創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今ふと思い出したのですが、
私が小学生の時に御書講義にとある地区部長の家へ行きました。
小学生なので内容はとても簡単だったと思います。
地区部長・小学生5~6人・小学生の親3人ぐらいいたと思います。
私の母は来れなかったのですが、行く直前に言われた一言。

「あのおじさん、ちょっと変な所あるから気をつけなさいね。」

この言葉の意味がよくわからなかったのですが、
とりあえず地区部長の家へ行きました。

御書講義を受けていると、熱の入った講義に空気が熱くなります。
講義はどんどん白熱してきました。
方言が混じったよく聞き取れない口調で講義する部長さん。
すると、

いきなり私の手を握り締めて「キヨちゃんわかるかい!?」

私は怖くて「は・・・はい」みたいな感じでした。
そのまま手を握るのは続行。おまけに顔をどんどん近づけてくる始末。
今考えると非常に不快な思いをしました。

帰ってきてお母さんに

「キヨ大丈夫だった?普通にできた?」

ともう一度言われて初めて言葉の意味がわかりました。

これって・・・完全にセクハラなんですけど。

女児童の手をいきなり握り締めて顔近づけて
わけわからない口調で講義するのはやめましょう。
ただの変態だと思われます。

っていうか、お母さんわかってたの!!???

って感じなんですけどね。
よくそんな場所に我が子を連れて行く気になるものです。
被害に遭ったのは私だけじゃないし、
なんでこんな人が地区部長していたんだろ・・・と今更ながら思います。

でもその部長さんはお金持ちで、折伏もかなりやってました。
いつも座談会で「新しく入会された方です~。」と紹介してましたし。
きっと財務もたくさんしていたでしょう。
実績があればその人の人格はどうでもいいのでしょうか。

完全な人事ミスです。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

キヨさん
来てくださって、嬉しいです。コメントも有難うございました。こちらにいても、ブログの内容は回想が多いため、いまいちパリの様子がわかりにくいと思いますが、時間はまだあるので、ゆっくりと紹介できればと思います。「マロニエ」って喫茶店の名前や「マロニー」だと思っている方(旦那もその一人)もいらっしゃいますが、植物だったんですね!私もこちらへ来て実物を見ました。ポトポト落ちて非常に危険です(笑)。母とは基本的には、もめていないので、ゆっくり話していこうと思っています。
本当に有難うございました。私も遊びに来ますね!

>ay1225d7さんこんにちは!キヨです。

>先日はご訪問ありがとうございました^^
>パリに住んでいらっしゃるんですね!素敵~(*^o^*)!!
>記事も読ませて頂きました。(決別の部分も読みました)
>とても表現力豊かで、読んでいるだけで景色が伝わってきました。

>お子様、とてもかわいらしいですね☆
>自分の子供にひざまくらなんてしてもらう機会滅多にないと思うし・・・
>優しい性格に育っているんだな~・・・とつくづく思います。
>そういえば、マロニエってやっぱり植物だったんですね!
>ジブリ映画の「紅の豚」のエンディングテーマ曲で「マロニエの並木が・・」
>という部分があって、マロニエ??って感じだったので謎が解けました^^

>お母様と様々なことがこれからもあると思いますが、
>精神的にこたえることがかなり多いので、
>決して無理せず、ゆっくり考えていきましょう。
>私も一緒に考えていけたら嬉しいです!
>また遊びにきますね☆

>仏法とはさん

こんにちは!

>昔は、「セクハラ」の言葉や表現はありませんでした。おおらかな時代でした。
>平凡でなにもない時代でしたが、事件は確かにありました。

昔は今ほど敏感ではないですよね。
事件は確かにあったのに、問題視しようとしないこともあったでしょう。

>もっとも宗教というものは、「人間の本能を制御するもの」です。
>それによって「共生」を図るものです。
>その部長さんは、創価の活動や御書などに染まり過ぎて「燃えていた」のでしょう。

本能を制御できず、周りの人に迷惑をかけるのは困ったものですね。
燃えるのはいいのですが、限度をわきまえてほしかったです。
大人として、常識が無い人間にはなりたくないものですね。

昔は、「セクハラ」の言葉や表現はありませんでした。おおらかな時代でした。平凡でなにもない時代でしたが、事件は確かにありました。

振り子の原理と同じで、エネルギーを沢山持っている人は制御ができず、右に振れたり・左に振れたり(善と悪)するものです。知識・経験・年齢により、そういうものは制御できるものです。

もっとも宗教というものは、「人間の本能を制御するもの」です。それによって「共生」を図るものです。

その部長さんは、創価の活動や御書などに染まり過ぎて「燃えていた」のでしょう。

大作や幹部の人を除き、日蓮を信じる人は誠実な人が多い。と思います。しかし、それがカルト要素を含んでいたら困ったものです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/60-1423d1ed

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。