創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がまだ熱心な活動家だった頃は、役職(学会内での地位みたいなもの)が
あったので、会合(学会の集会)はかなり頻繁にありました。

「会合に出席する」ということが、役職についている役割でもありましたし、
現に出席しないと女子部の方達からはかなり厳しい言葉を浴びせられます。
私は熱心だったので、毎週、多い時には一週間全部会合で予定が埋まったことが
あります。「○曜日には必ずある会合」が多すぎました。

会社が終わり、残業が無い時は19時の会合には出席できるので
自宅へ帰り自転車を走らせます。もちろん夕飯なんて食べていません。

会合に参加し、皆で勤行をし、活動報告を聞き、体験談を聞き、
最後に各グループごとに集まって次の会合の予定連絡です。
大体21時ぐらいに終わります。しかし、会合が終わると大体家庭訪問するので、
帰る時間は22時半とかになってしまいます。

こんな時間に「家庭訪問」なんて常識的に迷惑だよな~・・・

しかし常識的に迷惑でも、大切な学会活動なんです。
(いくら常識がなくても、22時過ぎの訪問はしませんが)

クタクタになって帰ってきてから、家事と自分の資格試験の勉強が始まります。
もちろんお唱題(お祈り)も忘れません。30分ぐらいあげてからお風呂に入り就寝。
自分の見たい番組あっても見れません。一人でのショッピングの時間もありません。

役職というものは、私の母と女子部の人たちいわく、
「断ると福運が逃げる」のだそうです。
要するに、絶対に断ってはいけないものだということです。
断ったら不幸になると言っているようなものなのですから・・・

土日ももちろん活動がメインです。
朝は9時から、お昼は自宅へ帰り午後からまた会合。
夜は大きな集まりがあり、1日多くて3回会合へ顔を出しました。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなに頑張ってるのに、女子部や両親は「もっと活動できるわよね」と言います。
毎日クタクタになるまで頑張ってるのに、自分のプライベートな時間も
もっと欲しいのに、会合に出ないと携帯の電話とメールがやみません。

そんなに自分の時間を削ってまで、会合は参加するべきものなのでしょうか?
「無理して参加する必要は無い」と皆さん言いますが、
では会合に参加しないで、自分の時間を優先して一人でショッピングしていたら、
学会員の人は「息抜きも必要だよね~」と素直にうなずけるでしょうか。

会合を断る私の方も「一人で買い物したいので会合には出れません」
とはとても言いづらいのです。

それって、物凄く変ですよね?

会合は確かに学会員には大切な行事です。
しかし、会合に参加することが重要なのではなくて、
「信心」することが大切なのではないですか?

会合へ出ていない=信仰心が薄い

とよく思われがちです。でもその考え方は、

絶対に間違っています。

私は祈伏することが一番尊いことだと教えられました。
それは、自分が真剣に創価学会を信じていることよりも尊いことなのですか?

「20歳までには1人折伏させましょうね。物凄い功徳になるわよ。」

○○歳までって・・・・・かなり異様な言い方です。
そんな年齢指定して言うことでしょうか。

『宗教を勧誘する』

これは、人生を大きく変えてしまう大きいリスクを共なうことなのです。
学会員の方は、人の人生を変えるという大きな責任を
しっかり背負い、自覚し折伏していますか?
その責任の重大さを、身に染みて理解していますか?

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://heibonnnakurashi.blog117.fc2.com/tb.php/15-7c45d02c

こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。