創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※誤解を招く恐れがあるので追記します(2007/11/15)
 ここで言う「物質」とは、いわゆる「人間が作り出したもの」
 という「概念」を含む大きな意味で捉えております。
 空間をある一定の質量で満たす、という物質に限定して
 書いていないので、予めご了承願います。
 記事を修正しようかと思ったのですが、コメントもしてくださって
 いる方のためにも残したいと思います。
 かなり読みにくい文章で申し訳ないです(>_<;)

仏教用語の中に、
「相対的幸福」と「絶対的幸福」があります。
これは創価学会の教えにもあるのですが、
私は青年教学試験を受けた時に覚えた記憶があります。

相対的幸福=あの世に持っていけない物質的な幸福
         (財産や権力や名声など)
絶対的幸福=相対的幸福に左右されず、常に幸福感が持続する状態
         (常に生きるのが楽しいなど)

私が学んだ範囲では、学会は相対的幸福よりも、絶対的幸福を
目指しているのだそうです。

地位や名誉や財産は一時的なもので、それは見かけ上の幸福でしかない。
無くなってしまえばすぐに不幸になるという、常に不幸と隣り合わせの幸福であり、
一方常に幸福な状態が継続すれば、それは不幸と隣り合わせにある
物質的な幸福ではないので(時間と共に薄れない)最高に幸せじゃないか、
という考え方です。

確かに、自分が常に幸福な状態で生きていければ最高です。
恋人に振られても、両親が死んでも、考え方を変えて良い方向に
転換できるのならば、自分は不幸にならないのですから。

その上で、こう教えられています。

相対的幸福は、自分の幸福を違う誰か(物)に委ねている。
これは不幸なことではないか。
絶対的幸福は、常に前向きに生きていけるような境涯をいう。
これは周りの環境には左右されない。
この幸福を手に入れるためには「信心」しかないのだ。

だそうです。

物質的な幸福が果たして不幸でしょうか?
地位や名誉、財産は果たして不幸なことなのでしょうか?
仮に不幸なことだとして、ではなぜ、池田大作氏はあんなにも
自分が海外から顕彰されたことを、聖教新聞や本部幹部会で大々的に
報道しているのでしょうか。

ただ、私が考えているのは、

「周りの環境に左右されない幸福(絶対的幸福)」
など果たしてありえるのだろうか


ということです。

生まれた時から脳に特殊な機能を取り付けたり、
またはそのように幸福に感じる薬でも打たない限り、
人間の幸福なんて、99.9%周りの環境に左右されると思います。

自分がテストで満点取れば嬉しいし、
恋人に告白して成功すれば嬉しいし、
就職先で昇進して給料がアップすれば嬉しい。。

自分の幸福なんて、物質的に満足できれば幸せだと私は思います。

しかしよくある昼間のドラマのように、
「私には財産も名誉も美貌もある、だけど幸せじゃないのよお~!」
と言っている人。それを見て、
「ああ~・・・やっぱり物質的な物で幸せは決まらないんだなあ。」
と思っているあなた。
最終的に本当の愛とか友情とかを見つけて幸せになるセレブ(?)。

大好きな人(物質)がいることによって得られる幸福も、物質的幸福です。
愛なんてものは、その物質の中から見出される感覚的なものです。
(結局物質的なものによって満たされてるじゃん!と私は思うのですが・・・)

「常に前向きに楽しく生きる」これはとても良いことだと思います。
そのためには絶対的幸福が必要である、これも理屈はわかりました。

が、しかし、いつまでも疑問に残ることがあります。

絶対的幸福を、物質的なものによる幸福は幸福ではない
絶対的幸福は、「信仰」によってのみ得られるものである


と仮定するのであれば、

宗教という物質的なものから生まれる幸福も、
絶対的幸福ではない


と言えるのではないでしょうか。

宗教は物質ではないよ!と言う人がいますが、
宗教が人間が作り出したものだとしたら完璧な「物質」です。
それが感覚によってのみとらえられる存在か、それとも物理的に
見て触れられる存在かのどちらかです。

では、もう少しわかり易くいいましょう。

「権力」「名声」、これは物質でしょうか?
相対的幸福の定義の中では物質だと捉えていますね。
(私も物質だと考えています。)
だとすると、
「目には見えない=物質ではない」という定義は崩れます。

「目に見える物質」もあれば「目に見えない物質」もあるということです。
概念などが良い例ですね。概念は目に見えないけれど、
数えることもできるし一種の物として捉えられています。

そして、
「この信仰によって幸せになれる!!」というセリフは
「この本を買ったら幸せになれる!!」と同じように思えます。

要は心の問題なわけで、その対象を非物質的ものとして
捉えるか捉えないかの個人個人の感覚の違いなのです。

祈ること(物理的活動)によって絶対的幸福が手に入る。
日々何事にも挑戦すること(物理的活動)によって絶対的幸福が手に入る。

そして、「周りの環境に左右されない幸福(絶対的幸福)」、
絶対的幸福は、周りの環境に「絶対に」左右されないのです。
ということは、自分の周りの環境が「無」だとしても幸福である、
ということです。いやむしろ、「周りの環境が無」ではないと
成り立たない幸福であるように思えます。
だって、「環境のある」生活をしているのに、
「あなたは周りの環境ににされないね」なんて、どうやって判断するのでしょうか?
3次元の世界に住んでいる人間が、8次元の世界を想像できないのと一緒です。

宗教も名誉も財産も無い、「無」の中で
「なぜだかわからないけれど湧き上がってくる幸福」
こそが、「環境に左右されない」幸福なのではないでしょうか。

しかし、そんな環境人間には体験できないし、
なにより現実不可能なことなので、考えるだけ無駄なのですが・・・

※この私の考え方が根本的に間違っているのだとしたら、ご指摘願います。
書いていて頭痛くなってしまったので、訳わからないこと言っていたら
すみません。

スポンサーサイト

コメント

絶対的幸福が、環境に左右されない幸福、とは違うのが僕の意見です。
それは「絶対的」という言葉を文字通りそのまま解釈したにすぎません。
つまり、そのことを前提として論を展開したところで、本当の理解には及ばないということです。
それに対して、僕は、絶対的幸福を、「生きているだけで幸福だと感じること」と解釈します。
それはどういうことかと言いますと、本当に生きているだけ、仕事も学業も趣味も恋も何もしていない。それでも幸福だ、というわけではありません(笑)
「今日も1日、使命の道を歩もう!自分にしかできない、自分がしなくてはならないことをするんだ!人のために、社会のために貢献しよう」という、慈悲の心なのだと思います。
信仰は、外的要因(環境)に左右されない、そういった慈悲の心を、どんな人でも鍛えることができるのです。

創価学会は確かに絶対的幸福を目指していますが、相対的幸福を否定してはいません。
それも絶対的幸福を構成する一部なのですから。

すなわち、絶対的幸福、相対的幸福と言いますが、現代においてその2つの意味するところは、言葉の上では対義語のように、相反することのように捉えてしまいそうですが、本質的には、それらは全く方向性の違うことを意味しているのです。
だから、片方を仮定、定義することによって、もう片方の意味を論じたところで、何の証明にもなりません。最初の間違った解釈の下で理論展開しても間違った結果が出るだけです。もう少し数学を学んでみてはいかがでしょうか。

まだカキコできますか ??

宗教お宅です。

参加出来ます ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ナカチャンさん

こんにちは。

大変申し訳ありませんが、
ナカチャンさんの書き込みを削除対象としましたので、書き込み禁止とさせていただきます。
ご了承ください。

管理人:キヨ

キヨさんへ

もう消してください。

何も返事がこないのは、私がバカだから

相手にしたくないか、もしくは、同意したかどちら

か分かりませんので、もうこれ以上見てただいて

も,むだですから消しといてください。

このブログは創価被害者のサイトなんで、もう

係わっても、むだとおもいます。  結局あいて

に、してくれないのが良くわかりました。相手に

してくれたのは、結局創価被害の方で、感情

まるだしの人ばかり、結局自分たちの、意見

が無いので、、私は残念に思います。

やはり昔の封建社会が未だつずいているのでし

しょうか?自分たちの、意見を持っていない、

おとなしい日本人ばかりと思います。

昔のの封建社会、御上に逆らわない方が良い

と言うと言う事なのでしょうか?






































旧式 #oUPgpoCMさんへ

もう終わったことだからしょうがい。
日本人は水に流そうでいつも責任のがれをしてきた。それが日本の心だ。といえば済むと思っている。アメリカ人の様に寛容の心があればよいのですが。韓国、北朝鮮の人は寛容の心が有ると勘違いしている。彼らは絶対に許しませんよ。日本の教科書問題で日本人が本当にして来た事を、教育でチャンと教えないからいつまでたっても許してくれないのですよ。靖国問題でも
総理大臣がいつまでたっても公式参拝するから
中国、韓国が怒つているのですよ。だから日本が、国連で、お金を出しても常任理事国に反対する中国いるのですよ。悪いことをしているのだからキチンと歴史認識を持たないから、アジアは威かっているのです。A級戦犯を靖国に合祀したから政教一致だから、そのことを教科書で教育しないから、いつまでたっても信用されないのです。この認識を若い人が知らないのは、教育されてないから分からないのが当然なんです。何故日本人は自分たちの先祖がしてきたことを教えないのか不思議なんです。プライド、それとも差別?だから日本の政治が悪い、その責任は国民なんですが、教育がキチットされてないから結局は同じことの繰り返しになるのです。
私はハッキリ言って知性などありませんからみなさんにバカにされても当然と思っています。しかし、損得の問題では無く。事実を白黒ハッキリさせないと気がすまない性格ですので、不当な権力に負けた事が一度もないから、言っているのです。人を殺して、酒に酔っていたから、水に流そうなんて通用しないことと、アジアの人に迷惑をかけたから通用しない事と同じではないでしょうか。だから話が飛びますが、小泉チルドレンが困っているでしょ。一度反対して自民党に踏み絵をふまして、復党させること自体がおかしいと思っているだけです。また入る人の人格をも疑っているのです。一度会社を辞めれば二度と入れ無いのが当たり前でしょう。結局権力にすがり付きたいのでしょう。だからおかしいと思うから参議院では、自公退廃したのではないのでしょうか。一度裏切ったら、二度と入れないのが当たり前と思いません。民衆がデモをして反対しないからいけないのです。日本人はおとなしすぎる。だから世界の信用がないのです。
損とか、得とかのレベルで話したくないのです。
良いか悪いかのレベルではなしたいのです。私はおかしいと思っているかたが、大半だとしても一人でも良いから同意して下さる。人がいれば良いだけです。   以上で本当に終りにします。二度と書きません。誓います。

CHANCE さんへ

講釈垂れて勘違いも甚だしいです。

講釈いえるぐらい行動している。だから私の言っているのを、講釈垂れですますのですか?勘違いも甚だしい、では何を勘違いしてるのか教えてくれ、お前も結局権力に弱いんだろう、自分の命を掛けて革命をおこせるか?ガンジー、ネルソンマンデラ、アーサーキング牧師の様に自分の命が惜しいんだろう。結局は、日本はアジアの人にどれだけ植民地支配したか分かるか。
お前は迫害されたり、植民地支配を受けてないから、分からないだけだ。韓国、北朝鮮、中国にどれだけ迷惑をかけた事を反省しないのか。だから日本人はいつまでたっても敵国条項をはずしてくれない。また常任理事国にもなれない。
中国が戦争責任賠償を放棄してくれたから
今の日本があるのだ。北朝鮮にも戦争責任賠償も残っているんだぞう。それを忘れるな、l
自分たちの先祖が行ったことは関係ないとでも言う気か?自分の心を大切にしてる人は、人の心も大切にできるもの。

人の心を大切にしない人は、自分の心も大切にはできない。

まずは自分の心の苦しみを開放したほうがいいかと思いますね。
自分の心さえ救えない人が、人の心など救えるわけがないでしょう
良くそんなことが言えるのか立場をかんがえろ
日本人がしたことをアジアの人たちに言ってみろ
自分たちの先祖が行った行為を見て見ろまるで奴隷の様に人間で無いように扱ったんだ。その人達の苦しみなんかに比べるとお前たちの悩みなんて、まるで虫の心の様にしか見えないね。エエカッコ言うな。歴史認識もないくせに。無宗教で無ければいけないことと同じことになるでしょ。おかしいと思いません?選挙権も剥奪する気ですか?信教の自由は誰人も、これを保障する。と憲法解釈してるのですけど、間違いですか?
貴方はこの意味をまったく分かっていない。明治、昭和と日本の軍国主義が(政)が昔の神道を国家神道(教)と結びつき日本を神の国だ、神風が吹く、天皇陛下はアラヒト神と思想統制をはかり、国民に国家神道を強制した。そして靖国神社に参拝を強制し、仏教に圧力をかけ、寺に鳥居をつけさした。戦争に反対する人は、治安維持法を作って、牢屋にぶちこんだ。戦争に反対した、牧口常三郎と戸田城聖を牢屋に入れ、牧口先生を獄死させた。日蓮正宗は軍部にまけて仏法の寺に神札を貼らせた、弱虫だったんですよ。終戦末期
学徒動員、特攻隊を作って、太平洋戦争で軍艦(アメリカ)にツッコンダ(アメリカ人は)日本人はクレイジー(キチガイ)と叫んだ。日本の知性(学徒)を大きく殺した張本人は日本の軍国主義だ。まだこりずに、本土決戦だと意気がっていた。ヤルタ会談では
東日本はソレン、西日本はアメリカとすでに決まっていた。今の
朝鮮半島、ドイツ、の様に分断され同国民が殺し合うようにされていたに違いない。それが原始爆弾を二個おとされ、ついに全面降伏した。ポツダム宣言を受け敗戦したのだ。久万発言は非難されたが
もし原爆が落ちなかったら、完全に日本人は2000万人死んだらろう、連合国は100万人死ぬと予測していた。そして神の国日本は、完全敗退。アメリカのライス国務長官はルーズベルトが原爆投下したことを、尊敬してると言つている。広島に来たアメリカ人に広島市民はアメリカに人に謝ってください。と言った。そしたらアメリカ人は、ホワイ(何故だ)なんで謝る必要がある。と言った。 戦争とはそういうものなんですよ。かれらは、原爆で連合国の人が助かったと思っていますよ。謝まらせるのは、日本の軍国主義を作った日本政府ではないのでしょうか?だから世界の国に原水爆の怖さを訴えるのが日本人の使命とおもいます。






ナカチャンさんの言葉に知性を微塵にも感じないのはオイラだけでしょうか?

学会云々ではなくて、ナカチャンさんそのものの人間性にオイラは非常に嫌悪感を感じます。

こういった書き込みが知らずに学会の品位を下げてしまってるのではないかなと思います。
もうそろそろ、よろしいのではないでしょうか?
多分、誰も得しませんよ。



会社では<資本主義>結果がすべて。会社に利益をもたらす者が、一番良い人、営業は数字がすべて。結果をだせない人は能力なし、結果を毎月コンスタントに出せる人が当たり前、それ
以上出す人は上司になれる。若くても、どんなやりかたでも結果さえ出せれば上司に文句は言われない。これ資本主義の当たり前だから男は必死で働く。これ当たり前。チョットしたことですぐ、すねるのは女だけ、感情がいつもさきばしる
売ることを考えないから、いつまでたってもお茶汲み。女の人も感情的にならずクールに論理的に、男をこえるぐらい、結果を出せば誰もが認める。女の人も努力していつも結果を出せる人は
上司も認め男より出世する。これ当たり前。愚痴、慰め合いで、不満ばかり言う人はいらない、これ当たり前。仏法の道理と同じ。だから勉強したり人の言つてる事を聞いて人生修正して、いつも考えて行動する女の人は、賢い女、結果を出して、行動する女の人は、常に評価されて椅子に座り人と話している。その中から答えを引き出している。えらい女性だ尊敬する。これ当たり前、感情だけの女は通用しない。これ仏法の道理

麗子さん

結構ですよ。子供みたいな人だな。会社でも同じでしょう。女は理屈言われたら、怒って、どくれて、ほっといてくれでしょう。最後にはこな会社辞めてやるでしょ。だからいつまでたっても男に支配される。どこの会社に行っても同じ。男にかなわない、反論するぐらいの、智性と品格がほしい。男をくつがえすぐらいの理論知性が欲しいいね。

なぐさめ相のかたへ

だから何を悩んでいるのですか。学会被害、どんな被害にあったのか分からない教えてくれ。
いやな宗教,広布部員のことですか?
信じたくもない宗教を、押し付けられたからですか?そんなに、いやなら御本尊をかえして脱会して、無宗教の人と一緒になれば苦しまなくて済むじゃないですか。自由なんだから、学会の幹部にハッキリいって脱会して、別に住めば良いのです。自由を保障されているんだから、選択枝があるんだから、そうしたらどうですか。
そうすれば、一生楽になると、思うのですが、
その方が自分に悔いが残らず良いと思う次第です。自由なんです。学会員が来たら、塩まいて
二度とくるなとハッキリいったら良いのです。
自由なんです。自由なんです。自分の信じた道を歩けば良いのです
外国でも行って住めば良いんです。本当に自由なんだから。無理しなくても良いのです。そうすれば、なぐさめ相なんてする必要なし。新しい宗教が好きなら、そこに入信すればよい。自分の選択が<原因>で次に生まれたら<結果>がでますよ。

ナカチャンさんへ
再度お伝えしますが、今後、一切貴方への返信はしません。

ご指摘ありがとうございます。
私は馬鹿で結構です。でも、キヨさんのブログでこれ以上の愚行はやめてください。

麗子 さん
貴方に私の書いた内容文をどう思うのかについてだけ、意見を求めているのですよ。
キヨさんがみなさんに、私の意見に、どう答えるか聞いてみなされとおっしゃるから文の内容にだけについて答えなさいとおっしゃっているから
早く内容に意見してください。ただそれだけの事を何回も言っているじゃないですか。
何も人の振る舞いにて・・・なんで答えなのですか?
なぜ。内容のことについて答えないんですか。
あなたは要するにアホです。感情丸出しのきちがいとしか思えません。貴方の主観で言いっているだけです。本当にバカ丸出しと人は見ますよ。これぐらい言わないと、永久に分からないから、教えてあげてるだけなんです。権大乗仏教では大蛇は見ても女人見るべからずと女は
成仏できない、とかいてあることを貴方自身が証明した事になるのです。最後にどくれて、ものも言いたく無くなったのに違いありませんね。きついことを言いましたが貴方の本当の姿が見えました。良く分かる。良く分かる。

慰めあいでいいじゃないですか。
自分の考えは間違ってるのか、自分の心に感じる学会組織に対する嫌悪感というのは、感じてはいけないものなのか?
みんな理不尽を強いられる中で、悩んで自分を否定しながら苦しんできたわけですよ。

でもそれは「間違いではなかった」と気付くことで、「自分を信じよう」「大切にしよう」という気持ちになれたなら、それは「本当の自分」を生かすことの始まりでもあると同時に、苦しみの解放にもなるのです。

自分の心を大切にしてる人は、人の心も大切にできるもの。

人の心を大切にしない人は、自分の心も大切にはできない。

まずは自分の心の苦しみを開放したほうがいいかと思いますね。
自分の心さえ救えない人が、人の心など救えるわけがないでしょう。

仏法云々、講釈垂れて勘違いも甚だしいです。

ナカチャンさん

私は貴方と意見交換をしたいと言っているのではありません。
他人の家に土足で上がりこんで、家の人が遠慮しているのにつけこんで、演説を始める貴方の姿勢が「人としてちがうんじゃないの」と言いたいのです。
話を摩り替えないでください。それに、「自分は謝っている」とコメントされていますが、貴方のコメントをみて素直にそう受け取る人はまずいないと思います。
「教主釈尊の出世の本懐は人の振る舞いにて~」はご存知ですよね。
今までの貴方のコメントを見る限り、この一節から激しくズレていると感じます。
私はキヨさんのブログがこれ以上荒れるのは希望しませんので、ナカチャンさんへのコメントは最後です。

キヨさんへ
私のコメントがナカチャンさんにキッカケを与えてしまったと感じています。本当にごめんなさい。

創価被害のかた、非学会員、御休みしている、学会員の方も意見ぐらいいえるでしょ。
でなければ,私は、このブログサイトは創価被害さんの、なぐさめあいサイトと見ますからおさらばします。

麗子 さん
キヨさんの、はからいで、私の考えていることに意見をどうぞと、言いつてくださっているのですよ。キヨさんが、他の人の意見を、私に聞いてもらったらと、いって下さったので。キヨさんのブログを使ってもよいとキヨさんが許してくれたのですよ。チョットだけおかりしているのに。何も自分の意見なんかないから早く言ってくれと言いつているのです。失礼な事をしたからチャント誤っているのですよ。そんなことばかり言わないで早く意見を言ってくださいよ。そしたら私が答えるだけなんです。チョットだけ御借りしているので早くどう思うのか、聞いてるのです。意見が無いのなら私の意見と同じことになるから。反論してください。チョットだけですから。早くしないと消されますので、早くと言ってください。何も意見がなければ、私と同意したとみなしますよ。

だはら、誤っていると、かきましたから
貴方の意見を教えてくださと言っているんですよ。

麗子さんの言うとおりですよ!人んちに土足で上がり込んでわめきちらしてるようなもんですよ
それとね 『最後のあがき』…って あがき過ぎでみっともないですよ
学会のイメージを悪くしてるのに気づいて下さい

この記事に対してのコメントはこれ以上書き込まず、
新しい記事の
『皆様に読んで頂きたいコメントのやりとり』の記事の
コメントにて発言してください。
それは失礼しました。キヨさんに謝らなければ
どうも、すみませんでした。許してください。

早く御意見をお待ちしております。

ナカチャンさんへ

ここはキヨさんのブログです。つまり、キヨさんのお家ってことです。
>公明党支持者でない方へ
と、ご意見を聞きたいとの呼びかけをされるならば、ご自分のブログに誘導するようにすべきでしょう。
一生懸命に思いを訴えていることは分かるんですが、もう少しエチケットを守らないと、却って法を下げてしまうと思います。

公明党支持者で無い方へ

公明党の支持母体である創価学会は悪である
宗教団体は政治に関わるな、引っ込んでいろ
と、思っているのでしょう。池田大作は悪い奴だ
から出てくるな、と思っているでしょう。
何故そう思うのですか?意見を是非聞きたいので、投稿してください。貴方の意見を本当の事を知りたいのです。是非お願いします。参考にしたいのです。

宗教団体が政党に投票することが、政教一致ですか?では労働組合団体が政党を応援することは政教一致でないとゆうことですか?では無宗教の人が
政治に介入する事は政教一致で無いと言う事なんですか?宗教を持った人は総理大臣に成れないことを意味するんですか?自民党の中曽根総理大臣が、禅宗を信仰していたのは、政教一致ですね。憲法に定める。信教の自由は否定されるわけですか?では真言宗、浄土宗、キリスト教、エホバの証人、幸福の科学、神道、その他あらゆる宗教者は、選挙活動をしてはいけない事になるのですか?
答えて下さい。宗教は政治に介入するなと言うことですね。組織が小さくても大きくても、政治に参加することが出来ない、社会ですか日本は?では憲法で信心してる人は、選挙権がないのであれば投票権も無いのですね?そうでは無いですね。何故創価学会だけ、公明党を支持してはイケないんですか、宗教者は政治に口を出すなと、言うことですね?
では時の総理大臣はいかなる理由があろうとも
靖国神社に参拝してはイケない事になりますね。
なのに総理大臣(国家の代表)が終戦記念日に靖国神社に参拝することは政教一致ですね。なぜメデイアは、その事について憲法違反だと書かないんですか?創価学会が選挙活動をすれば、何故メデイアは叩くのですか?おかしいじゃないですか?結局マスメデイアは権力に弱いんですね。だから日本人は、そのことについてデモ、しないんですか?三流メデイアの書いてある事を信用するのですか?創価学会は悪い宗教団体ですか?では何故日本国民の約一割の人たちは、騙されて、強制されて信心してるのですか?自由でしょ。創価学会はいつでも脱会できますよ。ただし一度御本尊を返せば二度と御本尊は貰えません、仏法は厳しいのです。私は常に思っています。世界を見なさいと、真の民主主義は争いの中から勝ち取った物であるから、日本人の民主主義は強制されたから、人権、差別に平気なのです。日本は歴史上何処の国からも植民地支配を受けて無いから、支配された事がないから屈辱を知らないのです。だから島国根性なんです。無謀にも太平洋戦争でアメリカに勝てるはずが無いのに
原子爆弾を二個も落とされ、降伏したのです。屈辱を知らされたのです。ユダヤ人は迫害を常に受けていたから、優秀な人がたくさんいるのです。以上のことを完璧に説明してください、お願いします。心ある人は、お願いします。お願いします。お願いします。

追伸
今は江戸時代の封建社会じゃないんです。人権に対して司法は甘いのです。罰金も100万円ぐらいでしょう。メデイアにたいするのは、アメリカイギリス世界は名誉毀損、人権侵害には非常に厳しいですよ
1000億円の賠償命令が下りますよ。だからアメリカ社会は三流メデイアは二度と立ち上がれないくらい
打撃を受けますよ。だからアメリカは一流メデイアばかりですよ。日本の様に売れたら何でも書くから、皆が面白がって買うから頭に乗っているのです。
罰金も安いです。100万円ぐらいですよ。そんなの必要経費に入っているのです。1000億ぐらいとればいいのにな~・・・・。

もう一度かいてやる

簡単に言えば、仏法とは宇宙生命とありとあらゆる生命を貫く法則が有ることを、教えたのが正しい仏法であると言うことです。
信仰とは、正しい仏法の法則に従って人間が幸福に成れる事を実践することが正しい信仰なのです。そして偉大なる仏法は、全世界の宿命転換をも可能にすることが出来ることを教えたのが仏法の真髄なのです。創価学会は日蓮大聖人の三大秘宝の大御本尊を信仰している団体なのです。師弟不二とは、仏法の根本の信心の正しい姿なのです。師(日蓮大聖人)弟(日興聖人)の関係と同じ方程式である師(池田先生)弟(信心してる人)のことを言うのです。
池田先生の師は戸田城聖先生、戸田城聖先生の師は牧口常三郎先生でその関係は、終始一貫しているのです。正しい事をすれば、必ず
その反発が来るのです。それは仏法が理解できない人です。ガンジーもアーサーキング牧師も、ネルソンマンデラも同じ方定式なのです。黒人差別(アパルトヘイト)が間違っているから正しくしようと、戦った人達なのです。正しいことを使用とすれば都合が悪い人が出て必ず反発があるのです。彼らは命がけの戦いに勝ったのす。
創価学会もその方定式と同じなのです。日本でもあるでしょ。
部落解放同盟が、また在日朝鮮人の人権も、貴方はそう言う人たちでないから分からないのです。迫害を受けたらキット分かるでしょう。    以上  私の言ってることに文句があれば何時でも受けますよ。E-MEIL  seino@apuricot.ocn.ne.jpまで。
• |
正教一致の本当の解釈と信教の自由について教えてあげるね。
追伸
公明党と創価学会の関係は?
政党と支持団体の関係です。各政党を労働組合や各種団体などが支持する関係と同類です。公明党と創価学会は不定期で「連絡協議会」を開催し、協議内容はマスコミ公開されています。一部週刊誌等で「政教一致だ」とか「憲法20条に違反した関係にある」等の記事が掲載されることがありますが、全く的外れな批判であり、既に国会の論戦の場でも決着済みのことです。
 そもそも、憲法が定める「政教分離」原則の意味は、憲法が宗教団体の政治活動を禁止しているということではありません。
内閣法制局は「憲法の政教分離の原則とは、信教の自由の保障を実質的なものとするため、国およびその機関が国権行使の場面において宗教に介入し、または関与することを排除する趣旨である。それを超えて、宗教団体が政治的活動をすることをも排除している趣旨ではない」(大森内閣法制局長官の国会答弁趣旨=1999年7月15日)としています。憲法が規制対象としているのは、「国家権力」の側です。つまり、創価学会という支持団体(宗教法人)が公明党という政党を支援することは、なんら憲法違反になりません。
国家権力が、ある特定の宗教を擁護したり、国民に強制するようなことを禁じているのが「政教分離」原則です。具体的に言うと、先の戦前・戦中に実際にあった事実として軍事政権・国家(政)が、一定の「国家神道」(教)を強要したり、天皇陛下を神に祭り上げ、思想統制を図ろうとしたことなどです。この反省に立ち、信教の自由、言論の自由、結社の自由--などが定められ、「政教分離の原則」が条文に記載されたのです。
公明党が自民党が、いつ創価学会に介入しましたか教えてください。
宗教団体が政治に物申すことが政教一致ですか?それならあらゆる宗教は政治的発言をするなと言うことになりますね。政治家は全員
無宗教で無ければいけないことと同じことになるでしょ。おかしいと思いません?選挙権も剥奪する気ですか?信教の自由は誰人も、これを保障する。と憲法解釈してるのですけど、間違いですか?
貴方はこの意味をまったく分かっていない。明治、昭和と日本の軍国主義が(政)が昔の神道を国家神道(教)と結びつき日本を神の国だ、神風が吹く、天皇陛下はアラヒト神と思想統制をはかり、国民に国家神道を強制した。そして靖国神社に参拝を強制し、仏教に圧力をかけ、寺に鳥居をつけさした。戦争に反対する人は、治安維持法を作って、牢屋にぶちこんだ。戦争に反対した、牧口常三郎と戸田城聖を牢屋に入れ、牧口先生を獄死させた。日蓮正宗は軍部にまけて仏法の寺に神札を貼らせた、弱虫だったんですよ。終戦末期
学徒動員、特攻隊を作って、太平洋戦争で軍艦(アメリカ)にツッコンダ(アメリカ人は)日本人はクレイジー(キチガイ)と叫んだ。日本の知性(学徒)を大きく殺した張本人は日本の軍国主義だ。まだこりずに、本土決戦だと意気がっていた。ヤルタ会談では
東日本はソレン、西日本はアメリカとすでに決まっていた。今の
朝鮮半島、ドイツ、の様に分断され同国民が殺し合うようにされていたに違いない。それが原始爆弾を二個おとされ、ついに全面降伏した。ポツダム宣言を受け敗戦したのだ。久万発言は非難されたが
もし原爆が落ちなかったら、完全に日本人は2000万人死んだらろう、連合国は100万人死ぬと予測していた。そして神の国日本は、完全敗退。アメリカのライス国務長官はルーズベルトが原爆投下したことを、尊敬してると言つている。広島に来たアメリカ人に広島市民はアメリカに人に謝ってください。と言った。そしたらアメリカ人は、ホワイ(何故だ)なんで謝る必要がある。と言った。

>さらに言えば「物事に矛盾があるのを認めること」「わからないものを『わからない』と言うこと」がいけないことなのか・・・そのことの問いかけでもあります

物事に矛盾があるのを認める。
何の矛盾ですか?
要するに無理がとうれば理屈が引っ込むのことですか?それとも矛盾がとうればそれが当たり前のことですか?理解に苦しむ。
矛盾なんて仏法の世界ではないのです。
無理がとうれば<権力のことかな>道理<理屈>が引っ込む。当たり前資本主義の仕組み
会社を辞めさされるのが嫌だから権力にすがる。お前は俺の言うことを、そのまま聞けばいいんだ!ですね。こんなの当たり前でしょ。なにも矛盾してない。資本主義がいやなら辞めればいい。資本主義では資本家が搾取するのが当たり前、だから労働組合がある。それが資本主義の道理、そう言う仕組なんだからそれに従っているだけなにもおかしくない、その代償としてお金が貰える
道理が正しければ損をする。責任は権力者にある、しかしお金はもらえる。当たり前。矛盾なんか何もない。要するに資本主義の道理を矛盾と考えてないから、矛盾と思うのはその道理に反するから矛盾と感じる。いやなら自分が会社を作ればよい。しかしリスクはある。
>「わからないものを『わからない』と言うこと」がいけないことなのか・・・そのことの問いかけでもあります
いけないことはないが、会社ではそれが通じない要するに能力がないと見られて会社を辞める事になるだけ。分からなければ、聞いたら良い
そうすれば、教えてくれる。勉強もする。これが資本主義社会の当たり前。

>>なんだかグログだけで拝見してますと頭の中には「宗教道」しか見えません。そういうブログだとわかっていますが。それが創価にお生まれになられた人生修業と言えば言えます。

何も仏法は社会からかけはなれた物ではない。
むしろ積極的に社会貢献している。
人間の幸、不幸を解決する手段、山里離れた所で修業するのでは無い<誤った宗教>仏法即社会、社会即仏法これが正しい宗教。
貴方もも仏法用語をよく使いますね。
我慢する。有頂天になる。四苦八苦する。
仏法は道理、司法も道理当たり前。

>仏法を話せば自動的に種が植え付けられると思い込んでいる。
それはいずれ必ず開花すると・・・もう少しご自身の言葉で話す努話力をしてほしいものです。

では聞きますが貴方は生まれてすぐ日本語が話せますか。話せないでしょ。じゃある程度大人になれば日本語が上手に話せる様になるじゃないですか。それはどうしてですか。いろんな人とコミニュウケーション、教育されたから話せる様に成ったんですよね。仏法も同じでコミニュケーションしたから自分も知らないうちに入っているのです。分かるでしょ。だから貴方が英語を話せる様になるには英語の勉強をしたから話せるのではないでしょうか?赤ちゃんの時お母さんの口元発言から知らず知らず分かる様になるでしょ。これと同じなんですよ。いくら自分が反発しても聞いてしまったら、自分の中に入るんですよ。道理にかなっていませんか。

>選民意識について
何も私たちだけが特別な意識を持った様に言いますが宗教的に選ばれた様に言われますが。
創価学会だけが選民じゃないですね。他宗教は選民ではないのですか?では、貴方達は何者ですか?私に言わせれば、貴方達は宗教を持たない、ただ世間の動きに左右されてる、さまい
人にしか見えませんね。何の確信もない、哲学もない、拜金主義しか見えないですね。結婚式は、神道、クリスチャン、死んだら、お葬式では仏教、初詣では神社、寺、七五三では神社、無宗教なのに、宗教にたよらず、自分たちの家ですれば、無宗教であると確信しますが。何で他の人たちと同じことをするのでしょうか。不思議でしょうがない。何も信じてないなら、神社、寺、キリストに行く必要なし。この子が可愛いから神社に行ってお払いを受けたら幸せになるとおもっているから行くのでしょ。じゃ無宗教でなくよろずの神かイワシの頭も信心からでよいのです。

>権力に弱い日本人

マハトマ、ガンジーはオーストラリアの列車で白人、専用の座席に座って本を読んでいた。ところが駅員に見つかってたたき出され暴力を受けた
人種差別を受けた、イギリスの植民地であったインドは差別をうけつずけていた。まるで奴隷の様に、これに抵抗したのはガンジーであった。無抵抗主義のガンジーは、迫害を受け何度も死ぬ思いをイギリスから受けても非暴力をつずけて、ついにイギリス国内からそれを批判する意見が出て来た。何も抵抗しない人に暴力をするのはいけない事だと。そしてついにインドはイギリスからの植民地支配から解放された。偉大な人はつねに命がけで戦う。だからガンジーはインドの魂と言うことでマハトマ<魂>ガンジーと呼ばれた。アパルトヘイト<人種隔離政策>で南アフリカの人種差別を命がけで戦ったのは、あのネルソン、マンデラだ。大統領になった。またアメリカの人種差別を非難したアーサーキング牧師も
常に暗殺の危機を乗り越えて戦いついに差別をなくしたが、暗殺された。この人達に共通する事は。権力の魔性に命がけで革命を起こしたんだ
池田先生も同じで権力の魔性と闘っている。
本当に偉大な人は必ず権力と闘うのだ。これほど尊いものは無い。これが仏法の偉大さだ。
生命尊厳の法則の仏法は偉大な宗教でそれが分からないのは、権力に弱い日本人だけだ。
マザーテレサは偉大な人だこれを認めない日本人は世界の笑い者だ。

反論があればいつでも投稿してくれ。

>あのーっ、「男女きらうべからず」の仏法者ではないんでしょうか?

>とても男女差別発言が目立つのですが・・・(・・;)
私も仏法者だから、貴方の言つてる事がわかります。それが男女差別に思えるのであれば、
素直に謝ります。どうもすみませんでした。

しかし、キヨさん、被害者さん、があまりにも私の考えに同調してないので、ただ、そう言つただけです。何も証拠を示さず、感情的に答えるから批判しただけの事なんです。信教の自由だから宗教を否定している人なので、理屈をこねただけのことなんです。それを理解
しないタイプだから、何を言っても結論が同じだから、辞めただけの事なんです。
しかし、自分の人生は自分で決める、のタイプだったら創価被害者の事も関係ないんだから、
ほっとけばいいのに、支持を集めているから
結局は、創価批判をしている事と同じだから、
私が物申すに成ってしまったのです。女の人全部に言つているのでは有りません。キヨさんに
限って言ったのです。其のことを誤解しないように、、また創価被害者もそのことを誤解しない様にしてくださいね。要するに何でも反対の昔の社会党、土井孝子の様に思えてならないのです。
つまり国際社会が、日本の政治があまりにも理解してないから。批判したのです。
もし宗教否定の考えなら、昔のソビエトに行って、或るいは生まれて来た方が、むしろキヨさんにとっては良かったのではないでしょうか?と思えるのです。ソビエトは共産主義で宗教を否定するくにだから、何の心配しなくても創価被害に合わないから、それの方がキヨさんに良いと思っているところです。被害者さんも、中国に住めば、創価被害に合わないとおもいますよ。私は信教の自由の国日本に生まれてきて創価学会には入れて本当に幸せと思っています。池田先生のもとで人間革命できることを無上の宝と思っています。生命尊厳の仏法の真髄である妙法蓮華経 日蓮に出会って本当に良かったと、心の底から思います。人間同士殺しあう宗教が
何故正しくないと思わないのが不思議でなりません。だからキヨさんに言ったでしょう。日本に生まれて、イスラエル、パレスチナ イラン、イラク、北朝鮮、ミヤンマー、その他戦争地帯、テロに生まれなくて良かつた。と思いますよ。本当に
今の国際社会では、日本だけ良い子では、他の国はどうでも良い。金だけ払えば,血を流さずにすむ日本人は、何の役にも立たない国だと全世界は思っていますよ。だからいつまで立っても、国際社会は敵国条項の日本をはずしてくれない。常任理事国にも成れない。日本が過去の戦争で、アジアの国をどれだけ、いためつけたか分かっていますか。60年も植民地支配してたんですよ。彼らのの苦しみ、怒り、憎いは、これから先も永遠に消えませんよ。日本人が逆の立場に成っていたら、どう思いますか、味わったことが一度もないから、分からないのです。どうですかキヨさん、創価被害者さん、自分の家族、子供、友達もみな殺しあいの中に自動的に組み込まれるのですよ。人間が狂ってしまうんですよ。
だから戦争をして人を100万人殺せば英雄ですよ。ほめてくれますよ。平和で人を一人殺せば殺人罪ですよ。御家族の痛みがどれほどか分かりますか。同じ人を殺すに違い無いのに何が違うのですか?答えれますか?
私は自分の人生だけ考える、ほっといてくれ、は通用しませんよ。分かります読者さん、だから国土が平和で、衆生がいい人ばかり、何より
自分自身が五体満足で健康だからこそ、幸福なんですよ。何を悩んでいるのですか?創価被害の方、こんな国、全世界探しても、何処にもないですよ。だから二度と戦争をしない様に仏法の生命尊厳の法を広めているのですよ。創価学会は、つまり国土は指導者によって、コロと変わるのですよ。衆生がいい人ばかりだから指導者の悪をくい止めれるのです。それが真の仏法なんです。だからそれが理解できない人に教えてあげてるだけなんです。迷惑な人もいますが。
共産国になぜ、キりスト教の寺院が有るのですか。権大乗仏教では大蛇は見ても、女人見るべからずと説いていますよ。しかし実大乗仏教の真髄である本門,文低秘沈大法、三代秘法の妙法蓮華経 日蓮は男女きらうべからずと初めて
女の人も成仏できることを説いたのです。
妙法蓮華経 如来寿量品 第16では、釈迦佛は文上でこの法はすばらしい、どうやって衆生に、分からせようか、すばらしい、素晴らしいと
ほめ讃えたことが記されていますが、釈迦佛は
何の法にとって成仏したのか一切書いていない
のです。その自分が成仏した法は、末法に出てくる、本仏に託したのです。その根本法こそ久遠
元初に元元いる、妙法蓮華経 日蓮だったのです。五濁る悪世の末法に地涌の菩薩に託したのです。この題目で衆生が仏になるのです。
仏法は奥が深いから、なかなか理解できない
信ずるしかないのです。根本は信です。
以上 最後 最後 のあがき

皆様へ

この記事に対してのコメントはこれ以上書き込まず、
新しい記事の
『皆様に読んで頂きたいコメントのやりとり』の記事の
コメントにて発言してください。

よろしくお願いいたします。

管理人 キヨ

>いや、だから私はあなたに、私にわかるように論理的に
>説明ができなかった、それで終りではないのですか?
>私が論理的に説明するとかいう以前の問題で、
貴方こそ理解不脳な事をっているのです。
因果の法則で成りたっているこの宇宙、原因があって結果がある、科学的でしょう。
アインシュタイン博士、質量損失=原因があって大爆発=結果があるのでしょう。
過去世に行動したこと=原因で今世に生まれた
=結果があり、今世に行動したこと=原因が来世=結果に成るので、三世の生命観が理解
出来るでしょう。だから一人一人違う事が分かる
貴方の今世だけで終わる=結果だけでは、一人一人違う事の証明ができない。人間がある日突如として現れ消える、それが貴方の答えですね
何も科学的うらずけ=根拠がないことになりになります。
>今の一生で転換が無理だとしたら、私はその宗教に価値を見出せません。
私にとって宗教は、今この一生を有意義に生きるための一手段にすぎないからです
だから貴方もも宗教を一手段と認めているのでしょう。今この一生を有意義に生きるためのと言つてるじゃないですか。だから何の宗教か分かりませんので、一生を有意義に生きるための宗教を信仰すれば。
>茶道でも小笠原流でも調理の世界などでも仏教の真髄は学べます。
違いますね。それは仏教の枝、葉っぱのことは学べますが。根っ子が仏法の真髄だからです。
枝、葉っぱでは、いくら学べても、仏法の部分感しか分かりません。真髄ではないから。

>色々理屈っぽく私は書きましたが、結局は個人の主観の問題であって、
「絶対的」なんて決め付けられることはないんですよ、ってことなんですよね

みなさん特に男性の方へ
絶対的は無いと思いますか?では、天才物理学者アインシュタインが発見C=一定、変化しない、T=変化で時間が変わる。は絶対的ですよね。ガリレオ=地動説、絶対的ですね。その時天道説が一般的で、宗教上都合が悪いから
火あぶりの刑で殺されましたね。しかしガリレオは、地動説を言い切りました。天体望遠鏡で観測すれば天道説は矛盾している。最後まで言いました。「それでも地球は動いている」と、ニュートンはリンゴが落ちるのを見て、一瞬に分かりましたね。万有引力があることを。これも絶対的真実ですね。科学には絶対的真実がある事が分かりますね。では科学者は何故分かるのでしょうか?普通の人がリンゴが落下するのを見て
当たり前で見過ごすが、何故ニュートンだけが
違った見方をしたのでしよう。
それは、ず~と前から、過去世から、その事ばかり考えてたから勉強してたから、分ったのだと思いますよ。アインシュタインもガリレオも同じです。そうです過去世をあると言う、証拠なんです。アインシュタイン博士もこう言つています。
「私は天才じゃない、しかし、ず~と前からこのことを、思ってただけなんです」とだから絶対的があるのは当たりまえの事なんです。元本宇宙にある絶対真理の発見者なのです。何故と考えることが、疑問に思える事を解明したかったのです。しかし女性の多くは、そうゆうことを考えない脳のしくみに成っているから、ただ感情的にしか物事を考えないから、結局永遠にわからないのです。私は女性を差別していませんよ。ただ女性は、妊娠、出産、子育てがあるから考える余裕が無いだけで、子育てと言う偉大な力は男には出来ないから、しょうがないのです。感情的に成るのは自分の子をかばう行いが強いのだと思いますよ。この世界では男女平等なのですが、実際違いますよね。男社会ですよね。ノーベル賞も、政治も、会社でも、コックでも何でも男が支配してますね。だから私が言っている様に絶対的幸福はあるのです。
総論:このことから、今の自分が行動したこと、発言したこと、仏法の話を聞いた人、聞かなかったことはすべて神がしたことでは無く自分自身が決めた事の結果なのです。その原因はすべて自分自身が作った事なのです。だから死ねば宇宙生命の中に編万するのです。
また時を得て、新しい、みずみずしい生命が(自我)が生まれて来るのです。そして、また行動を起こして(原因)次の生命として死に、時を得て生まれてくるのです。これは
三世を説く仏法だけの考えで、西洋の哲学にはないのです。
この世で犯罪を犯せば捕まって法で裁かれる様に自由がなくなりますね。この司法はすべて仏法の法のことなんです。だから生まれながらにして違うのは三世の仏法の法則なんです。だから、小我に生きるのでは無く、大我に生きる事によってすべてが分かる様になって絶対的幸福の悟りを開くことができるのです。つまり子供の事が分かる様な大人になる事が絶対的幸福をつかむことなのです。仏法(創価学会)が分からず。批難、中傷、不審になることは必然な事なのです。そこらの生命観しか持ってない人の事はすべて分かるから非難されても平気なのです。つまり何が原因なのか、こちらはすべてみとううせるのです。何度も言いますが、何故学会のこと宗教のことを非難するのは、私たちは完璧に分かるのです。アインシュタイン博士の様に真実がすべて見えていることと同じなのです。
最後にキヨさんは、菩薩様の心がない人ですね。マザーテレサがノーベル平和賞を貰った時何と言つたか知っていますか?
こう言ったのです。「この賞のお金で何個のパンが買えますか」要するに菩薩様です
飢餓で苦しむ人たちに、愛を捧げたのです。貴方は日本人だから分からないのです。
最後のあがき   さらば

ナカチャンさん

あのーっ、「男女きらうべからず」の仏法者ではないんでしょうか?

とても男女差別発言が目立つのですが・・・(・・;)

>ナカチャンさん

コメントはずっと残っていますから、
男性にも見てもらえると思いますよ。
皆様に読んでもらい、判断していただければ幸いです。

色々とコメントありがとうございました。
では、ナカチャンさんとはこれにて失礼します。

このブログはサイトは女の人のサイトなんで、もうこれ以上付き合いません。
女の人の脳と男の人の脳はすこし違いがあるので。何回かいても同じ答えなので、書きません。感情ばかり強い女の人と、論理に強い男の人は、根本的に違う。から何故の問いかけに
論理的に考えようとする男と、感情が先に立っていきなり、胡散臭さと言うから、考察力に乏しい女の脳では無理がありすぎませんか?
特に男性の人に聞いて見たいですね。以上   さらば

>>あなたが菩薩さまでなくてもよいなら、
>>自分の子供に愛情をそそがないでくださいね。
あなたにこんなことを言われる筋合いは全くありませんね。


みなさんどう思います。不思議におもいません
菩薩の心が無いのに、どうして自分の子供に
愛情がもてるのでしょうか、つまり菩薩だから愛情を持てるのではないでしょうか。人間の心を、あまりにも理解してない発言とおもいませんか?
人間の心は、常に変化、変化の連続なんですよ。憎い心もあれば愛情の心も常に変化するのです。だから筋あいはない、とは感情まるだしの
発言と思いません。要するに誰でもこんなことありますから、ほっといてくれと言いたいのでしょ
自分が低脳だから答えられないのでしょう。笑う

>ナカチャンさん

もうなんと言いますか、話に脈絡がなく私がこれ以上
何を言っても飛んだ話しを言い続けると思いますので
最後に何点かお答えし、私はこれ以上追究しません。
ここからは、読者の方が判断してくださいます。
なのでこの記事にこれ以上コメントしてくださいましても、
私が細かくお答えすることはないと思いますので
ご理解をお願い致します。

>>もう絶対にでてこないのだから一度きりの人生をたのしんでください。
>>学会のこともボロカスに言ってもこの世で終わり、おめでたいですね。
>>もう一度生まれたいなんて絶対言ってはダメですよ。
>>この世で終わりなんだから、約束してくださいよ。

ボロカスになんて書いていませんし、
私の人生は一回で終ると思っていますので
充分に楽しみたいと思っています(^^)
それに、最後の『もう一度生まれたいなんて絶対言ってはダメですよ。
この世で終わりなんだから、約束してくださいよ。』
というセリフはまるで先日の参議院予算委員会と同じで、
常軌を逸した発言だと思いますね。

>>なぜキヨさんはエホバを責めない?おかしな話だ。

責められる程自分は経験していませんし被害も受けていないので
責める理由がありません。そんなことを言っていたら
何百という新興宗教を責めていかなくてはいけませんし、
仕事でもないのでわざわざ責める必要性がないです。

>>あなたが菩薩さまでなくてもよいなら、
>>自分の子供に愛情をそそがないでくださいね。

あなたにこんなことを言われる筋合いは全くありませんね。

>>三世の生命が理解出来る私は人間が生まれながら違うと言うことが理解出来る。
>>何も矛盾してない。科学的な論理説明だ。いけないか、
>>貴方はこの世限りと思っているから論理的な説明ができない。

そうですか(^^)理解できるのならそれはそれでいいのではないですか?
私は理解できませんし、理解できないことが変だとも思いませんので。

>>論理的に説明してくださいね。飛んだ話はしない様に。

いや、だから私はあなたに、私にわかるように論理的に
説明ができなかった、それで終りではないのですか?
私が論理的に説明するとかいう以前の問題で、
私があなたに問題提起していただけなのですよ。
それをいきなりこのようにすりかえるのはいかがなものでしょうか。

今まで何回かあなたとお話して、あなたの価値観が全く
理解できないことを深く実感しました。
しかしこんな人もいるんだな、ぐらいにしか思っていませんので
ナカチャンさんはナカチャンさんでご自分の人生有意義に過ごしてください。
私はあなたの価値観が悪だなんて全然思っていませんし(^^)

このコメントのやりとりを不特定多数の人々が見てどう思うか、
それが大切です。何回も長文でのご説明、感謝いたします。
(特にコメントを消したりはしませんので)


>創価瓦解さん

こんにちは!

>>・すべてが説明できてしまうことの胡散臭さ

納得です。
ナカチャンさんは絶対的真理としてお話しているので
どこまでいっても理解できないと思います。
絶対的なものなんてこの世には存在しなくて、
でもそれは当たり前でなんの不思議なことでもない、
というのが私の価値観なのです。

>>「物事に矛盾があるのを認めること」「わからないものを『わからない』と言うこと」
>>がいけないことなのか・・・そのことの問いかけでもあります。

真髄を突いていますね。
わからないこと、わからないって言う事がまるで
いけないことのように学会では言われます。
何も悪いことではないのに(^_^;)


>麗子さん

ですよね(^_^;)
これからは読者の方々が判断してくださいますね。

>飛んだ話しないように

アナタが十分飛んでますが?

三世の生命が理解出来る私は人間が生まれながら違うと言うことが理解出来る。何も矛盾してない。科学的な論理説明だ。いけないか、貴方はこの世限りと思っているから論理的な説明ができない。出来るのであれば説明してください。みんなに分かるように。それが筋ですよ。いきなり創価だなんて言わないでください。論理的に説明してくださいね。飛んだ話はしない様に。

私が書いたことが理解できないのであれば、対案を出してくださいよ。アインシュタイン博士が理解出来る人と分からない人と何が違うのか説明してください。あなたが菩薩さまでなくてもよいなら、自分の子供に愛情をそそがないでくださいね。

人生一度限り。人生一度限り。人生一度限り。人生一度限り。人生一度限り。
なら、何でもできるミヤンマーに行って軍事政権に付ける。中国にでも、北朝鮮へ行って
金日成にすがりついて、民衆を弾圧することだって出来る。一度切りだから日本に戻って
お金がなくてご飯がたべれないから殺人だってできる。詐欺師も成れる。捕まればタダでで刑務所でご飯も食べれる。何をしても、この世限りだから心配なんて無い。イヤになったら自殺だって出来る。なにも恐れるものもない。はずだが?
そうではないでしょ。開きなおって、どうでもしてくれと、人生は一度限りだから好きなこと出来る。そうではないでしょ。結婚だって、離婚だって好きほうだい。何回も出来る
エホバの証人は次の様な教義を持っている
1 輸血してはイケない。
2 他宗教とまじわってはいけない
3 奉仕と言う布教活動をする
4 御酒は呑んではいけない
私は1の場合実際有ったことで、輸血拒否をして死んでしまった。人間の命より教義が上なのか?誤っている。正しくない宗教だ。
2他宗教とまじりあってはいけないので就職する時こまる。就職してはいけない。誤っている、正しくない宗教だ。3奉仕活動女の人は深い帽子をかぶって子ずれで布教するまるで自分の顔が分からない様にしている。4酒を呑んではいけない、仕事の社員旅行もいけない。そんな宗教が正しいのか?なぜキヨさんはエホバを責めない?おかしな話だ。


キヨさんへ
貴方は本当に、良い国土(日本)に生まれてよかったですね。食べ物は沢山あるし、寒い冬には暖房があり,着る物も買えるし、友人も沢山いるし、夏はクーラーが有るし、言論の自由もあるし、信教の自由もあるし、結社の自由もあるし、表現の自由もあるし、職業選択の自由もあるし、法律さえ抵触しなければ、どんな自由も手にはいる。自分は無宗教
でも入られるし、創価学会も批判できるし、そのことで捕まる事も無いしアンチ創価の救世主でもあり、支持もしてもらえるし、自我、精神、個性はどこから出てくるのでしょうかの質問に「わかりません」でいられるし、気楽でいいですね。さぞかし人生を楽しんでいるとおもいますよ。要するに凡人ですよね。私も何の力もない凡人ですよ。ただ生きてご飯を食べてウンチをして気分よく寝れて、また次の日がくる。それが一番幸せですよ。
天寿をまっとうして、御墓には入れでば幸せですよ。三世の生命観が分からないのだから
この世で終わり、後はこの宇宙から完全に消滅して無く成るのだから、来世のことも心配する必要もないし、未来永劫なんかないんだから。消えてなくなれば終わり。西洋の人生は一度きりだから。100歳まで生きてそれで最後。もう絶対にでてこないのだから一度きりの人生をたのしんでください。、学会のこともボロカスに言ってもこの世で終わり、おめでたいですね。もう一度生まれたいなんて絶対言ってはダメですよ。この世で終わりなんだから、約束してくださいよ。他のアンチさんも同じですよ、この世で終わりなんだから。永久に私と会えないんだから、私は三世の生命観を持った仏法を信仰してるから、未来永劫に生きつずけるから、何度でも人生を楽しみますよ。分かりました
                                   以上

ナカチャンさん、なんというか、ちっとも科学的でも論理的でない、およそ「バリ学会仲間にしか通用しない」「はじめに結論ありき」の内容だと思います。

なによりこの内容は、よくバリ学会員から提示
される、ある意味で読み飽きた、またある意味で非学会員・非活動学会員には説得力がないことがわかってしまっている、典型的な類型化した文章のひとつと言えるでしょう。
加えて言えば、あからさまな選民意識が表れており、不快感を惹起すると共に、説得力の無さを増幅させることになっています。

ひとつ次のことを考えてみませんか?

・すべてが説明できてしまうことの胡散臭さ

このことに思いを及ぼすことができれば、絶対的正しさを振りかざして「信者であることで選民意識を持てる」ことのおかしさを考えられると思うのです。

バリの人には話が通じない(バリから言えば私のような者には話が通じない)のはわかってはいるけれど、ここは不特定の人が読んでいるので、バリ以外の人への問いかけという意味でも「すべてが説明できてしまうことの胡散臭さ」という疑問を提示するものです。
さらに言えば「物事に矛盾があるのを認めること」「わからないものを『わからない』と言うこと」がいけないことなのか・・・そのことの問いかけでもあります。

>ナカチャンさん

ご丁寧にご説明ありがとうございます。

読み終えた感想は、正直意味が全くわかりませんでした。
もちろん歴史上の偉大な科学者達の実績は理解できますが、
それを仏法とつなげて考える事自体、全然科学的ではないです。

科学的なものとは、同じ状態・条件で実験した時に
再現可能なことを言うと思います。
それが仏法とどう繋げて考えられるのか?
正直私の頭では理解できないようです。
恐らく理解できないのは私だけではないとも思いますが・・・

それに、私に菩薩心が無くても全然構いません。
ナカチャンさんにとって私が
『生命尊厳の法を説く仏法では貴方のことを畜小と言うのです。
 正しいことが本当に正しいと思えない人だと思いますよ。』
とおっしゃっていますが、そう思って下さい。
(常識としてそのような汚い言葉を相手にぶつけるのは
失礼な人だなあ・・・と思いますが。この場では気にしないようにします)

では、科学的、物理学的、数学的、医学的、に仏教を御説明致します。
アインシュタイン博士は相対性理論を発表しましたね。ニュートンも万有引力を発表しましたね。ではこの人たちの事は信用しますか?それとも嘘を教えていると思いますか?
ニュートン力学は教科書で習ったでしょう。色々な方程式がありますが。それらはすべて
因果の法則で説明できますよね。原因があって結果がある。たとえば慣性の法則動きつずける物はいつまでも動きつずける。静止している物はいつまでも静止している。何か圧力をかけない限り。慣性の法則どうりですね。しかし、これらは突然出て来た物でしょうか?
また、アインシュタイン博士のE=MCスクエアーは突然にできた物でしょうか?違いますよね。これらは元本在ったものでしょ。つまり宇宙生命とありとあらゆる生命を貫く法(方程式でも良い)が、すでに存在していて、彼らの方程式は、いろんな実験をして、それを理論化し方程式に表しただけの事で、第一発見者にすぎないと、思うのですが、いかがでしょうか?科学には証明がないと唯の仮説になりますが、すべて証明できてますね。
E=MCスクエアーは原子爆弾で証明しましたね。広島型原爆はM=質量の損失(この宇宙から完全に消滅した)1gの質量損失が光と高熱に変化しました。このように原因と結果が同時なことを、因果倶持と仏法では捉えてます。アインシュタイン博士は相対性理論でニュートン力学では証明出来ない。ことを証明しましたね。たとえば光が重力の影響をうける。宇宙にはブラックホールが存在することも。光さえも重力場があってそこに光が入ると二度とでてこれない巨大な質量の空間があることも発見しましたし。人間が光速の
スピードで飛ぶと中の人の時計が遅れることも、物体がちじんで見え、質量が大きくなる
ことも方程式(今は仮設)で言ってますよ。でも何故アインシュタイン博士は分かるのでしようか?時間が遅れるなんて信じられないですよね。これも宇宙の根本法則ですね。
つまりE=MCスクエアーは逆のことも言えるのです。つまりE=MCスクエアーは、
両サイドが等価なので宇宙の巨大なエネルギーで質量が誕生することも言えるのです。
結論1:宇宙生命もありとあらゆる生命もこの宇宙に常住している法(方程式でも良い)
が有るのです。だから生命の、生、老、病、死が有る様に太陽もいつか超新星と成って
赤く大きくなり、大爆発をして、死ぬのです。そしてE=MCスクエアーで新しい恒星が
生まれるのです。
結論2:では他の生命は如何でしょうか。原因があるから結果があるこれは分かりますよね。西洋の考え方は違います。スイッチのonかoffまた、死んだら無で生きていれば有
と考えますね。唯物論か唯心論かですね。しかし仏法では、「空」と言う考えですね。(がいねん)有ると思えば無い、また無いと思えばある。唯物論か唯心論をこえた色心不二ですね。色は(肉体)心は(精神,自我、個性)はそれぞれ唯物論か唯心論とかを超える概念で不二とは(別次元)ではあるけれど一つの物つまり生命の本当の姿であると説きます。
有ると思えば無い(死体ですね、肉体はあるけど精神が無い)無いと思えば有る(赤ちゃんの生命ですねチャント自我はありますね。)不思議ですね。生命は何と言うふうに説明できますか。それは宇宙生命も人間の生命もある法則で説明出来るのです。仏法の生命観は有や無の奥に隠されている常住普遍の法があることを教えたのが仏法の真髄なのです。
そして生命には一念三千の法があるのです。中国の天台智犠が説いた法ですべて説明できます。
結論3:最後に重要な事を言います。仏と魔は、(紙の裏、表と同じで)一枚です。
仏とは宇宙の生命とあらゆる生命の法則を完全に分かる人(撹者)と魔の生命は仏の生命を、させまいとする。生命のはたらきを言うのです。(元本の無明)とゆう生命の根本的な迷いの心があるのです。それを断ち切る利剣は妙法蓮華経 日蓮なのです。つまり仏の命が強い人は菩薩の生命も強いのです。魔の生命が強い人は、貪、瞋恚、愚、の三毒に染まって、仏の生命を打ち破ろうとするのです。つまり仏の生命が強い人は原子力発電に平和利用するのですが魔の生命が強い人は原爆兵器に利用するのです。科学者は宇宙の法則の真理を見つけて喜ぶ人なのです。
総論:このことから、今の自分が行動したこと、発言したこと、仏法の話を聞いた人、聞かなかったことはすべて神がしたことでは無く自分自身が決めた事の結果なのです。その原因はすべて自分自身が作った事なのです。だから死ねば宇宙生命の中に編万するのです。
また時を得て、新しい、みずみずしい生命が(自我)が生まれて来るのです。そして、また行動を起こして(原因)次の生命として死に、時を得て生まれてくるのです。これは
三世を説く仏法だけの考えで、西洋の哲学にはないのです。
この世で犯罪を犯せば捕まって法で裁かれる様に自由がなくなりますね。この司法はすべて仏法の法のことなんです。だから生まれながらにして違うのは三世の仏法の法則なんです。だから、小我に生きるのでは無く、大我に生きる事によってすべてが分かる様になって絶対的幸福の悟りを開くことができるのです。つまり子供の事が分かる様な大人になる事が絶対的幸福をつかむことなのです。仏法(創価学会)が分からず。批難、中傷、不審になることは必然な事なのです。そこらの生命観しか持ってない人の事はすべて分かるから非難されても平気なのです。つまり何が原因なのか、こちらはすべてみとううせるのです。何度も言いますが、何故学会のこと宗教のことを非難するのは、私たちは完璧に分かるのです。アインシュタイン博士の様に真実がすべて見えていることと同じなのです。
最後にキヨさんは、菩薩様の心がない人ですね。マザーテレサがノーベル平和賞を貰った時何と言つたか知っていますか?
こう言ったのです。「この賞のお金で何個のパンが買えますか」要するに菩薩様です
飢餓で苦しむ人たちに、愛を捧げたのです。貴方は日本人だから分からないのです。
自分が迫害を受けたらそんなこと言える訳ないでしょ。生命尊厳の法を説く仏法では貴方のことを畜小と言うのです。正しいことが本当に正しいと思えない人だと思いますよ。

>ナカチャンさん

見たこと無いのでとはどういうことでしょうか(^_^;)?

キヨさんへ
ブログに書き込まれている貴方の思いが、
見たことないので、私に教えてくださいませんか?そうしないとキヨさんの考えてが理解できませんのでお願いします。私のメールかここのブログに送信して、ください。

>創価瓦解さん

こんにちは!
コメントありがとうございます。

冴えているなんて恐縮です(>_<)
でも自分でも何言っているのかわからなくかってしまう時があるので、
3回ぐらい自分でちゃんと読み返すことが重要です(^_^;)

>>二人に共通するのは「自分が了解していることをそのまま『当然のこと』として語っている」
>>ことです。非学会員・非活動になった学会員には「学会内の『当然のこと』が
>>ちっとも『当然のことではない』のだ」という意識がない・・・

まさしくその通りですね。
自分たちの世界観が全て真実だという思い込みは
非常に危険なことだと思います。
私も自分の世界観が全て真実なんて思いませんし、絶対に思えない。
「おそらくこのように世界は成り立っているだろう」と想像するにすぎません。
学会員の方にとっては、何か明確な真実が無いと不安なのでしょうか・・・

>>ここが学会仲間のブログではないということがわかっていれば、
>>労を惜しんで「相手に通じる説明をしよう」とするはずで、
>>その為には「自分で咀嚼しておかないといけない」はずなのです。

咀嚼することは非常に大切ですよね。
自分の世界観をどう伝えるか、どう相手に伝わるか、
仏法を話せば自動的に種が植え付けられると思い込んでいる。
それはいずれ必ず開花すると・・・もう少しご自身の言葉で
話す努力をしてほしいものです。

>>公平・不公平、信仰と科学・・・キヨさんの指摘は読んでいて気持ちいい。
>>私もちょっくらそこらへんでは言いたいことがあるのですが、それはまた後日ということで。

恐縮です(>_<)
私は科学者でも何でもないので、恐らく博識な方からは
指摘されまくりだと思います(^_^;)しかしちゃんと私が理解でき、
間違えていたら、矛盾していたらもちろん訂正します。
創価瓦解さんもお時間ありましたら是非コメントお願いしますね。
とても勉強になります。

>>関係ないけれど、公明党抜きの本格政権ができてほしいと今更ながらつくづく思う今日この頃です。

私は政治には疎いので詳しくは言えませんが、
公明党抜きの本格政権ができたら世の中変わりそうです。
どういう方向へ変わるかは私の頭では予測しきれないのですが・・・(^_^;)

キヨさん、あいかわらず冴えてますね^^

それにしてもカンチャンさんといい、たまさんといい、どうも「自分で咀嚼する」という作業を怠っている気がします。
「学会は正しい」と信じることは「無条件の信仰=精神の奴隷化」とは違うんだけどなあと思います。

二人に共通するのは「自分が了解していることをそのまま『当然のこと』として語っている」ことです。
非学会員・非活動になった学会員には「学会内の『当然のこと』がちっとも『当然のことではない』のだ」という意識がない・・・ここが学会仲間のブログではないということがわかっていれば、労を惜しんで「相手に通じる説明をしよう」とするはずで、その為には「自分で咀嚼しておかないといけない」はずなのです。

すぐに宿命論など持ち出したり、矛盾したことを平然と言い、キヨさんから反論されるとまともに返答できずに違う話を始め、それでもまた矛盾を突かれてしまうたまさん・・・カンチャンさんも同じような対応なのだろうか?

公平・不公平、信仰と科学・・・キヨさんの指摘は読んでいて気持ちいい。
私もちょっくらそこらへんでは言いたいことがあるのですが、それはまた後日ということで。

たまさんにしろカンチャンさんにしろ、私のことは「うざいアンチ」と思おうが一向にかまわないけれど、不特定の非学会の世間の人が読んでいることをもっと意識したほうがいいと思う。
世の中にはとんでもなく馬鹿な人もいるし、極めて鋭い論理性や洞察力のある人もいる。
「いい加減なコメントは通用しないぞ」という意識がないと、簡単に腕を捻られてしまいます。

関係ないけれど、公明党抜きの本格政権ができてほしいと今更ながらつくづく思う今日この頃です。

>ナカチャンさん

こんにちは!
お越しくださりありがとうございます。

>>医者で治る病気なら医者で直せばいい。しかし医者がなおらない、
>>現在の医学では不治の病でどうにもならないことだって現実にあるのです。
>>それが仏法で言う宿命と言うんです。これは三世の生命を説き切った。
>>仏法では当たり前のことなんです。

こうおっしゃっておりますが、では、昔は治らなかったが今は治る病気は
どうでしょうか?昔より現代のほうが医療技術が進歩しているのは当たり前です。
不治の病と言われているものも、これから先技術が進歩すれば
治る病気もあると思います。それを『それが仏法で言う宿命』と
おっしゃるのは、なんだかこじつけのように聞こえますし、
『それが』と繋げる理由がわかりません。

>>じゃどうしようもないね。ではあまりにも、不公平じゃないですか?
>>しかしこの仏法は違うんです。この現在の宿命を転換できるのです。
>>今の一生では無理かも知れませんが、必ず未来生命で宿命転換が可能なのです。
>>そうでないと人間生きてる意味がないじゃないですか?

私は不公平なんて全然思わないですよ。
例えば今私が不治の病になったとしましょう。しかし、それは
私の身体の細胞がなぜかしら(感染経路などが不明だった場合)
悪い方向へいってしまった。しかしそれに理由は必ずあると思います。
(ここでいう理由は前世の行いとか非科学的なことではなくて)
今はそれがわからないだけで、いずれわかるかもしれません。
もちろんわからないかもしれませんが、むしろ「前世の行い・因果で
不治の病にかかった」と思ったほうが私は悲しくなります。

世の中、生まれながらにして貧しい人、裕福な人、必ずいます。
生まれながらにして不治の病にかかってしまった人・・・
でも、完璧な生物がいない以上、病気になるのは人間が
生物である以上仕方のないことだと思います。
私は不公平だから宿命を転換できるとは、決して思いません。
もちろん、私が病気になったら「不公平だ!なんで私だけ!」と
思うでしょう。でもそれは本当に不公平なのでしょうか?
そもそも公平の基準が解らないのでなんともいえないのですが、
仕方のないことではないのですか?今の医療技術がそこまで進歩
していないことを呪うしかないと思うのです。
それに、今の一生で転換が無理だとしたら、私はその宗教に価値を見出せません。
私にとって宗教は、今この一生を有意義に生きるための一手段にすぎないからです。

>>人間は見たこと、とか信じますが、目に見えない物は信じないですね。
>>では目に見えない電波とか、電気、或るいは、インフルエンザは目には見えないが、
>>存在してますよね。これと同じことなんですよ。

『これと同じことなんですよ。』とおっしゃっていますが、これとは仏法のことですか?
そうだとしたら、全然違うと思いますよ。私は科学者でもなんでもないので
わからないのですが、電波、電気、インフルエンザは日常生活で
肉眼では見えませんが、調べればちゃんと見えると思いますよ。
インフルエンザウイルスだって顕微鏡使えば見えますし。
でも仏法は概念にすぎません。科学的に「有る」とは、
決して証明できないと思います。形而上学の世界ではないのでしょうか?

>>信仰は科学的証明がないと正しくないのです。

では、その科学的証明を私に解るように説明してください。

>>人間の意識、自我、精神、は一体どこからでてくるんでしょか?
>>特に個性は一人一人何故違うのですか?もし
>>医学的に考えると、心はどこから出てくるのでしょうか?

わかりません。面白い課題だと思っていますよ。
この問題は哲学的によく議論されていますよね。
心の存在は脳みそをいくら分解しても出てこないでしょう。
ただ私は、ある程度の複雑な細胞や器官が集まると
精神といういわゆる心が生まれるのだと勝手に解釈しています。

また違う視点から考察すると、人間の意識、自我、精神、は一体どこからでてくるんでしょか?
特に個性は一人一人何故違うのですか?もし
医学的に考えると、心はどこから出てくるのでしょうか?もし心が、脳から出てくるのであれば、脳を解剖してしらべても、精神だけ残せる事は可能でしょうか?答えは出来ません、いくら科学
医学が発展しても不可能だと、言いきれるのです。何故か、それは次元が違うからです。このことを、ハッキリしておかないと、精神病になります。本当です。脳は、唯物論で、精神は、唯神論だからです。ですから死んだ人をいくら調べても、心は絶対でません。また逆に唯神論を唱えても、精神がどこにあるのか生きた人間からでないと、でません。仏法では「色心不二」の考えです。色は肉体であり、心は精神のことです。
不二は肉体と心は別次元だが、生きた肉体に精神がでてくると考えます。これこそが、正しい答えなのです。    以上

科学と宗教

相対的幸福=あの世に持っていけない物質的な幸福
(財産や権力や名声など)
絶対的幸福=相対的幸福に左右されず、常に幸福感が持続する状態
(常に生きるのが楽しいなど)
私は信心しようが、しまいが、どちらでもよいのです。生身の人間だから、疲れも来るし、病気にもなるし、うつ病にもなります。だから休息が必要ならそれも否定しませんし、医者で治る病気なら医者で直せばいい。しかし医者がなおらない、現在の医学では不治の病でどうにもならないことだって現実にあるのです。それが仏法で言う宿命と言うんです。これは三世の生命を説き切った。仏法では当たり前のことなんです。
自分が行動したこと、思ったことは、誰のせいでもないのです。自分が行った結果なのです。つまり原因はすべて自分にあると言うとことなんです。じゃどうしようもないね。ではあまりにも、不公平じゃないですか?しかしこの仏法は違うんです。この現在の宿命を転換できるのです。今の一生では無理かも知れませんが、必ず未来生命で宿命転換が可能なのです。そうでないと
人間生きてる意味がないじゃないですか?ず~とこのままじゃ、希望も夢も勇気も出てきませんよね。これが三世の生命を説き切った仏法なのです。分からないのは、「元本の無明」があるからです。だからその根本は信なのです。貴方がお金の価値を信じている様に、信が無ければ生きて行けないのです。それが人間なんです。どうゆうことかと言うと、水でも、食事でも、友達でも家族でも、安心していられるのは、それらが安全であることを信じているからに他ならないからです。すべて不信なら家から一歩も出れないですねだから何を一番の信にするかによって、自分の行動が違って来るのです。「仏法は海のごとし、信こそよく入る」なんです。人間は見たこと、とか信じますが、目に見えない物は信じないですね。では目に見えない電波とか、電気、或るいは、インフルエンザは目には見えないが、存在してますよね。これと同じことなんですよ。仏法を信じるか、信じないかは、何によって決められるのでしょうか?それは過去に、仏法の話とか、縁によって決まるのです。仏法を信じられない人もいますが。信じることができる人もいますよね。だから信じられなくて、創価学会を、攻撃する人もいるのは当然のことなのです。
しかしその人も、ひとたび、仏法のことを聞けば、いつかは、必ず仏法のことを理解する様になるのです。これを[聞法下種」といいます。仏法毛穴より入るです。いくら反対しても、生命にきざみこまれるのです。三世の生命を説き切った。仏法では当たり前のことなんです。
だから仏法では、科学的、論理的にすべて説明できるのです。
信なき科学は盲目であり、科学なき信仰は不具である。アインシュタインの有名な言葉です。信仰は科学的証明がないと正しくないのです。最後に人間は生まれながら平等でないのは、三世の生命を説き切った。仏法でないと説明できないのです。これが創価学会のことなのです。   以上


>仏法とはさん

こんにちは!

>>キヨさんとの「ご縁」も必然的であり、これからも様々の人からコメントが寄せられる事かと思います。それらをどう消化していくことが、その後の方向性を決めることになると思います。

そうですね。それぞれのコメントをどう消化していくか、これはブログを立ち上げる上で
非常に大きなポイントでした。果たして私にできるだろうか?と今でも悩んでいますし・・・
でも、やってみなきゃわからないとも思ったので、一生懸命答えるのみです。

裏千家をやていたのですね、裏千家かはわかりませんが、
私の祖母が茶道の師範でした。(私はしていません)
もう亡くなりましたが、いろいろと学ぶことは多かったと思います。
今はとても、習っておけばよかったと思っています・・・

>>なんだかグログだけで拝見してますと頭の中には「宗教道」しか見えません。そういうブログだとわかっていますが。それが創価にお生まれになられた人生修業と言えば言えます。ブログを開かれたことは「摂理」です。

はい、その通りです。このブログは「宗教」についてのみ書いています。
「宗教道」のみしか見えない記事を選んで書いていますので、
私は他のブログもやっていますが、このブログではその方面で書いていきます。
そこはご了承ください。

>>人生はやりたいと思ったとき、体・精神・お金の理由などで出来ないことが沢山あります。

そうですね、だから人生は楽しいなって私は思います。
いろいろなことがありますが、自分ができる範囲で楽しんで生きていけたらと
思っています。

キヨさんとの「ご縁」も必然的であり、これからも様々の人からコメントが寄せられる事かと思います。それらをどう消化していくことが、その後の方向性を決めることになると思います。
キヨさんはお若いですが、結婚して子供が生まれたりしますと自由が利かなくなります。キヨさんの就業についてはわかりませんが、子供の手が離れた時女性は主としてパートに就くようようです。
個人的な話ですが、私は少年の頃から裏千家をやっていました。それなりの資格も持っています。小笠原流も調理についても同じです。
ものごとには機根の時期があります。なんだかグログだけで拝見してますと頭の中には「宗教道」しか見えません。そういうブログだとわかっていますが。それが創価にお生まれになられた人生修業と言えば言えます。ブログを開かれたことは「摂理」です。(仏教では「摂理」と言う表現はしませんが)
宗教から見た社会、社会から見た宗教の詳細は述べませんが、茶道でも小笠原流でも調理の世界などでも仏教の真髄は学べます。
人生はやりたいと思ったとき、体・精神・お金の理由などで出来ないことが沢山あります。ご参考に。

>仏法とはさん

こんにちは!

>>「貴重な青春」をキヨさんには過ごして頂きたいと思います。

はい、私は決して今までの20数年を無駄に過ごしたとは思わないので、
これから幸せに楽しく生きていければ良いと思っています。
そのためにも、自分の意思はしっかり持ちつつ、
相手の意見も尊重していけたらと思っています。

私やお寺のお坊さんが言えば、「怪力乱神」の話ではないですが、全て終わります。
道はたくさんあり、楽なものもあり・迷路のようなものもあり・無駄なものなどがあります。
「貴重な青春」をキヨさんには過ごして頂きたいと思います。常不軽のように、キヨさんの考えは考えとして受け止めます。


>通りすがりん☆さん

おはようございます。
このブログにお越しくださり、ありがとうございます!
通りすがりんさんは生まれた時からの学会員ではなく、親友の方に祈伏されたのですね。

>>活動の忙しさで自分の時間がもてなくなり、
体調も崩しましたが、その度に女子部の幹部から
「魔の働きだから負けちゃダメよ」と言われて励まされ

私も同じように親からも女子部にも言われました。
体調を崩したことは心配してくれるけれども、「祈っていこう」としきりに言いますよね。
こっちは疲れて休みたいのに・・・

>>体調の悪い中で活動を続けた結果・・・
現在は不眠症と鬱で精神科に通う日々。
活動はまったくしていません。

相当無理をなされたのですね・・・
不眠症と鬱で精神科に通うことも、女子部にとっては「魔」の一言で
片付けてしまうのでしょう。厄介なことは、「本気で魔の責任だと
思っている」ところでしょうか。

>>でも学会員から電話、メール、家庭訪問などが時々あり、それが苦痛です。
無視をしているのでしが、自分が悪いことをしている気持ちになって、更に鬱に陥ってしまう。

そうですね、何としても脱会者は出したくない女子部だと思いますので、
時折あちら側からの連絡はどうしてもついて周ってしまいます。

しかし、「自分が悪いことをしている気持ち」にはなる必要はありません!
私は通りすがりんさんが正しいと思います。自分が辛いのに、それを
乗り越えるための信仰なのに、返って自分を苦しめる結果となっているのは、
まぎれもなくそれは通りすがりんにとって「苦しめている存在」なのです。

確かに、無視をすることは心が痛みますが(私はもう慣れました)
自分を苦しめている存在に心を開く必要なんてないと思うのです。
一刻も早く通りすがりんさんは学会から離れ、ゆっくり静養してください。

>>本当にもう学会とのかかわりを、1日も早く絶ちたいです。
脱会は大変とのことですが、諦めずに頑張りますね!

そうですね、私も一日も早く絶ちたいです。
(しかし家族がいるのでそうもうまくいかないのですが・・・)
しかし、くれぐれも無理はなさらないで下さい!
通りすがりんさんの身体が一番大切です。
健康が一番幸せですし、健康でないと何事もつまらなく
なってしまいますものね。学会員の訪問・電話を無視したからといって、
通りすがりんさんに仏罰なんて当たりません。仏罰は思い込みから始まるのです。
(仏罰があったら、私はとっくにこてんぱんにやられてしまっていると思います。
でも私は精神的に止められて、今とても幸せです。)

何かあったら何でも言ってくださいね。
一緒に無理せず考えていきましょう!

>釈迦ファンさん

おはようございます。
私も、「常に頑張ろう!」なんてところから本当の幸福なんて見出してないですね・・
帰って夕飯の仕度して、彼と一緒にご飯食べて「美味しいよ」って言ってもらえれば
それだけで凄く幸せになります(^o^)

>>仮にそれらがみんなの間で一致して捉えられているとしても、どこまでを切り取っていると自覚するか、は人それぞれだと思います。

私もこの考え方は同意です。
色々理屈っぽく私は書きましたが、結局は個人の主観の問題であって、
「絶対的」なんて決め付けられることはないんですよ、ってことなんですよね。

実は私も創価学会を脱会したくて、
いろいろ調べていたら、コチラを見つけました。

数年前に親友の紹介で入信し、学会の合唱団にも入り、一応「活動家」と呼ばれていました。

が、活動の忙しさで自分の時間がもてなくなり、
体調も崩しましたが、その度に女子部の幹部から
「魔の働きだから負けちゃダメよ」と言われて励まされ、体調の悪い中で活動を続けた結果・・・

現在は不眠症と鬱で精神科に通う日々。
活動はまったくしていません。

でも学会員から電話、メール、家庭訪問などが時々あり、それが苦痛です。

無視をしているのでしが、自分が悪いことをしている気持ちになって、更に鬱に陥ってしまう。

本当にもう学会とのかかわりを、1日も早く絶ちたいです。

脱会は大変とのことですが、諦めずに頑張りますね!

> 要は心の問題なわけで、その対象を非物質的ものとして
> 捉えるか捉えないかの個人個人の感覚の違いなのです。

ここ、同意です。
全ての存在は、自分自身が世界から切り取ってる結果生じた概念なんでしょうけど、仮にそれらがみんなの間で一致して捉えられているとしても、どこまでを切り取っていると自覚するか、は人それぞれだと思います。

どんなに言葉の定義をうまいことやったところで、「幸福」と「不幸」を分けるのが、自分自身である以上、「絶対的」で永遠の幸福などありえないですよね。
何を幸福だと思うか、なんてどんどん変わっていきますもんね。
だって、私もほんの10年前は、帰りに居酒屋に寄って旬の肴で一杯やって「ふぅ~幸せ」なんてこと、ありませんでしたし (^^)


無理して「絶対的幸福」を追いかけ続けても、現実とぶつかるたびに、「信心」があるがゆえに苦しまないといけないような気がします。
でも、たまたまうまいこといく人もいるんでしょうかね。

>仏法とはさん

理屈をこねて考えて、それで納得できたらそれはそれで良いことではないですか?
矛盾点を突く時に、論理的に筋道を立てて考えるのは自然なことです。

>>世の中には「天と地」があり、天を敬っていれば自然と、地にいる衆生の大事さがわかる。というものです。それが仏教の基本です。

その大事さを解る為にも、基本をちゃんを解るためにも、
いろいろ思考錯誤しているのは良いことだと思うのですが・・・
でも、基本をすんなりと道理として認識できれば、それが一番良いですね。
争いごとは見ていて気持ち良いものではありませんから・・・

創価はやたら理屈をこねていますが難しく考える必要はありません。
世の中には「天と地」があり、天を敬っていれば自然と、地にいる衆生の大事さがわかる。というものです。それが仏教の基本です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/32-45c0358e

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。