創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学会員の人は「正義は弾圧される」と言って、
創価学会がバッシングされていることを正当化している傾向があります。

『弾圧されるのは「難」であって、
真の法華経を流布する者の宿命だ』

極端に正当化しすぎているように思えます。
なぜ「難」なのかをちゃんと説明してほしいものです。
「御書にそう書いてあるから」は通用しませんね。
そんなことを言ったら余計バッシングされる理由を作ってしまうだけですから。

正論を言っている人が弾圧されるのはよくわかります。
やはりこの社会で何が正しいか、正しくないかを追及すれば、
自然にそれを押さえつけようとする力は出てくるでしょう。

しかし、正論を言っている人には必ず「味方」ができるのです。
どんなに弾圧されようと、必ずできます。


創価学会はどうでしょうか?
外部で学会のバッシングを守ってくれる人は多いですか?
学会の精神・価値観・教義を知った上で、
見返りを求めず全面的に協力してくれる人が多いでしょうか。

私はそう思いません。
学会・または学会系列内部で自分たちを守っているだけに見えます。

なぜ弾圧され、バッシングされるのか。

これをちゃんと考える学会員が少なすぎると思います。
盲目的に「学会は正しい」と思い込んでしまっているのです。
それに、「頭ではわかっているけど・・・」では何も解決しません。
どうしたら良いのかを話し合い、行動に移すことが必要ではないでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

>SAOさん

コメントありがとうございます^^
全然ズレているとか思わなくていいですよ^^

>>最近の同時中継に行くと、しきりに”師弟”について言われます。
>>「師匠のために」「先生のために」「親子より師弟」
>>池田先生自身がそうおっしゃるんです。
>>なんか納得できなくて。。
>>キヨさん、どう思いますか?

う~ん・・・そうですね・・・
私は師匠よりもっと身近な人を大切にしたいですね。
そもそも、師匠なんて呼べる人がいないというのもありますが、
他人の為にする宗教は私にとっては魅力的ではないので
頑張って師匠のために戦っている人の気持ちが知りたいです。
要するに、池田氏が「私の為に戦いなさい」と言っているようなもので、
そのようなセリフを言っている人を師匠にはしたくないですね。
「師弟の絆」とかは何か方向性が間違っている気がします。
師弟の絆よりも、その信仰自身との結びつき(例えば法華経とか)
が大切なのではないのでしょうか?
あくまで池田氏は学会のまとめ役であり崇拝対象ではないと思います・・・。

この記事とはズレてる内容かも知れないけど、キヨさんごめんなさい。

最近の同時中継に行くと、しきりに”師弟”について言われます。
「師匠のために」「先生のために」「親子より師弟」
池田先生自身がそうおっしゃるんです。
なんか納得できなくて。。
キヨさん、どう思いますか?

>釈迦ファンさん

こんにちは!

>仮に、「学会の持つ教義は正しい」という立場にたったとしても、多くの批判を受け
>「弾圧」されるような手法は、「真の法華経を流布する」ことの妨げになるはずであって、
>正しくない手法といえるでしょう。
>例えば、「次の選挙は公明党に」と言われることで、逆に入れたくなくなる人も
>多くいることを知るべきです。

その通りだと思います。
結果的に「妨げになっている」ことには変わりないですものね。
公明党に投票してと頼まれて、良い気持ちになる人が
どれだけいるのでしょうか。少なくとも私の周りの友達にはいませんでした。
快く承諾してくれていたとしても、本当に「快く」かは
その本人にしかわかりませんものね><;

「弾圧されるのは、われわれが正しいからだ。その証拠に、そのように~に予言されている。」
様々な宗教カルトで使われる、ありふれた方法ですね。

創価学会版に関しては、大本のソースは法華経だと思います。
法華経でそのように書かれているのは、おそらく大乗仏教運動において、既存の経派との軋轢があったからでしょう。
日蓮さん自身も、いわば法華経原理主義者ですし、さらに自分の体験に照らして、このような事を信じていたのかもしれません。

> 盲目的に「学会は正しい」と思い込んでしまっているのです。
> それに、「頭ではわかっているけど・・・」では何も解決しません。
> どうしたら良いのかを話し合い、行動に移すことが必要ではないでしょうか。

仮に、「学会の持つ教義は正しい」という立場にたったとしても、多くの批判を受け「弾圧」されるような手法は、「真の法華経を流布する」ことの妨げになるはずであって、正しくない手法といえるでしょう。
例えば、「次の選挙は公明党に」と言われることで、逆に入れたくなくなる人も多くいることを知るべきです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/70-971a6cd0

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。