創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近彼の仕事が忙しいせいか、とても疲れているように見えます。
一緒に暮らしていると、ほんの少しの仕草で相手が
自分に何を求めているのかがわかってきます。

彼は平凡な幸せを望み、波乱万丈な人生は望んでいません。
「毎日を何事にも勝利していこう!!」などとは思っていないでしょう。
疲れたら休めばいいし、甘えてもいい。
愚痴を言いたければ言ってもいいし、我慢することは何もありません。

私は彼と一緒に生きている上で、とても支えられているし
自分も彼を支えているとも思います。
なので比較的仕事が早く終わる私は、お互い節約し
将来のために貯金しているので、できるだけ自炊し、お弁当も作ります。
彼が気持ち良く仕事できるのならアイロンがけだってするし、
掃除・洗濯だってすすんでします。

彼が疲れていたら優しい言葉をかけてあげたいし、
彼が今大変なら私はそれを全力で支えていってあげたい。
それは、彼が本当に大切な存在だからです。
その変わり、私が大変な時は支えてもらいたい。

これって、恋人間で生まれるごく自然な気持ちですよね?

相手が大切だから、相手を思いやって行動する。
これはお互いが一緒に生活する上でとても大切なことです。

しかし、私が創価学会だったらどうでしょうか。
彼が帰ってくれば私は会合へ行っている。
会合へ行くのならば夕飯を作る暇もありません。

貴重な休日も朝からいない。
彼が悩んでいる時に優しい言葉をかけたとしても、
結局は「彼が元気になりますように」と祈ることが一番
彼のためだと思っている。

そして創価学会のことを少しでも分かってもらいたくて、
一生懸命彼に学会の素晴らしさを語る。
彼は迷惑がっているのに、でもそれは彼のためだから
仕方のないことだと思い止めない。

そしてこの二人の幸せは、
「私が創価学会に入って真剣に信仰しているからあるんだ」
と考えてしまう。そして、
「彼が信心すればもっと幸せになれるのに・・・」
と本気で悩む。

本気で悩んでいたらそれが彼に伝わる。
彼は私が苦悩している顔でお題目をあげているのを側で見る。

果たしてこれは、本当に彼のことを思いやっている行動でしょうか?

彼は絶対に、私が御本尊に「彼が元気になりますように」と祈るよりも、
その私が祈っている時間、
「どうしたの?元気ないね。悩みがあるらなんでも聞くよ。」
と言って悩みを聞いてもらう方が、遥かに助けになると思っているでしょう。

真の優しさとは、相手の立場になって考えられることです。

優しさとはそういうものだと、私は思っています。

スポンサーサイト

コメント

>仏法とはさん

こんにちは!

>>遠くの理想を求めて活動しているより、現実の生活を大事に生きることは本来の人間の姿です。

そうですね、理想はあくまでも自分の生活をしっかりと切り盛りしてから
生まれるものだと私は思っています。

良いことをして悪いことをするな、このそれぞれの基準が、
人によって文化によって宗教によって極端に違うのが厄介ですね。
これはしょうがないことなのですが・・・

>>「阿含経」の「毒矢の譬え」です。釈迦が弟子に言った話です。

はい、少し検索してみました。
こういう教えや教訓もあるんですね。確かにと思いました。
時間がある時にもう一度ゆっくり調べたいと思います。
ご紹介ありがとうございます。

キヨさんの言われていることは大事ですね。遠くの理想を求めて活動しているより、現実の生活を大事に生きることは本来の人間の姿です。お母さんは犠牲者です。
創価は走っていないと「分裂・消滅の危機」があり、常に「仮想敵国」を作っていないと、又「理想を追求していないと崩壊する」と言って等しい教団です。しかし私は創価のすべてを否定している訳ではありません。社会に役立っている点もあります。
私は各宗の経典や教義は学びましたが、自宗の関係は若干残しているものの、全て書籍類は捨てました。もう昔の話です。どの宗旨も結局は同じことを言っているからです。「良いことをし悪いことをするな。仲良くやれ。」というものです。このようなことは小学校で学ぶことです。
以前にコメントで、「日本は昔から仏教社会だった」、「修行をしてわかったことは、人間の顔には目と鼻と口がついていること」と述べましたが、キヨさんはじめ皆さんも時がたてば自然とわかることです。
キヨさんは無宗教で軽いPTSDのようですので勧めて良いかわかりませんが、遠くの理想を求めるのではなく「現実の生活を大事にしなさい」という教えがあります。
「阿含経」の「毒矢の譬え」です。釈迦が弟子に言った話です。字数のこともあると思いますので省略させて頂きますが、「毒矢の譬え」と検索してもらえればHPが出てきます。
もし覚えていて気分は晴れましたら、昔こんなことを言っていた人もいた。と思ってくださればありがたいです。それではこの辺で。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/29-8e960e47

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。