにかして欲しい」と言われても、
何の解決にもなりませんからね。

>>どんな事が有っても必ず勝利していくためにみんなやってるんですよ。

そうですか、頑張ってください。
私はその仏法を強要してくるのが嫌だと言っているだけですからね。

>>キヨさんはまだまだお若いのだから愚痴を言い合うような生活じゃなくて、
>>もっともっと前向きな生命力溢れる考えを持たれた方がいいと思いますよ。

愚痴を言わない生活なんて私には無理です(^_^;)
辛いこと、悲しいこと、人生にはたくさんありますから。
大切なのは、愚痴を言わないことではなくて、
それを乗り越えていこうとする心の持ちようだと思いますよ。

おはようございます。

相手の事を思いやり心配し、励ましてあげることは大切なことです。しかし、そこから先はあなたがいくら思いやってもどうにもならないのが事実じゃないですか? もし、相手が同情や励ましはもういい。それよりも私の苦しみを根本的にどうにかして欲しいと言われたら、あなたはどう答えるのかな?
その時に私はそんな方法持ち合わせていませんので、知りませんと言うの? 現実はそうなるでしょう。 結果、その苦しみに苛まれている人はいつ終わるともしれない苦しみに耐えるしかない事になりますよ。 励ましてあげたり愚痴を聞いてあげたりしても、それこそ自己満足の域を出ないのではないでしょうか?

この仏法は現実と戦い現実に勝っていくためのものです。決して観念論でもなんでもないです。
どんな事が有っても必ず勝利していくためにみんなやってるんですよ。
安同情や愚痴の吐きあいなどはどんなに積み重ねても根本的には何の解決にもならないですよ。

キヨさんはまだまだお若いのだから愚痴を言い合うような生活じゃなくて、もっともっと前向きな生命力溢れる考えを持たれた方がいいと思いますよ。

>ユーさん

こんにちは。
救えるか救えないか、とおっしゃっていますが、
苦しみの中にある人を確実に救う方法なんて存在しないと思います。
皆それぞれの苦しみを背負いながらそれをどう克服しようか悩み、苦しみ、
同じような体験をしている人の気持ちや意見を聞きたいと思い
集まるのがこのようなブログなどだと思っています。
こういう場で意見交換したり、愚痴を吐き出したりすることで楽になるのも、
一種の「救われた」ことだと思います。以前書き込みしてくださった学会員さんは、
このような場を”弱い者同士の傷の舐めあいだ”と言っていました。
私は傷の舐めあいで何が悪いのか?と思います。
人間は弱い、だから集まって社会を作って生き、生涯支えとなってくれるものを
探しつづける生き物だと思っています。

話がそれてしまいましたが、

>>本当に苦しみを取り除いてあげられないのなら、
>>いくら心配してあげても究極的にはなんの解決にもならない
>>単なる安同情って事になるんじゃないですか?

安同情だとしても、何がいけないのでしょうか?
「単なる」という言葉でくくり付けて終わりですか?
私はそうは思いません。

全ての苦しみを取り除いてあげることが解決法だとユーさんは主張しますが、
全苦しみから救ってあげないといけないのだとしたら、
ユーさんはそのとてつもなく大きな覚悟も常に持って仏法対話をしているのでしょうか。
他人の人生の細部まで責任を持ち、苦しみから開放されるまで常に相手を支え、
苦しみを終わらせるための努力を惜しまないのでしょうか?
私はまだ20数年しか生きていない小娘ですが、
相手の人生を幸福にするのがいかに難しいか、日々実感しています。
自分の苦しみさえ満足に取り除けないのだから当然です。
でも、それが人間だと思いますし人間らしい心だと思います。

ユーさんが創価学会を信じ、法華経を信仰するのは自由です。
しかし、それを強く主張するあまり不快な思いをしたり傷ついたりした人が
一人もいないと言えませんよね?
この場は、創価学会によって苦しめられた人が多く集う場なのです。
それを”安同情”などという言葉でくくりつけて満足しているのだとしたら、
ここに集っている人々を救うことなんて到底不可能なことです。

「運が悪かった」とは言わなくても救える方法を知らないのなら、相手に対しての与える結果は同じ事になりますよ。 要は救えるか救えないかです。
本当に苦しみを取り除いてあげられないのなら、いくら心配してあげても究極的にはなんの解決にもならない単なる安同情って事になるんじゃないですか?
キヨさんは今世限りの人生と思って生きているんでしたよね? 仏法は過去・現在・未来の三世を通じた考えの上に成り立ってますので、根本的に物事へのスタンスが違ってくると思います。
永遠なるものを見つめなくなると、往々にして近視眼的な生き方になる傾向が有るかと思います。
歳を重ねてもっともっと人生経験を積んでいく中で徐々に分かってくると思いますので、自分の信じる道を突き進んでください。 

>ユーさん

>>時代により本当に人を救える法が存在してたので、それによって救われてたんですよ。

そうなんですか、そう教えられていたのは知りませんでした。
何も根拠も無くて理解はできませんが。

>>「運が悪かった」はちょっと冷た過ぎるし、念仏思想的でいただけませんね。
>>本当に不幸に泣く人が聞くと怒っちゃうよ。

言い方は冷たく聞こえますが、極論はそうだと思っていますよ。
ただし、不幸な人を目の前にして「あなたは運が悪かったから仕方ない、諦めるべきだ」
なんては言いません。(というか言いたくありません)
私も過去に本当に辛い思いをしましたが、「運が悪かった」と思っています。
自分の過去世が○○だからだとか、そんな風には思いません。
同じような体験をした人は世の中にいますし、
そのような事が起きない世の中にしたいと思い頑張っている人もいます。
その人達に向けて、「この仏法を信じれば必ず苦しみから開放されるよ」
なんて根拠のないことを言いたくないのです。
念仏的思想かはわかりませんが、私はそう考えています。

仏法の正・像・末て分かりますか? 時代により本当に人を救える法が存在してたので、それによって救われてたんですよ。

「運が悪かった」はちょっと冷た過ぎるし、念仏思想的でいただけませんね。
本当に不幸に泣く人が聞くと怒っちゃうよ。

>ユーさん

こんにちは!
明けましておめでとうございます。

>>「祈れば必ず道は開ける」これって本当ですよ!
>>もし、この法則が存在しなければ、抜き差しならない宿命に泣いている人は
>>永遠に救われない事になっちゃいますもんね。

う~ん・・・では、創価学会が信仰している仏法がまだ存在しなかった昔は、
その抜き差しならない宿命に泣いている人は一体どうしていたのでしょうか?
私は、ユーさんのおっしゃる『自身の努力とかそういう問題を超越したような不幸』は、
「運が悪かった」としか捉えていません。
どうしても覆せない事って、人生の中でどうしても出てくると思います。
大抵はそれを個人の努力や周りの支えによって克服なり軽減するのだと思います。

「祈れば必ず道は開ける」これって本当ですよ!
もし、この法則が存在しなければ、抜き差しならない宿命に泣いている人は永遠に救われない事になっちゃいますもんね。
キヨさんは幸せな家庭で守られて育ったからなかなか実感できないと思いますが、世の中には信じられない想像を絶する宿命の人がいるんですよ。
自身の努力とかそういう問題を超越したような不幸があるからこそ、仏法の必要性も存在意義もあるんですよ。

キヨさんも40歳くらいになると思想・哲学の大切さをもっと実感を持って考えられる様になると思います。

>ミントさん

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

>>祈って結婚できるならどんだけでも祈るっちゅうねん!
>>といっつも思っておりますミントです。

私もそう思います(笑)
祈って最高の結婚相手が見つかるのなら
この世の女性皆祈っちゃいますよね。

教会での結婚式って本当に綺麗ですよね~(^^)
是非是非彼様にも見てもらいましょう!

>ハヌマーンさん

明けましておめでとうございます(^^)
今年もよろしくお願いします。

いやいや・・・空想なんかじゃ・・・決してないです!
それにしても、24時の会合って・・・男子部はそんなに忙しいのでしょうか??
凄まじいですね・・・しかも平日(゚-゚;)!?
何をそんなに話し合うことがあるんですかね・・・

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いしますー。

>>祈っていけば必ず道は開けるから大丈夫

全くもってなんていうかなんの解決にもなってないですもんね。
恋愛問題はどうやっても祈って解決はないと思いますよ・・・
祈って結婚できるならどんだけでも祈るっちゅうねん!
といっつも思っておりますミントです。

今度の週末、友達の結婚式があるんですよー。
彼に送ってもらうので教会式だけでも覗かせて私の憧れを見てもらおうかなーと目論んでます^^

今年もよろしくお願いします☆

あけおめっす!

これ読んで、ハヌマーンさんの頭の中で、こんな空想物語が。
===
とある会館での男子部会合。
Aさんが言いました。
「彼女がなんだか怒ってるんです。でも何に怒ってるのか全然私にはわかりません。ちょっと深夜1時の約束を深夜3時になりそうだって連絡しただけなのに。彼女が連絡はちゃんとして!っていつも怒るからちゃんと連絡したのになんで私が怒られるのかわかりません。」
みんなが言います。
「大丈夫。祈れば必ず道は開けるから。」
ゲッキョ、ゲッキョ、ゲッキョ…。
そんな会合も平日火曜日の24時なのでした。
===
これって、空想?そうなの?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/84-9090af2c

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。