創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日仕事から帰宅途中、電車の中で大白蓮華(学会の機関誌)を
熱心に読んでいる人がいました。
片手にはペンを持って、なにやら書き込んでいるようです。

私も同じような事してたな~と思い出しました。
(電車の中で読んだ事はありませんが)

熱心に大白蓮華を読んでいるのはおそらく外見からして女子部。
とてもきれいな方でした。これから会合なのかな?と思いました。

私も以前、仕事帰りに会合に直行していたことが何度もあります。
仕事でヘトヘト、でも行かなきゃ!!と自分を奮い起こして行っていました。
なんでこんなにも熱心に友達との約束を断ってまで会合に勤しんでいたのか。

考えると、一つの答えがみつかりました。
もちろんこの信心が正しいと思う心は前提にありましたが、

皆に頼りにされているから頑張らなきゃ!!

と思っていました。
現に私は女子部で役職もあり、役職を持たない女子部よりは
確実に会合数も多く活動家でした。
信仰心は大切、でも、それ以上に、

皆が会合で私を待っている
私が会合へいくと喜ぶ人がいる


これはとても大きかったと思います。
なので、役職が無かったら会合への参加意欲は薄れていたのではないでしょうか。

しかも、

こんなにも忙しい中参加している自分は信仰熱心だ!!

とも思いました。
確かに信仰熱心でしたしね。

こう考えると、日々日常で頼りにされない人が学会内で急に頼りにされると
「頼りにしてくれるんだ、嬉しいな、頑張らなきゃ!」という心理が芽生えるのは当然です。

私は今迄の人生の中で人前に立つことが多かったので、
役職の話が来た時は「またか・・・」という感じでした・・・
現に断りたかったですし(仕事が忙しかったので)
でも断ると福運が逃げちゃうよと言われたので渋々承諾しましたが、
いざ頼りにされると嬉しいもので、頑張ろうって気になりました。

でもよく考えると、断ったら逃げちゃうような福運、私いりません。
(福運ってそもそも、逃げるものなのだろうかという疑問もありますが)

上手い具合にできている創価学会。
人間の心理をとても上手く突いています。

スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>瞳子さん

こんにちは!
いつもお越し下さりありがとうございます。

>>私は2世、3世ではなく、一人で信心していますが、
それでも脱退するとなると、
嫌がらせを受けるのではないかと、とても怖いです。
それでも、勇気を出して声を発していこうと思いました。

そうですね、脱退するとなると学会は本当に大変です。
しがらみも100%消える事はないかもしれません。
しかし、嫌がらせをするのは絶対に悪いことだと私は思います。
「裏切られたから憎い」とか「信仰から離れたあの人はダメだ」とか、
そんなことを言っている人はとても人間としてみっともないですよね。

>>まだ脱退の手続きはしていませんが、心の中ではもう学会員ではありません。
そう思うだけで、とても心が軽くなりました。

私ももう精神的に心は学会員ではなく、
ただの平凡な幸せを大切にする人間になれました。
私もここまでくるのにはとても時間がかかりましたが、
今ではとても心が軽く、世界が開けたようか感覚までしました。
これが普通の幸せなんだて、とても温かい心になれました。

>>今まで学会のために行動してきましたが、これからは
自分のために行動していきます。

自分を大切に、幸せにするためにも、
自分のことを真剣に考える時間が私たちには必要かもしれません。
一緒に無理せず頑張って行きましょう!


こんにちわ!先日の「通りすがりん☆」こと瞳子です。
いつも楽しく読ませていただいています。

創価学会のことを調べていて、同じように悩んでいる方がたくさんいることを知りました。

私は2世、3世ではなく、一人で信心していますが、
それでも脱退するとなると、
嫌がらせを受けるのではないかと、とても怖いです。

それでも、勇気を出して声を発していこうと思いました。

まだ脱退の手続きはしていませんが、心の中ではもう学会員ではありません。
そう思うだけで、とても心が軽くなりました。

今まで学会のために行動してきましたが、これからは
自分のために行動していきます。

>仏法とはさん

こんにちは!

>>日蓮正宗のお坊さんと言っても「在家の僧」です。創価は、日顕とケンカして大作始め信者が破門されたと聞きます。

そうですね、確かに創価学会は日蓮正宗から破門されました。
学会中ではかなり美化されていますが・・・

>>創価が「クソ坊主」と日顕等を誹謗しても、結局「僧」である自分の悪口を言っているだけです。

私もそうだと思います。
学会にとって、学会に敵対する、もしくは不信感を抱く者は
いくら過去に活動熱心だったとしても誹謗中傷されます。
私も今様々な人から誹謗中傷されていますが、
私は気にしない性格なので「また言ってるのか~」ぐらいにしか感じません。
しかし意見は謙虚に受け止めたいですね。

>>創価で勤行で読んでいる経本が、暗記できるほど読める人は実説的に「僧」でしょう。私は個人的にはそう思っています。それは功徳を積んでいると思います。それでも法華経の意味を正しく理解してないと全く意味がありません。

法華経の意味を全く理解していなくても、
活動熱心であれば功徳はでると私は言われました。
「法華経の意味を理解する」ことは、信心を深める
一種の手段ということですね。
なので私のように、法華経/日蓮に全く詳しくない
学会員がとても多いのでしょう。

日蓮正宗のお坊さんと言っても「在家の僧」です。創価は、日顕とケンカして大作始め信者が破門されたと聞きます。

正宗と創価は同じ教義(昔の話なので創価の現状ははっきりとはわかりません)ですが、独立した教団です。

これを他宗はどう見るか?

創価は在家の教団と説明してますが、実際は「僧と信徒の教団」と専門家等は認識してます。
僧とは誰か?と言いますと、創価から直接・間接的に給料をもらっている人。会長はじめ聖教新聞社などの人。
もう一つは、創価から直接・間接に給料をもらっていない役職者。いろいろ役があると思います。

創価は「得度」の宣言をしてませんが、上の二つの関係者は「僧」です。伝統仏教で言いますと「大作は長老」、「会長は管長」、「会館の責任者は住職」、「地区や年代や男女別の役職者は副住職」などです。

創価が「クソ坊主」と日顕等を誹謗しても、結局「僧」である自分の悪口を言っているだけです。
禅宗には「さむ」という仕事があります。会社員で仕事をしている人は、その仕事が「さむ」でしょう。

創価で勤行で読んでいる経本が、暗記できるほど読める人は実説的に「僧」でしょう。私は個人的にはそう思っています。それは功徳を積んでいると思います。それでも法華経の意味を正しく理解してないと全く意味がありません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/36-a30fa7e6

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。