創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は折伏についてです。
まず折伏とは、簡単に言うと布教活動です。
創価学会に入会するように勧める行為ですね。

以前、とある婦人部(50代後半)から折伏についてこんなことを聞きました。

「私たちの時代は、折伏は本当に壮絶だったんだよ。
 私が折伏した人に一人物凄く苦労した人がいたの。
 入会を決意して御本尊様を頂く予定の朝に迎えに行ったんだけど、
 なんだか様子がおかしいのでどうしたのかって聞いてみたら、
 『やっぱり入会はやめる』って言い出したの。
 これが魔なのか!!って思ったわ。だから無理矢理自宅から引っ張りだして
 電車に乗って会館まで連れて行こうとしたんだけど、電車の手すりにしがみついて
 いっこうに降りようとしないから、指を一本一本力ずくで離して連れて行ったの。」

これ実際本人から本当に聞いた話です。
これを笑って話していたんです、この婦人部の方は。
まるで自分が救世主のごとく、大声で・・・・・・

活動家だった私でさえその時は「それはヤバイんじゃないか?」と思いました。
それって、詳しくはわかりませんが立派な犯罪ではないですか?
無理矢理連れて行っていると自分でも認めていますし・・・

昔はこういうかなり強引な折伏も行われていたようです。
今はこういう折伏は減ってきていますが、
学会員で取り囲んで何時間も仏法対話をするなんてことは今でも珍しくありません。

宗教において、布教活動をすることは大切です。
会員の数が減るということは、死活問題に繋がってくるからです。
しかも、折伏することによって大功徳があると教えられたら
何が何でも折伏したいと思うはず。相手の幸せのためでもありますからね。

さらに、折伏できない人は信仰心が薄いと本気で思われます。
(口に出す人は少ないですが)
お題目をあげて勇気を出そう!!人間革命をするのです!!と言われます。

でも、相手が嫌がっているのに無理矢理入会させるのは、
根本的に間違っていませんか?
私は常識的にも間違っていると思うのです。
本当に心から相手の幸せを願い、入信させたいのなら、
相手の気持ちを最優先に考えるのが大切だと思います。
それが「相手に伝わる」優しさです。

「実際体験してみないとわからないから勧めているんだ。」
これは優しさでもなんでもありません。ただの押し売りです。

「実際体験する」ことを決めるのは本人です。
宗教という人生を大きく変えてしまうかもしれないものを、
他人の押し売りによって簡単に決められるでしょうか?

学会では、入会カードを一度書いたら除名するのは本当に困難です。
カードには自分の住所を書きます。学会の人が訪ねてくるということです。

折伏している方、その相手の人生を、本当に真剣に考えていますか?
本気で幸せにしたいと考えていますか?

あなたは他人の幸せを願えるほど、今幸せですか?

スポンサーサイト

コメント

>SAOさん

初めまして!お越しくださりありがとうございます!

SAOさんは3世なのですね、私と同じです。
選挙を通して疑問が生まれる方はとても多いようです。
なので私はあまり選挙活動を活発にしませんでした・・・
(友達に嫌われるのがイヤだったので、あまり頼んでいませんでした)

そうですね、私の母も祈伏だ!新聞啓蒙だ!と意気込んでいます。
私は誰も祈伏したことがないのでわかりませんが、
祈伏を一人でもするとかなり信心に対しての意気込みが変わるそうですね。
自身が沸くのでしょう。

>>前回の折伏戦のときに、婦人部の方が
無理矢理入会カードを書かせようとしてる姿がとてもイヤでした。
「無理矢理にでも書かせなきゃだめよ」
そう言っていました。

読んでいて「そういう学会員はまだいるのかあ・・・」と
とても悲しくなりました。無理矢理に書かせていると
自覚している時点で、私には相手への思いやりが感じられません。
婦人部はとても大胆な方が多いように感じます。
私の母も、とても活発で元気で(それは喜ばしいことなのですが)
相手に強要させる性格が見えます。これは問題です。
信仰が自由だということを、心で理解してないのでしょう・・・

はじめまして!

はじめまして!SAOと申します。
私は学会3世で、2年前からヤングリーダーとして活動をしています。
ただ、この夏の選挙を通して色々な疑問が生まれ、
このごろはフラフラとした気持ちでいます。

選挙も終わったので、これからは折伏の戦いなんだそうですが、正直気が進みません。
というのも、前回の折伏戦のときに、婦人部の方が
無理矢理入会カードを書かせようとしてる姿がとてもイヤでした。
「無理矢理にでも書かせなきゃだめよ」
そう言っていました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/21-412cc61f

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。