創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は生まれた時からの学会員です。
それを学会では福子(ふくし)といいます。
福子は生まれた時から福運があり、
学会1世(自分の意思で学会へ入会した人)よりも
福運が既にあると教えられています。

「学会で福運を積んだ両親から生まれたもっと福運のある福子」

こう教えられれば、信仰熱心なご両親は
絶対に我が子を学会に入会させたくなるでしょう。
入会しない選択肢なんてありません。

私みたいに両親が熱心で(どちらかというと母のほうが熱心ですが)
小さい頃から会合に連れて行かれていると自然に

「学会は正しい」

と刷り込まれていきます。

幼い頃からそう教えられてきた子供は、この後何十年も
それを信じ、自分の生きる力の源として生きていくのです。
現に私も「創価学会は絶対に正しい」と思っていました。

幼い頃から信じてきたことを、簡単に180度考え方を
換えられるでしょうか。そう簡単にはいかないですよね。
「学会を疑うこと」はいくらでもできますが、
「この信仰は絶対に間違っている!!!」なんてすぐ思える
学会員の人はそうそういないと思います。

非学会員の方、あなたの学会員の恋人は、
純粋に創価学会を信じ、信仰していると思います。
相手の幸せを願い、学会活動は絶対に世界平和に役立っていると。
それは偽善的な考え方かもしれませんが、
普通は「誰かを幸せにしよう」と願える人は少ないと思います。

良く言えば、慈悲深く優しい人
悪く言えば、ただの偽善者・自己満足者


私も「世界平和のため」と漠然としたことを毎日真剣に祈ってました。
かならずこの世界を平和にしてみせると。
そのためには一生懸命頑張って信仰していこうと。

でも、信仰で世界の飢餓を救えますか?
お祈りで思いが届きますか?
届いたとして、それはその人たちに役立っていますか?

祈るだけではなにも進歩していないのです。
自分のお祈りの力が、飢餓で苦しんでいる人に食料を与えますか?

世界平和を本当に祈る前に、行動を起こしましょう。
身近なことでできることとなると、やっぱり募金ですかね?

「でも、募金って本当に役立っているかわからない」

という声をよく耳にします。

なら、納得するまで自分で調べましょう。

ユニセフのHPとかを見て、分からなければ電話で
聞いてみてはどうでしょうか。ちゃんとしたルートで
還元されている募金は世の中にたくさんあると思います。
それでも不安が残るようなら、お金を貯めて将来アジアに学校を
建ててあげたりすればよいのでは?
方法はいくらでもあると思うのですが・・・

話は戻って、以前の記事でも言ったことなのですが、
学会員の世界は特殊な世界観です。
非学会員の人たちには到底理解できないような
深い信念に基づいて構成されています。

それを頭ごなしに否定しても言い争いになるだけなので、
話を聞く態度を学会員には示してください。
しかし、自分の考え方はしっかりと伝えることが大事です。

「話を聞いてくれているんだな」と相手が思えば、
落ち着いて色々と話ができます。
まずお互いの世界観を認め合えるまで、
根気良く話し合いましょう。

その中で矛盾していることがあればそこであえて突っ込まず、
ちゃんとどこが矛盾しているかを整理してから
相手に伝えられれば完璧です。

学会員の方、自分の考え・世界観を理解してもらうのは
かなり困難なことです。しかし、相手のことが本当に大切ならば、
しっかりと自分の考えを伝え、また相手の世界観を
認めてあげてください。
いつまでも「自分が正しい」とばかり思わないで下さい。

学会員の方も、非学会員の方も、間違えることは必ずあります。
「自分の考え方が絶対正しい」なんてことはないのです。

自分の何が間違っているのか、そこを見極めようとする人こそ、
本当に尊い人ではないでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/17-008de547

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。