創価学会の私と無宗教の彼

学会3世・活動家だった私。元恋人に影響され、無宗教になりました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よく学会員さんは、アンチと呼ばれている人に向い言います。

「そんなに学会が嫌いなら、自分から関わることを一切やめればいいのに」
(自分から関わること=アンチ系ブログにコメントするなど)

この言葉、すごく無責任だと私思うんです。

私達アンチと分類されている人達は、創価学会という組織によって
迷惑をかけられ、悩み、苦しんでいます。
しつこい新聞啓蒙や選挙活動、折伏、根拠の無い誹謗中傷など、
創価学会が非学会員に迷惑行為を一切しなければ、
また迷惑と思う人が極端に少なければこんなにもアンチは存在しないのです。

まだまだ苦しんでいる人が多く存在し、
私のブログに来て悩みを打ち明けてくれる方もいます。
そのような人達に向けて、「関わるな」というのは

あなた達(学会員)が関わってきているから今問題になっているんだ

ということをしっかりと認識してほしいですね。

(追伸)
しかし、某掲示板のように創価学会に対して極端な誹謗・中傷しているアンチの方達は
私はあまり好けません。(そこまで酷いことをされたのかはわかりませんが・・・)
言葉は、性格を表していると思っているからです。
そして、そのような罵声を多数書き込むことにより、本題からずれてしまい
何を話し合っているのかわからなくなってしまうことが非常に多いです。
(それで皆にとって何も問題ないなら話は別ですが)


スポンサーサイト
ちょっと遅くなってしまいましたが、
皆様、明けましておめでとうございます。
無事新年も迎えられ、今年も平穏な一年を過ごしていきたいなと思っております。
昨年はこのブログを立ち上げ、様々な方と知り合うことができ
とても意味深い一年となりました。
皆様もお身体にはお気をつけて、素敵な一年にしましょうね。
これからもご愛好の程、よろしくお願いいたします。

さて、新年らしいテーマでもないのですが、
先日とある某掲示板でこんなやり取りを読みました。
Aさん(学会員)が恋愛関係についての悩みを打ち明け、
どうしたらよいかという相談スレッドでした。
アドバイスした学会員さんたちの回答は、見事に全員、

『祈っていけば必ず道は開けるから大丈夫』

という回答でした。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全然アドバイスになってないじゃん(@_@;)

と思わず突っ込んでしまいましたが、
このやり取りって学会内では普通のことで、
結局具体的な解決策は提示されずに
「活動に励めば」「もっと祈れば」ひどいのは
「新聞啓蒙できれば道が開ける」などという意味不明なことを
持ち出してくる人もいます。

相談者の方はその回答で満足なのでしょうか?
そもそも、他人の恋愛(ましてやネットの世界で)に
アドバイスすること自体難しいですが、
相手の状況も詳しく聞かずに「祈れば解決」なんて・・・
と私は思ってしまいます。
正直、相手の幸せを第一に考えるという学会員の発言とは思えないです。

お正月に実家へ帰ると、仏壇にはこんな紙が。

「どこまでも対話の精神」

どこまでもって・・・本当?


こんにちは、キヨです。 周りから様々な影響を受けて無宗教になりました。 このブログは、恋人や知人が創価学会で苦悩している 人と学会の方々にあてたブログです。 記事はあまり順番を気にして書いていないので、好きなタイトルからご自由にお読みください。リンクはご自由にして頂いて結構ですが、その際コメント欄で教えて下さいね。

キヨ

Author:キヨ
FC2ブログへようこそ!

QR

☆携帯からもどうぞ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。