創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こうやって彼の帰りを待ちつつブログを書いていると、
日本は本当に恵まれているな~・・・とつくづく実感します。

自分のやりたい仕事を目指せる。
食べ物にも不自由しない。むしろダイエットしないと私・・・
ネットも使い放題、部屋には最新ゲーム機。
新しい新居も決まって、週末にはお酒を飲める。
職場の人間関係も恵まれているし、仕事も楽しい。
そして何より、大好きな人と一緒にいられる。

こんなこと書き連ねると、なんだか学会員さんに
「そんなの本当の幸せではない、その幸せはいつか崩れてしまうもの。」
と言われてしまいそうですが、現世利益を追求しないで
一体何を追求するのか、と私は思います。

現世利益(そもそも現世しかないと思っている私ですが)が
満たされて心も楽しく豊かになっていく人は多いのではないでしょうか。
おそらくほとんどの人が周りの環境が豊かになるのを望むはずです。
豊かになっている人を見て「いつかは終ってしまう」と言うのは
正直ただのひがみに聞こえます。
まるでお金持ちになって喜んでいるのが悪いかのように・・・

私はお金持ちになろうと努力することはとても良いことだと思います。
(その為に闇雲に人を傷つけて悪質なことをして・・・とかは最悪だと思いますが)
高給料を狙って仕事を選ぶもの、安定した公務員を選ぶのも、
どちらも良いと思いますし「そんなお金ばっかり・・・」とか思いません。

現に私も次に転職する仕事が今の仕事よりかなりの給料落差があったら
おそらく転職したいと思わないと思います。
よほど「給料下がってもやりたい仕事」だったら話は別ですが、
たとえそれほどやりたい仕事だったとしても、私は将来を考えて
貯金したりする必要があるため諦める可能性が十分あります。
現にそのお給料で生活できなかったら選べませんし^^;

現世利益、今の生活水準を向上させる為にすることは、
私にとってはとても大切なことであり一生のテーマでもあります。
でも私は今の生活がとても楽しくて幸せなだあと思います。
だからこういうブログも書けますし、資格の勉強も苦になりません。

幸せの基準は、人それぞれです。
私のような生活水準で幸せを得られる人もいれば、
収入が少なくても夢を目指して幸せな人もいます。
ゲームがなくても、パソコンがなくても、
幸せになれる人はいくらでもいると思います。
実際私の友達は、すごく節約して生活も苦しそうですが
とても幸せだと言っていました。

本人が幸せならそれでいいと思うのですが、
それを「あなたの幸せは表面だけでいつか終ってしまう!だから
この信仰が必要なんだ!」とおしつけるのはいかがなものでしょうか。
私は、共感はできません。


スポンサーサイト

コメント

>釈迦ファンさん

おはようございます!

>私は、大体の場合、本当の目的は心の中にあるのだと思います。
>例えば、心の平穏や豊かさなどが、本当にほしい現世利益であって、財産や地位だとか、
>諸々の「現世利益」だと思われていることは、本当は、そのための手段なんではないでしょうか。

そうですね、確かに、その通りです。
私の言っている「現世利益」というものは、
心が豊かになる手段として大切、ということです。
お金があっても幸せじゃない人ももちろんいます。

しかし、何か変だな、と思うことがあります。
例えば、ボランティアが生きがいで海外へ行って必至に
貧しい人のサポート(医療など)をしている人と、
お金を稼ぐことが生きがいで必至になって
会社のために働いていて稼いでいる人、どちらも凄いと思いますが、
前者の方が社会では賞賛されたりしませんか?

「海外をいう見知らぬ場所でボランティアする」
「利益を求めず見返りも求めず偉い」
「普通はそんなことできない」

もちろん、前者が偉くないなんて言っていませんし、
思ってもいません。凄いなあ・・・私にはできないなあ・・・
と思います。しかし、社会は天秤にかけたがります。
「どちらが凄いか」ということをです。
恐らくマスメディアなどの関係なのでしょうが、後者を取り上げても
「商品(番組みなど)としての価値は前者の方が高い」
ということなんでしょうね。

そしてもう一つ、世界はお金に貪欲な人をあまり良く
思わない傾向があります。
例えば元ライブドアの社長、堀江さん。
彼は「人の心はお金で買える」という発言をして注目を浴びましたが、
実際、私も彼も、この意見には賛成です。
今の人間にはきっと、「そんな!心はお金では買えないよ!」と
「信じたい・思いたい」気持ちがあるのでしょう。
お金によって人生を狂わせて行った人達がいる以上、
「心はお金では買えない」とは言えないと思います。

話が飛躍してしまいましたが、
幸せになるための手段である「現世利益」。
これを薄っぺらいと否定している学会員の方は、
何を基準に「薄っぺらい」と言っているのかを言ってほしいものです。

私も「日本に生まれてよかった」と思う一人です。

「現世利益」については、本当にほしい「現世利益」はなんなのか、が問題になるんではないでしょうか。

私は、大体の場合、本当の目的は心の中にあるのだと思います。
例えば、心の平穏や豊かさなどが、本当にほしい現世利益であって、財産や地位だとか、諸々の「現世利益」だと思われていることは、本当は、そのための手段なんではないでしょうか。

手段と目的を履き違えてしまうと、時として悲しい結果に陥ってしまうこともあるのかもしれません。

>仏法とはさん

こんにちは!コメントありがとうございます。

>ただ、大金持ちになって庶民感覚が無くなり、地に足がつかなくなったら駄目だと思います。
>物の大切さや、いのちの尊さがわからなかったら、人間として価値がありません。

この点に関しては、私も同意見です。
例え庶民感覚がなくなったとしても、
思いやりがなく、命を粗末にしていてはいけないと思います。
私は、貧しい人が全員こころが豊かで理解のある人だとは思いませんが、
生まれたときから裕福でお金の大切さや物の大切さがわからない
人間に育たなくてよかったと思っています。

私も、日本の国は良い国だと思います。
現世利益は大変結構だと思います。
ただ、大金持ちになって庶民感覚が無くなり、地に足がつかなくなったら駄目だと思います。物の大切さや、いのちの尊さがわからなかったら、人間として価値がありません。

「雑草にも名前がある」と言われたのは、昭和天皇でした。

聖書に「貧しきものは幸いなり」との言葉がありますが、貧者は「ものの尊いことがわかっている、こころが豊かな人」だと解釈しています。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/64-0815dd5c

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。