創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんこんにちは!
最近急に涼しくなってきましたね。
今日のテーマは私の祖父・祖母についてです。

私が実家に帰るのを、祖父母はいつも楽しみにしてくれています。
「遠く離れているからキヨちゃんのことが心配なんだよ。孫は可愛いから。」
といつも言ってくれます。
そして・・・

「キヨちゃんが早く学会に戻れるように、
いつも祈ってるんだよ。」


いつも私の心に重くのしかかる言葉。

祖父母は本当に私のことを可愛がってくれます。
身体が弱いので外に一緒に出かけることはなくなりましたが、
帰るといつも暖かい笑顔で出迎えてくれる祖父母。
私が完全に無宗教になったと言ったら、
私が創価学会を止めたいと言ったら、
この二人は深く傷つき、その傷は癒えることはないでしょう。
なので私は祖父母に、

○学会を止めたいということ(脱会したいということ)
○創価学会はもう全く信じていないこと

この2点は絶対に言わないと決めました。
学会の話をしても「そうだね。」と軽く受け止め、
祖父母の前では題目三唱ぐらいはしようと思っています。

「そんな本心を隠しているのは真の優しさじゃない」

とおっしゃる方もいるかと思いますが、これが私なりの優しさです。

人間には、言うべき時と言わなくても良い時があると思います。
むやみに本心を言って相手を深く傷つけるよりも、
黙っていた方が良い場合もあります。

祖父母はもう高齢です。
考えたくありませんが、あと何年生きられるかわかりません。
二人にとって創価学会の存在の大きさは、
私が思っている以上に大きいものであり、
また支えとなっているものだと思います。

できるだけ傷つけたくない
でもその理由だけで学会には戻れない


その理由だけで戻ったら、「自分の為の信仰」では
なくなってしまいます。

私と祖父母は、永遠に本心で語り合うことはできないでしょう。
それが創価学会に生まれてしまった私の運命なら、
このやりきれない思いを受け入れていくしかありません。

なんだか愚痴みたいになってしまいましたね。すみません^^;
ただ、こんな思いをしている人が他にもいるのだと思うと、
さらにやりきれない思いでいっぱいになります。

スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/59-ce8d701f

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。