創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんこんにちは、連休はいかがお過ごしでしたか?
今日はいくら話し合っても理解できない人に宛てたテーマです。

「恋人(友人)が創価学会で、いくら自分(非創価学会員)と話し合っても
 一向に解決に向かわない」

こういうコメントをよく目にします。
恋人が学会2世・3世の場合、いくらお互いが話し合っても
完全に創価学会が正しいと信じていることが多いので
話し合いには長い時間が必要だと思います。
長い時間信じてきたものを変えるのは非常に難しいです。

私も「話し合っても無駄だ!!」と一体何回思ったことか・・・
その度にケンカでした。なんだか非常に無駄な感じがしますが、
この「話し合っても無駄だ!!」と感じることは大切だと思います。

私は「話し合っても無駄だ!!」と思うことが多すぎて、
結局結論に詰まってしまいました。
「ではどうしたらいいのだろうか?」
「もう充分話し合ったのに解り合えない・・・」
「もう別れるしかないのだろうか・・・」など。

しかし、無駄だ!!と思うことによって、一見考えているようで
何も考えていなかった自分に気づきました。


「無駄」と考えていることによってこれ以上考えることに
蓋をしてしまっていたのです。それでは絶対にお互い解り合えません。

話し合って無駄なわけが無いのです。

お互いが解り合おうと頑張って努力しているのに、
それを自分で無駄にしている自分に気づきました。

これではいけない と。

これでは一向に相手を認めることさえできない と。

こう気づくと、創価学会という宗教団体を客観的に考えられるようになりました。
学会員の人は、「自分が特殊な価値観を持っている」とあまり思いません。
「特殊な価値観を持っているとわかっている『けれど』正しいと信じている」
『けれど』がいらないのです。
正しいと信じていることは一旦置いておいて、
どのような価値観を持っているのかを客観的に考えることが大切だと思います。
ここの特殊は決して悪い意味では言っていません。
「世間一般と違う価値観を持っている」のです。

学会員は大多数の人がしてこなかった体験を、何十年(何年)もしています。
しかし、その体験が「良いか悪いか」は別問題なので考えなくてはいけません。
自分の価値観が普通だと思うと、絶対に解り合えないと思いました。
「自分の家庭は特殊だったんだ」と認めることから始まると思います。

ではどこが特殊なのか?

それを突き詰めていったら、私は結果無宗教になりました。
特殊なことを特殊と認めること、至って普通なことがなかなかできなかったのです。

相手が自分のことを解ってくれない、これは普通のことで、
ましてや宗教のことですんなり解り合えるなんて滅多にありません・・・
もしすんなり解り合えたとしたら、元々相手がその宗教に興味があるか
(又は全く無く)、それともただ、そこまで深く考える必要がない相手なのでしょう。
以前「相手の価値観を尊重しよう」という記事を書きましたが、
好きだから全部尊重しよう、という考え方はやめたほうがいいと思います。
将来を一切考えていなく、そのような未来がありえないのだとしたら別ですが、
将来のことを考えると、創価学会は必ず問題になってきます。

自分が本当に考えるべきことを考えているのか

これを常に考えていないと、とんでもない方向へ話がいってしまいます。
学会員の方は、自分のことをちゃんと客観視できているでしょうか。
非学会員の方は、自分は絶対にわからないという壁を作っていないでしょうか。

「話し合っても無駄だ!!」と思って、それが原因で破局するのは
とても悲しいです。無駄でも好きだから話し合うのですから、
もうあなたは話し合うことに意味を見出しているのです。
本当に無駄だったら、話し合おうとする気さえ湧かないものです。

スポンサーサイト

コメント

>ewanさん

初めましてこんにちは!ようこそお越しくださいました。

>>「お金が無い人(貧乏)なのに物を売りつけてくる」
「入信していない彼の分まで新聞をとれといってくる」
「都合の良い時だけ家に来て後はお金と折伏と啓蒙活動」
「友人(フクシ)が私の悪口を言いふらしていたという事実」

確かにこのようなことを言われるのは普通ですね。
普通に考えれば分かることなのに、悪いってわからないんですよね・・・

>>宗教に入っているから無宗教だからといって人格は決められない。
ましてや心の優しさや思いやりの尺度もまったくをもって宗教は関係ない。

私もそう思います。○○宗教だから偉いとか、凄いとか、
そういうことを言っている人は基本的に信用できません。

>>図書館にいってたくさんの他宗教の書物を読んでください。
きっと目からうろこの人生に変わるでしょう。

私も広く浅くでしかありませんが、目は通すようにしています。
(一般的な知識として頭に入れたいと思っています)
自分の知識の無さに日々驚きです(^_^;)

>仏法とはさん

こんにちは!

>>大作は「ジキルとハイド」のようであり、表ばかり見て裏を見てませんか?

表しか見えないように学会内では教えられ、
裏が見えたときにはそれを信じてはいけないと教えられます。
客観的に捉えることができないのはいけませんね。

>>共産党は政権から遠く離れて、大作・創価・公明党のことを冷静に見ています。大作の異常な問題行動をまとめて本に出しています。
本名:「政教一体 公明党・創価学会」(1から4巻、約800円)
出版社:新日本出版社・(しんぶん赤旗 特別取材班)

ご紹介ありがとうございます!
このブログを書いているのと平行して、学会関連の様々な本を読んでいます。
公明党と創価学会のつながりについて書かれている本も多数ありますね。
個人的に今月は本を買いすぎて予算が無いので(^_^;)今すぐには読めませんが
読みたいと思います。

以前ソーカに入信してました。
でも4年でやめました。

どうしてだと思いますか?

「お金が無い人(貧乏)なのに物を売りつけてくる」
「入信していない彼の分まで新聞をとれといってくる」
「都合の良い時だけ家に来て後はお金と折伏と啓蒙活動」
「友人(フクシ)が私の悪口を言いふらしていたという事実」

生まれながらにしてソーカに育ってしまうと
すべての価値観は世間からずれている。

宗教に入っているから無宗教だからといって人格は決められない。
ましてや心の優しさや思いやりの尺度もまったくをもって宗教は関係ない。

日ごろの行いが伴っていないソーカが何を言っても万人に受け入れられるわけがない。

図書館にいってたくさんの他宗教の書物を読んでください。
きっと目からうろこの人生に変わるでしょう。

聖教新聞を読んでる創価信者は、大作や創価の事がよくわかっていないようです。御書でやたら理屈をこねることは上手ですが、困ったものです。

キヨさんの「良心の叫び」がわかっていないようです。大作は「ジキルとハイド」のようであり、表ばかり見て裏を見てませんか?

自民党や民主党は政権のため、大作・創価・公明党のことを余り触れてませんが、宗教以外にもいろんな問題を大作は起しています。
共産党は政権から遠く離れて、大作・創価・公明党のことを冷静に見ています。大作の異常な問題行動をまとめて本に出しています。

本名:「政教一体 公明党・創価学会」(1から4巻、約800円)
出版社:新日本出版社・(しんぶん赤旗 特別取材班)

ご紹介しましたので「ご縁」のある方は、大作のやっていることがわかりますので参考にしてください。わかりやすく、的確に述べています。ネットで買えますので、本当の大作の姿をご覧になってください。

キヨさんも買って見てくださいね。お寺の関係者も必読です。ショックを受けるでしょう。


創価学会員の方へ

「御書だけがすべてではありません。反論がありましたら、直接共産党へ言って下さい。すべて事実です。」

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/47-43d384c4

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。