創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は常々、なぜ人は神様という存在をつくり、崇めてきたのかが不思議でした。
『神』という非現実的なものを何十億人に信じ込ませたというのも、歴史上凄いことです。

神、全知全能の存在。
私たちはその存在を見たことがないので自分の中で勝手に想像しています。
よって、神様という存在は人間一人一人の中でそれぞれ違うものだということになります。
今あの人が思い描いている「神様」と自分が描いている「神様」を取り出して
比較する事は絶対にできないからです。どんなに細かく言葉で説明しても、
「私の神様」のイメージを正確に相手に伝えることはできないのです。

だから、人それぞれの中に「違う神様」が存在して

「あれ?そうじゃないって!こっちの神様が本物だよ!」

と言い争いになってしまうのです。
自分たちが勝手に作り上げてきた想像に勝手に神秘的な力をくっつけて、
あたかもその神様がこの宇宙のどこかに存在するように思い込むのです。
しかも「自分のイメージしている神様」が本物だと考えて。

しかし、イメージだけではどうしても相手に伝わりにくい。
だから人間は像や神殿などを作り、そこに神様のイメージを注いできました。

でもそしたら一体どうなったのか?

神様を具体的な物質的なものにしてしまったから、
余計自分のイメージと誤差が生まれて
納得できなくなってしまった。


のです。

今迄は「自分の神様はこんなイメージです!!」と言ったら大体は伝わったし、
(あくまで大体しか伝わりませんが)納得もできたのです。

話はちょと変わって、
世界に文明が発達してきた頃、まだ世界がこのような形とも知らずに
自分達の世界が全てと思っていた頃、世界中で神様的な崇められる
「超人」的な存在(いわゆる神)が出てきます。

と、いうことは、人間の性質の中には、「神様」的な神秘的&超人的なものを
自発的に生み出す能力が元々、しかも遺伝子に組み込まれていたのではないでしょうか。
それは世界各国で無数の信仰が生まれているという事実で言えると思います。

そこで一つ私が神様について引っかかるがあるのです。
それは、「全知全能」の存在であるということ。

全知全能・・・何でもできるということです。

将来死んでから天国か地獄かを決めることが出来る人でもあります。
しかし、ここで私が疑問に思っている事は、

「何を基準に天国か地獄か決めるの?」

ということです。
普通に考えるのならば「人殺しをしたら天国へいけない」
などを考える人が多いでしょう。
しかし、それは「人殺し」=「悪い事」という人間の世界での常識でしかありません。
たまたま「人殺しが悪い事」と考えている人が多いだけで、

「人殺しが悪い事と考えている人が多い」=考えている人が多い事は常識になりやすい

というそれだけの話なのです。
今迄の歴史を振り返って下さい。
大量虐殺や拷問など、そんなことは歴史上いくらでもあったことなのです。
実際人殺しをしている人の中にはそんなことは大したことではなく、
決して常識ハズレな事でもなく、私たちが日々学校に通って勉強するぐらいにしか
思っていない人もいるでしょう。

ということは、

神様が天国か地獄か決めている基準は、
人間の大多数が思っている常識に基づいて決められている


ということになります。

ん?待てよ?
全知全能っていう割には人間の常識のみに基づいて人間を裁いているぞ?

それなら・・・・・・・・

別に神様が天国か地獄かを決める必要性なんてどこにも無いし、
(そんなことはいわゆる常識がある人間なら誰にでもできるため)
しかもその神様が誰もが納得するような平等の裁きを
確実に下せるとも思えない


のです。
「いやいや!全知全能っていうのはあらゆることを知り尽くしているんだよ!
 だから神様は平等に裁く事ができるんだよ!」
と誰かが言ったとしましょう。

でも、「あなたの常識」が通用しない「あの人」も、
この世の中には無数に存在するのです。
例えば、「牛を食べるのは犯罪」と教えられている宗教がありますね。
日本人が牛を食べても何の罪にもならないのに
「その人たち」が食べると重罪になってしまうのです。
私たち日本人から言わせれば

ええ!?何で牛を食べて逮捕されなきゃいけないの!?

となります、でも「その人」たちから言わせれば、

ええ!?牛を食べるの!?なんて罰当たりな!!

と真逆の常識がそこにはあるのです。
日本人が「その人たち」がいる世界で牛を食べて、それが重罪になったとしたら
「いやいや!!私たちの世界では牛は食べるものなんだよ!!」
となりますよね。しかし、世界は「その人たちがいる世界で牛を食べるあなたが悪い」
と妥協して妥協して考えなくてはならないのです。
それは「相手の文化・習慣・風習を尊重するのが常識」だからです。

果たして神様は、その辺の膨大な数の「常識と言われている事」を
どれだけ考慮して平等に裁けるのでしょうか。

でも、全ての人が納得する裁きなんてこの世には存在しないのです。
人間は人それぞれ文化も考え方も全然違って、でもそれでは好き勝手にしてしまう
人間が非常に多いから「法律」なり「憲法」などを作ってあくまで鎮静しているにすぎません。

なので、神様がどんなに「あなたは天国へ行けるのです!!」と言ったとしても、
それは完璧な平等なんてものではなく、神様が独自に「人間の常識」と
「神様が持っている常識」を「できる限り考慮して」下した結果にすぎないのです。

※ここで言う神様とは、キリスト教について話しているのではなく、
 私たちが頭に描いているであろう神様像のことについて書いています。


スポンサーサイト

コメント

>ぽーるさん

初めまして、お越しくださりありがとうございます!
まず始めに、

>>すいません、仏教のブログなのに・・

ですが、全然気にしないでください。
私は色々な人の意見を伺えて、とても嬉しいです。
これからもぽーるさんの価値観でどんどんコメントしてくだされば嬉しいです。

ぽーるさんはキリスト教徒の方なのですね。
私はキリスト教に突起して書いたのではないのですが、
何点か教えて欲しいことがあります。

>>例えば牛を食べる食べないの文化の違い。イェスは僕たちの住んでいる罪深いこの地球の文化に完全に溶け込んでその上で真実を強調して語った。だからクリスチャンは尋ねる文化一つ一つのレベルに溶け込んでそこから真実を語るのです。

とありますが、イエス・キリストが語る「真実」とは、ここでは
「牛を食べる文化が存在する」という真実を語る、ということでしょうか?
そしてもう一点、「僕たちの住んでいる罪深いこの地球の文化」とありますが、
この地球の罪深い点はどのような点でしょうか?

>>そのような誤差が出るのは当たり前。だからこそクリスチャンは手で触れるもの目で見えるものを神様として頼らず、自分の経験とほかの人の経験、そして何より聖書の中身に書いてあるコンセプトを基に神様についての意見を抱くんです。

それでは、イエス・キリストは宗教によって戦争が起きることも
全部分かっていたことなのでしょうか?分かっていてキリスト宗教を唱えたのでしょうか?
罪の無い人が今まで宗教というもので惨殺され、死んでいった。
これも、「当たり前」の「誤差の範囲」なのでしょうか。
人それぞれが違って当たり前なのは、ぽーるさんの仰るように当然のことですよね。
私はキリスト教を否定する気はもちろんないですし、信仰して救われているのなら
むしろ素晴らしいことだと思います。

もし私が見当違いなことを言っていたらすみません、お詫びします。
ご回答いただければ幸いです。

>仏法とはさん

おはようございます。

>>真理というものは見る角度により形が違うものです。

そうですね、その形が違うものを認められる気持ちがあればいいのですが、
人間は自分と違った考えを素直に認められない人もいる、
それによって何らかの亀裂が生じてしまう、それが憎しみや恨みに
変わっていく、という悪循環を繰り返している人々も多い気がします。

なるほど

すばらしくまとめていると僕は思います。 でも、イェスキリストを信じる僕としてはこのブログに挙げられた哲学的な質問をすべてがイェスによって答えられたとしか思えないです。
例えば牛を食べる食べないの文化の違い。イェスは僕たちの住んでいる罪深いこの地球の文化に完全に溶け込んでその上で真実を強調して語った。だからクリスチャンは尋ねる文化一つ一つのレベルに溶け込んでそこから真実を語るのです。

例え2. 像や神殿を作ることについて。
そのような誤差が出るのは当たり前。だからこそクリスチャンは手で触れるもの目で見えるものを神様として頼らず、自分の経験とほかの人の経験、そして何より聖書の中身に書いてあるコンセプトを基に神様についての意見を抱くんです。だから皆の意見が少しづつ違うのは当たり前。それで良いんです。神様はその場その場で一人一人受け入れてくれるから。

すいません、仏教のブログなのに・・・

こんばんは。真理というものは見る角度により形が違うものです。ある人は「まる」であり、ある人は「四角」であり、又ある人は「三角」であり。そこに宗教対立が生まれます。若き日の修行が足りなかった日蓮が他宗を誹謗した例がそうです。海外では、キリスト・イスラム・ユダヤ・ヒンズーの対立がそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/27-b6b9087a

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。